ヤヴァンナ

概要

カテゴリー人名
スペルYavanna
その他の呼び名ケメンターリ(Kementári)
種族アイヌアヴァラール
性別
生没年
兄弟ヴァーナ(妹)
配偶者アウレ

解説

クウェンヤで「果実をもたらす者(Giver of Fruits)」の意。アラタールの一人に数えられるヴァリエで、アウレの妃。ヴァーナの姉。
ヴァルダ(エルベレス)に次いで尊崇されるヴァリエであり、「大地の女王(Queen of the Earth)」の意のケメンターリの異名を持つ。

アルダの大地に育つありとあらゆる動植物(オルヴァールケルヴァール)を司り、それらを愛し育む。
彼女はエントを世に送り出した。またアマンにおいて、ヤヴァンナが歌う前で二つの木が生まれ、成長していった。

地上の形をとる時には、かの女は背の高い婦人の姿になり、緑の長衣を着るが、時にはほかの形をとることもある。かの女が太陽を冠に、まるで一本の木のように空の下に立っているのを見た者は何人もいる。その木の枝という枝から金色の露が零れ落ちると、荒地に、五穀が緑豊かに生い育った。その木の根はウルモの水の中に浸り、その葉にはマンウェの風の声が聞こえた。*1

大地の女王

かの女は、土に育つものすべてを愛し、それらの無数の形、即ち原始の森林に塔のように聳える木々から、岩にむす苔、あるいは地中の小さな、ひそやかなものたちに至るまですべてを心に留めている。*2

ヤヴァンナはイルーヴァタールの子らを除き地上に育つすべての生類の作り手である。
これらの最初のものはアルダの春に目覚め、生育していったが、二つの灯火メルコールによって破壊されるとアルダの春も終わる。
ヴァラールアマンへ撤退すると、灯火に代わるものとしてヤヴァンナは緑の築山エゼルロハールの上で歌い、彼女が為した中で最大の偉業である二つの木を生じさせた。

アマンの繁栄にあっても、ヤヴァンナはウルモオロメらと同じように中つ国を心にかけるのを忘れず、暗闇に取り残されたオルヴァールケルヴァールを憂い、メルコールが彼らの上に加える損害を嘆いた。そのため彼女はしばしばアマンを後にして中つ国に赴いて、彼女の製作物の傷を癒し、時が来るまでかれらを眠りにつかせた。これはヤヴァンナの眠り(Sleep of Yavanna)と呼ばれ、の出現によって解かれた。

中つ国の消息をヴァラールに伝え、メルコール打倒を熱心に訴え続けたのもヤヴァンナであった。ヴァルダが天空に星を置き、それによってエルフが目覚めたのも、元はと言えばヤヴァンナの提言がきっかけである。

エントの誕生

夫のアウレから彼がドワーフを創造し、それがイルーヴァタールに嘉納されたことを打ち明けられたヤヴァンナは、アウレの心性を受け継いだドワーフや、メルコールの影響を受けたエルフ人間によって彼女の作った動植物が思うがままに利用され、虐げられるかもしれないことを嘆き悲しんだ。
そこで彼女はマンウェに自らが抱いた懸念のことを相談し、彼女がアイヌアの歌で見た木々の守り手のことをマンウェに訴えた。

「どれにも、それぞれ値打ちがございます」と、ヤヴァンナは言った。「それぞれが、ほかのものの価値に寄与しているのでございます。しかし、ケルヴァールは飛んで逃げることも、自分を守ることもできます。ところが、土から生えておりますオルヴァールにはそれはできません。これらの中では、わたくしは木を大事に思います。育つに長い時がかかり、切り倒されるとなると、たちまちでございます。枝に果実を実らせて己の地代とするのでなければ、その死を悼む者もほとんどおりますまい。わたくしの考えでは、そのように思われるのでございます。根あるすべてのものに代わり、木にものが言え、かれらを虐げる者たちを罰することができればよろしいのに!」*3

ヤヴァンナのこの願いはマンウェの中に入ってイルーヴァタールの目に留まり、マンウェはアイヌアの歌が歌われた時のことを幻に見た。そこで彼は、当時は気に留めなかった多くの物事がそこに歌われていたことに気付き、エント大鷲のこともその中に含まれていたことを知った。
かくしてエントもまた、イルーヴァタールの子らが目覚めると同時に地上に生を受けることが判った。

ヤヴァンナの民のマイアール

ヤヴァンナの民として言及があるのは以下のマイアールである。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • いくら旦那さんがドワーフ作ったからって別に夫の作ったものが木々を破壊するしんぱいはないってのに。ヤヴァンナさん、ヴァーナのお姉ちゃんならもっとしっかりしてよ!でも、心配のあまりマンウェに懇願してエント作っちゃうなんてすごいね。 -- かごめ
  • アウレからドワーフについて聞いたとき、「そんなヤバンな!」とは言わなかった......が、心の中ではそう思っていたに違いない。もちろん日本語ではないでしょうが。 -- 2007-12-07 (金) 02:15:16
  • 夫婦の会話。ヤヴァンナ『あなたの子供たちにも用心おさせなさいまし! 森には力ある者が歩くことになりましょうから。あなたの子供たちがその怒りをかき立てると、危ないことになりますよ』。『それでも。かれらには木が必要なのだ』と、アウレは言って、鍛冶の仕事を続けた。 なにやら夫婦はどこもいっしょだと感じた文章(笑)。 -- 2007-12-11 (火) 17:53:00
    • ここは「自然と科学技術の乖離」の起源神話という事なのかなぁ? -- 2009-03-05 (木) 19:30:02
  • でもヤヴァンナ様の思惑と異なり、森番よりもガーデニングを愛するエント女はいなくなってしまいましたとさ・・・ -- 2013-02-12 (火) 20:05:04
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「ヴァラクウェンタ」
*2 同上
*3 「第二章 アウレとヤヴァンナのこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-04 (木) 11:57:06 (106d)