• この項目はローハンのセンゲル王の妻、ロスサールナッハのモルウェンについて解説しています。
  • フーリン・サリオンの妻であるモルウェン・エレズウェン(Morwen Eledhwen)については、モルウェン(バラグンドの娘)を参照してください。
  • ゴンドールの執政オロドレスの姉妹であるモルウェン(Morwen)についてはモルウェン(オロドレスの姉妹)を参照してください。
  • 映画『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』オリジナルの登場人物モルウェン(Morwen)については、モルウェン(エオサインの母)を参照してください。

モルウェン

概要

カテゴリー人名
スペルMorwen
その他の呼び名ロスサールナッハのモルウェン(Morwen of Lossarnach)
刃の光沢(Steelsheen)
種族人間ゴンドール人
性別
生没年第三紀2922~?
父(名前不明)
配偶者センゲル
長女、セオデン(息子)、次女、三女、セオドウィン(四女)

解説

ロスサールナッハ出身の婦人で、センゲルの妻。セオデンセオドウィンの母で、セオドレドエオメルエオウィンの祖母。ロヒアリムからは「刃の光沢」と呼ばれた。
ゴンドールでセンゲルと結婚し、三人の子(二番目の子がセオデン)を産んだ。王位を継いだセンゲルと共にローハンに赴き、そこでさらに二人の娘を産んだが、その末娘がエオメルエオウィンの母セオドウィンである。

終わらざりし物語』によると、モルウェンは元からのロスサールナッハの民の家系ではない。彼女の父はかつてのドル・アムロスの大公の子孫で、ベルファラスからロスサールナッハに移住した人物であった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エルフの輝き(Elfsheen)のモルウェンに引っかけた、刀の光沢(Steelsheen)か -- 2015-09-16 (水) 01:51:10
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-16 (水) 01:51:10 (1013d)