モリアの壁

概要

カテゴリー地名
スペルWalls of Moria
その他の呼び名モリアの西壁(west wall of Moria)、西門の壁(wall at Westgate)

解説

不気味な湖のむこうに、大きな断崖がいくつもそそり立っていました。そのきびしい壁面はうすれていく日の光の中に、白茶けた顔を見せ、断乎として通行を拒絶していました。フロドにはそのしかめっ面の岩のどこにも、門や入口らしいものはおろか、ひび割れや亀裂のようなものも見いだせませんでした。
「モリアの壁じゃ。」水の先を指してガンダルフがいいました。「そして昔はあそこに入口があった。それはエルフの扉で、わしらが通ってきた柊郷からの道の終わりになる。」*1

モリアの西門があるところ。霧ふり山脈の麓にあり、西にはエレギオンからの道が通じている。
一見すると滑らかな石の断崖にしか見えないところに、エレギオンとモリアの交易のために作られたモリアの西門があり、その左右にはエルフの土地の終わりを示す印として、二本の大きな柊の木が植えられていた。

指輪の仲間がここを訪れたとき、西門の前はシランノンが堰き止められて作られた池によってふさがれてしまっていた。池の水位にはある程度変動があるらしく、指輪の仲間が訪れたときは運よく水位が下がっていたために、彼らは池の縁を通って比較的安全に門の前まで辿り着くことができた(池の水位が上がると、西側からモリアへ出入りする方途は完全に断たれる)。
池の中には水中の監視者が潜んでおり、扉を開けた指輪の仲間に襲いかかった。一行が門の中へ退避すると、監視者は扉を力ずくで閉め、引き抜いた柊の木で門を完全に塞いでしまった。

モリア西門(West-gate of Moria)

ドゥリンの扉(Doors of Durin)と名付けられた、モリアの西側の出入り口。単に西門(West-gate)や西の入り口(West-door)とも呼ばれ、マザルブルの書では柊郷の門(Hollin gate)と呼ばれている。ガンダルフエルフの扉(Elven Doors)とも表現している*2
門は閉じている時にはただの岩壁にしか見えないが、呪文を唱えることによって、門にイシルディンの線で描かれた図が星との光を反射して現れる。図にはドゥリンの紋章上のエルフの木フェアノール王家の星が含まれ、アーチ部に以下の文言がフェアノール文字で書かれていた。

エンニン ドゥリン アラン モリア、ペド メルロン ア ミンノ
イム ナルヴィ ハイン エハント、ケレブリンボール オ エレギオン テイサント イ シウ ヒン

Ennyn Durin Aran Moria: pedo mellon a minno.
Im Narvi hain echant: Celebrimbor o Eregion teithant i thiw hin.

モリアの領主、ドゥリンの扉、唱えよ、、そして入れ。
われ、ナルヴィ、これを作りぬ。柊郷ケレブリンボール、この図を描きぬ。

The Doors of Durin, Lord of Moria. Speak, friend, and enter.
I, Narvi, made them. Celebrimbor of Hollin drew these signs.

扉は外開きで、取手も鍵も閂もない。外から扉を開くには合言葉を唱えるしかなく、そうすれば自動で開く*3ガンダルフ曰く、内側からは両手で押すだけで開き、ドゥリンの時代には門番が配置された上で普段は開けっ放しになっていたという。
終わらざりし物語』「指輪狩り」には、内側から扉を押し開けるには通例ドワーフが二人がかりで押す必要があり、そのため扉番が最低でも一人は常に門の内側に配備され、侵入や逃亡を防ぐようになっていたという。これは「ガンダルフは以前にモリアを通った時、西門を内側から押し開けて外に出た」という『指輪物語』本編の記述といささか矛盾する。

トールキンによるイラスト

トールキン作画「モリアの門」 ドゥリンの扉のデザイン案 出版されたドゥリンの扉のイラスト

モリアの壁を描いた絵は『指輪物語』執筆の初期に書かれたもので、出版された作品中の描写とはやや異なる。特に池の段々滝に勢いがありすぎると思ったのか、トールキンは後に下の部分を切り取った。池の中には水中の監視者の触手が一本見えている。

西門のドゥリンの扉のイラストについて、トールキンは夜の闇に浮かぶ扉を再現しようと黒の背景に白色の線で描くことをアレン・アンド・アンウィン社に提案したが、最終的には黒線での印刷になった。トールキンの許可を得た上で、彼の最終案を基に木の枝が柱に絡みつくデザインに修正されたものが『指輪物語』に収録された。

画像

ジョン・ハウ作画によるモリアの門

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるモリアの壁

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エレギオン滅亡前は、モリアはエルフにも「モリア」と呼ばれていなかったはずですよね。なのになんでここにはモリアと書かれているのでしょう? -- 2015-09-09 (水) 20:05:07
    • そう言えばそうですね。モリアと呼ばれるのを予見したので書いたってこともないでしょうし。 http://tolkiengateway.net/wiki/Doors_of_Durin にも矛盾と指摘されていますが、それ以上の解説はありませんね。 -- 2015-11-21 (土) 13:22:54
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間 下』「四 暗闇の旅」
*2 The Treason of Isengard』によると、『指輪物語』の初期の原稿では、モリアの西側の出入り口は「エルフの扉(Elven-door)」と「ドワーフの扉(Dwarven-door)」の二つがある設定だった。後に出入り口は一つに改められたが、前者の語は残された。これについてクリストファー・トールキンは、ここでの「エルフの扉」とは、主にエルフのために作られ、彼らが使用した扉の意味であるとしている。
*3 指輪物語』原書の索引でのトールキンの説明には「モリアの西の入り口はドワーフたちによって作られたが、ケレブリンボールの魔法で制御された(west entrance to Moria, made by dwarves but controlled by spell of Celebrimbor)」とある。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-19 (日) 16:45:06 (518d)