メリアン

概要

カテゴリー人名
スペルMelian
その他の呼び名ドリアスの女王(Queen of Doriath)
種族アイヌアマイアール
性別
生没年不明
配偶者シンゴル
ルーシエン(娘)

解説

ヴァーナエステに仕えたマイエ
世界が創造される前はヤヴァンナに似た存在だったという。アマンではローリエンの庭に住み、イルモの庭に花咲く木々の世話をしていた。その周りでは常に小夜啼鳥が歌っていた。

上古の世に中つ国にやってきて、エルフシンゴルと結ばれる。二人の間にはこの世で最も美しい者と呼ばれる娘ルーシエンが生まれた。これによってアイヌアの血がイルーヴァタールの子らの中に引き継がれることになった。

ローリエンの民の中でメリアンほど美しい者も、賢い者もなく、かの女ほど心をとろかす歌に長じた者もいなかった。二つの木の光が混じり合う時、ローリエンでメリアンが歌うと、ヴァラールは仕事を中断し、ヴァリノールの小鳥たちは賑やかな囀りをやめ、ヴァルマールの鐘は黙し、噴水の水は流れを止めたという。*1

ドリアスの守護者

メリアンはもともとヴァラールの聖なる種族の出であり、偉大な力と智慧を具えたマイアであるのだが、ただエルウェ・シンゴルロへの愛ゆえに、イルーヴァタールの長子たるエルフの姿をとったのであり、その結婚によってアルダに生きる現し身の絆と束縛に自らも縛られることになったのである。かの女は、この仮の姿でシンゴルの子ルーシエン・ティヌーヴィエルを生み、その仮の姿でアルダの物質に及ぼす力を得た。そしてドリアスは、メリアンの魔法帯によって久しい間外部からの諸々の禍から守られてきたのである。*2

星々の時代中つ国へやってきて、薄明の沈黙を自らの歌声と小夜啼鳥の歌声で満たしていたメリアンは、やがてエルウェ(シンゴル)ナン・エルモスの森で出会う。たちまち魔法にかけられた二人はそのまま手を取り合って見つめ合い、周囲の木々が高く深く生い茂るまで立ち尽くすことになった。
魔法から醒めて森を後にした二人は、エルウェの一党に迎えられ、ベレリアンドの中央に後にドリアスと呼ばれるようになるシンダール・エルフの王国を築いた。

メリアンはアルダの創造に参画してその進展を目にしたアイヌアの一員として、大いなる智慧と先見の明の持ち主であった。
彼女はいずれメルコール(モルゴス)が戻ってくることを予見したため、シンゴルはその備えとしてメネグロスの地下宮殿を建造した。実際にモルゴスがアングバンドに戻ってきて最初の戦いが起こると、メリアンはドリアスに魔法帯をめぐらして、王国に禍が入り込むことを防いだ。
メリアンの魔力はサウロンと拮抗するほどのものであり、またガラドリエルはドリアス滞在中にメリアンから教えを受けた。

だがベレンルーシエンが恋仲になると、シンゴルはベレンを亡き者にするために、モルゴスの鉄の王冠からシルマリルの一つを奪い返してくるようにと要求する。これをメリアンは憂慮し、たとえベレンがその使命に失敗しましょうと、あるいは成就して戻りましょうと、殿のお為にはなりませぬ。殿は、殿の娘を、でなければ、殿御自身を滅びの運命に定めてしまわれたのです*3と予見した。
はたしてシルマリルを手に入れたシンゴルは、これをナウグラミーアと組み合わせようとしてノグロドドワーフと諍いを起こし、殺されてしまう。

メリアンを地上に結びつけていた唯一の絆であるシンゴルが死んだことで、彼女の心と力は中つ国から急速に離れていった。メリアンはベレンとルーシエンへの言伝をマブルングに託すと、中つ国から姿を消し、それとともにドリアスを守ってきた魔法帯も消失した。メリアンはローリエンの地に戻って哀しみに耽ったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • よっぽど悲しかったのでしょうが、この人が去ってしまったおかげで魔法帯がなくなり、ドリアスはフェアノールの息子たちの攻撃を受けて滅びました。 -- 2012-09-15 (土) 22:45:59
    • いくら、愛しい連れ合いが亡くなったからって、天涯孤独になったわけじゃない。 いくら、悲しいからって、ドリアスを去ったために残された孫、玄孫は、より悲惨な目に。 -- 2012-09-19 (水) 13:59:55
      • だな -- 2017-10-03 (火) 18:07:25
    • シンゴルってその後マンドスの館から出られてないんですか? -- 2015-04-03 (金) 20:36:02
      • シンゴルはマンドスの誓言外なんで、今ごろはマンドスの館から出て弟家族や妻メリアンと共に幸せに暮らしてるかもねえ -- 2015-11-06 (金) 19:09:45
  • 嘆きがあまりに深いと魂がマンドスへと去ってしまうエルフ達の例によって、この人も夫がマンドスへと飛び去ってしまった嘆きの余りに魂が夫を追ってマンドスへと飛んでしまったのだと思う。ローリエンの庭はマンドスにあるのだし。 -- 2012-12-28 (金) 02:26:25
  • 本来は天使的・天上的な存在であるメリアンが肉を持って中つ国に留まっていたのは、ひとえにシンゴルへの愛の故であって、彼を失ってから地上への執着をも無くしたように見える姿こそむしろ彼女の自然な性質なのだと思います。UTのイスタリが肉体へ束縛される旨の件などを読んでも、物質に依存しないマイアールらの精神性は、我々人間はおろか、エルフと比べてすらある種の異質性や隔たりがあることが伺えますので。 -- 2012-12-29 (土) 00:21:00
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「シンゴルとメリアンのこと」
*2 シルマリルの物語』「ドリアスの滅亡のこと」
*3 シルマリルの物語』「ベレンとルーシエンのこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-27 (月) 23:15:28 (176d)