ムンドブルグの塚山

概要

カテゴリー詩・歌
スペルMounds of Mundburg
その他の呼び名

解説

ローハンの詩人がペレンノール野の合戦を歌った詩。ムンドブルグとはローハン語ミナス・ティリスのこと。

指輪物語』の邦訳*1

われらは聞いた、山々に角笛(つのぶえ)が鳴り響くのを、
南の国に剣のひらめきさやぐのを
軍馬は勇んで行った、ストニングランド
暁の風のように。戦いの火蓋は切られた。
戦場でセオデンは斃れた、猛きセンゲルの子息は、
北方の野の黄金の館に、緑なす牧地に、
大軍を()べる王は、ついに帰らなかった。
ハルディンググスラフドゥンヘーレデオルヴィネ
剛勇グリムボルドヘレファラヘルブランド
ホルンファストレド、この者たちはみな
遠い異郷に戦って倒れた。
大地の下なるムンドブルグの塚山にかれらは眠る、
盟友であったゴンドールの諸侯とともに。
金髪のヒアルインは、海辺のかの山国になく、
老フォルロングは、花咲くかの谷間なる、
おのが故国アルナッハ凱旋(がいせん)することなく、
丈高き弓勢(ゆんぜい)デルフィンドゥイリンとは、
そが故郷(ふるさと)の暗い水の、山陰にあるモルソンド湖に戻らなかった。
日の明けと日の暮れとに、死は
王侯と兵らとを選びなく奪った。
今かれらはとこしえに眠る、大河のほとり
ゴンドールの草葉の陰に。
大河は今、涙のようにほの白く、時に銀色にきらめくが、
かの時は赤くうねり、おめき(たけ)った。
血に染まった水泡が夕陽に燃えさかった。
夕暮れの山々は、烽火(のろし)台のように燃えた。
ランマス・エホールの露は赤く(したた)ったのだ。

英語原文

We heard of the horns in the hills ringing,
the swords shining in the South-kingdom.
Steeds went striding to the Stoningland
as wind in the morning. War was kindled.
There Théoden fell, Thengling mighty,
to his golden halls and green pastures
in the Northern fields never returning,
high lord of the host. Harding and Guthláf
Dúnhere and Déorwine, doughty Grimbold,
Herefara and Herubrand, Horn and Fastred,
fought and fell there in a far country:
in the Mounds of Mundburg under mould they lie
with their league-fellows, lords of Gondor.
Neither Hirluin the Fair to the hills by the sea,
nor Forlong the old to the flowering vales
ever, to Arnach, to his own country
returned in triumph; nor the tall bowmen,
Derufin and Duilin, to their dark waters,
meres of Morthond under mountain-shadows.
Death in the morning and at day’s ending
lords took and lowly. Long now they sleep
under grass in Gondor by the Great River.
Grey now as tears, gleaming silver,
red then it rolled, roaring water:
foam dyed with blood flamed at sunset;
as beacons mountains burned at evening;
red fell the dew in Rammas Echor.

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 原文五行目、"Thengling"になっているのは"Thengeling"の間違いですか?当方英語版を持っておらず英語にも通じておりませんもので直してしまって良いものかわからないのですが…… -- 2016-03-31 (木) 10:37:26
    • 原文を確認しましたが、“Thengling”で正しいです -- 2016-03-31 (木) 15:03:26
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 王の帰還』「ペレンノール野の合戦」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-31 (木) 15:03:26 (755d)