ムマキル

概要

カテゴリー動物
スペルmûmakil
異訳ムーマキル
その他の呼び名じゅう(oliphaunt)

解説

単数形ムーマク(mûmak)。ハラドに棲息する巨大な獣。現代の象に似たような動物と考えられるが、象よりもずっと大きい。ハラドリムはムマキルを調教し、背中に攻城櫓(war-tower)を乗せて、戦いに連れて行った。

かれと同じものは今ではもう中つ国を歩いてはいません。この末の世にまだ生きているその同類の中に、わずかながらありし昔のかれの胴まわりと堂々たる姿の記憶が留められているに過ぎません。 … その大きな脚ときたらまるで大木のよう、とてつもなく大きな耳は帆のように広がり、長い鼻は今にも打ってかかろうとする大蛇のように持ち上がっていました。小さな赤い目は怒り狂っています。角のような形をした上向いた牙は金の帯輪で巻かれ、ぽとぽとと血を滴らせていました。かれを飾っていた緋色と金色の飾りものもずたずたに切れて体の周りにはためいていました。攻城やぐらそのものと見える物の残骸が山のような背中にのっていました。猛り狂って森を通り過ぎる間につぶされてしまったのです。そしてかれの首の上の方に死に物狂いにまだしがみついている小さな人影と見えたのは――スワート人の中では大男ともいえる力ある戦士の体でした。*1

指輪戦争では、イシリアンファラミアの率いる野伏ハラドリムと戦ったときに一頭のムーマクが現れる。またミナス・ティリスの包囲戦には多数のムマキルが投入され、攻城櫓(siege-tower)や機械装置などの牽引にも使われた。
ロヒアリムはムマキルを怖れて近づこうとせず、エオメル達はハラドリムに苦戦を強いられた。また、黒根谷ドゥイリンデルフィンはムマキルの目を射抜こうとして踏み潰された。このようにムマキルはゴンドールローハンの軍勢を苦しめたが、最終的にはペレンノール野の合戦で全滅した。

じゅう (Oliphaunt)

この動物の存在はホビット庄にも伝承・おとぎ話として伝わっており、ホビットはこれをじゅうと呼び、サムじゅうについての歌を歌っている。
サムはイシリアンで現実にじゅうを目にして感動したが、南方から連れて来られたじゅうは全てペレンノール野の合戦で滅ぼされたと後に聞いてがっかりしている。

なお英語のoliphauntとは象の古称で、しばしば象牙の角笛のことも指す。

「ハラドのことば」

邦訳『追補編』の固有名詞便覧には「ムマク、ムマキルはハラドのことばである。」とあるが、トールキンがそのように断言している記述は存在しない。ただし『The Peoples of Middle-earth』に収録された草稿には以下の記述がある。

Of the speech of Men of the East and allies of Sauron all that appears is múmak, a name of the great elephant of the Harad.
(東方の人間とサウロンの同盟者たちの言葉で登場するのはムーマクだけで、ハラドの大きな象の名前である。)

画像

アラン・リー作画によるムーマク

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

Oliphauntはオリファントとそのまま音訳されている。
非常に巨大な獣として描かれている。現実の象と異なり、牙は三対六本。牙と牙の間に、敵をひっかけるための縄が張られていたり、足の周りに敵を近寄らせないためのスパイクがまかれたりしているなど、武装が強調されている。
怯えるの表現が困難だったためかアクションを優先したためか、ロヒアリムの馬がムマキルを恐れる様子はない。

Iron Crown Enterprisesによる設定

豊かな自然が広がるハラドの南半分の地域が主な生息地となっている。中には、そのまま「ムーマクの国」を意味するムーマカン(Mumakan)という名前の国もあり、ムマキルを操るのに長けたハラドリムが住んでいた。ナズグールの一人であるインドゥアはかつてこの国の君主で、ムーマクの主とも呼ばれていた。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるムーマク

ゲーム『シャドウ・オブ・モルドール』における設定

直接の登場はないが、同作にて紹介されている「グレートビースト」と呼ばれる大型動物がムマキルの遠縁種であるという。同様の呼称をされる生物が、実写映画『王の帰還』のペレンノール野の合戦にて見られたが、全く異なる種族である。

姿こそムマキルと似ていないが、体高は10.7m弱になる(実写映画のオフィシャル・トランプカードに記載されていたムマキルの体高と同じである)。戦争が近づくにつれて規模が拡大する暗黒軍において、運搬用に使役される動物達の中でも際立っている。また、突進すればトロールですら粉砕される程の攻撃力を持つので、武力としての使役もありえる。地響きを起こしながら進むので、追跡は簡単だが、この強力な生物をもしかしたら狩れるのかもしれないのは、グラウグかカラゴルの大群ぐらいだろうとされている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • サウロンのくびきから解放されたら、ムマキルの平和利用も始まるといいですね。 -- 2014-11-05 (水) 09:08:10
    • 整地に便利とか -- 2014-11-06 (木) 12:32:11
    • サムも同じこと考えてたしね。 でも飼いならすのが大変そう。 -- 2015-08-30 (日) 04:21:53
    • 「じゅうさんにあいたいなあ・・」アマンのよい子たちのため、キーアダンさん一党やハラドのみんなも命がけ死にものぐるいで力を合わせ、とうとうじゅうさん十三頭がはるばるなんとか海をわたります。アマンの指輪戦争歴史博物館のとなりに最近できた中つ国サファリランドでほかにも連れてこられたいろんなけものさんたちとなかよく大暴れ。名前はロスコとかトンキーエルとか。 で、ある日うっかり鍵が開いていて・・・ -- 2016-06-07 (火) 22:26:19
  • てっきり全長70mぐらいあるかと持っていた。モンハンばっかやってると感覚がマヒするな。 -- 2015-05-18 (月) 23:38:43
  • ムマキルがいたら東京がとんでもねーことになるな。 -- 2015-06-26 (金) 06:08:45
  • どう考えてもカルタゴのハニバルが使った象がモデルだよね。 -- 2015-08-05 (水) 16:49:32
    • アフリカ象さん(Loxodonta africana)を飼い慣らすのは(特に戦象としてつかう♂は)きわめて困難なので、もしかするとハンニバルさんといっしょに戦ったのはじゅうさんたちだったかもしれません。(インド象改めアジア象さんやマルミミ象さん達だったかもしれないけど・・) -- 2016-06-10 (金) 00:09:54
  • ハラド軍がムマキルを何頭つれてきたのかは分かりませんが、彼らの食料を確保できなければストレスで手に負えなるかも。餓死されたりすれば全員徒歩で帰らざるを得なくなるのでその前に引き上げるしかなさそう -- 2015-10-06 (火) 11:53:51
  • 目が弱点らしいけど、即死するというよりかは、パニックになって転んで倒れたり、目が見えないので上手く餌が取れず死ぬ。意外と耳や鼻は普通の象より劣り、代わりに視力が凄く良いとかそういう意味かな。 -- 2016-10-08 (土) 21:58:04
  • LotROのムマキル、映画よりも小さくない? -- 2016-10-09 (日) 00:31:31
    • 映画がでかすぎると言うべきか。ゲームではもう一回り大きいのも出てくるけど、どちらにしてもゲーム画面内に収めないとならないという制約もありますし -- 2016-10-09 (日) 16:29:17
      • 映画の大きさでさえ原作より小さいとか言われてたような… -- 2016-10-09 (日) 19:37:45
      • これでも、近接戦闘キャラはゲームで実際に戦っていたら足しか見えないということに -- 2016-10-11 (火) 12:30:18
    • 映画版はバルログもスマウグも大きくなってるからな。PJはキングコング見て監督目指したそうだから巨大生物に惹かれるんだろう。 -- 2016-10-11 (火) 11:53:46
      • 画面映えするものを考えたということでしょう。魔王のフレイルだって最初は他のスタッフ全員「でかすぎ」といって笑っていたそうですし -- 2016-10-11 (火) 12:33:36
      • 背が低いドワーフの扱う武器は体型に合わせて実寸大にすると映像映えしないからあえて大きく作ってるとか。アクション重視のゲームやアニメのキャラに不自然に大きな武器を持たせるのもそういう理屈だそうです。 -- 2016-10-11 (火) 12:38:30
      • 原作では、下手したら30mの高さがあるという記載もあるので、それを基準にすると映画の個体よりもずっと大きい訳で。 -- 2018-04-05 (木) 20:01:37
  • 映画ホビットの時代には、ハラドに生息していたんですよね。寿命的にはどうなのでしょう?ホビット~LOTRの時代まで同じ個体が居たのかどうか -- 2016-10-09 (日) 19:10:56
    • 20m級の竜脚類が理論上は100年以上生きられると推測されてるから 2世代以上経過することは無いかと。投入されるのは若い個体が多いでしょうが -- 2016-10-09 (日) 19:51:26
  • 象がいるなら当然キリンもいるわけで… -- 2016-10-10 (月) 22:08:42
    • サウロポセイドン並みのキリンか -- 2016-10-11 (火) 12:39:29
  • ハラドリムは出発してからミナスティリスまでずっと乗ってきたのかな。俺だったら乗り物酔いでまともに戦いそうにないわ -- 2017-01-09 (月) 13:47:38
    • ガンダムサイズのロボットは歩くと上下の揺れ幅が大きすぎて乗れたものじゃないと言いますね… -- 2017-01-09 (月) 16:06:43
    • 史実の戦象乗りはどうしてたんだろう? -- 2017-01-10 (火) 00:12:03
      • ヒスパニア領から出発したカルタゴ軍のうち戦象が約40頭。アルプス越えで20頭程まで減って、イタリアに入って数年の内に1~3頭を残して全て死ぬか逃げるかした。 -- 2017-01-10 (火) 00:24:38
      • 象使い以外は背中に背負った櫓の上に乗った。兵士の数は2~3人で弓と槍が武器。象使いが殺されると暴走するから回りに護衛の兵士を付けて、最悪象使いが自分で急所を突いて制御不能になった象を殺したりもした -- 2017-01-10 (火) 00:31:56
      • 基本は行軍時はずっと乗りっぱなしだったらしい -- 2017-01-10 (火) 00:32:42
      • 車酔いならぬ、象酔いになりそう。 -- 2018-06-16 (土) 17:14:10
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 二つの塔』「香り草入り兎肉シチュー」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-16 (土) 17:14:10 (124d)