ミーリエル

概要

カテゴリー人名
スペルMíriel
その他の呼び名タル=ミーリエル*1(Tar-Míriel)
アル=ジムラフェル(Ar-Zimraphel)
種族人間ヌーメノール人
性別
生没年第二紀3117~†3319(享年202)
タル=パランティア(父)
兄弟なし
配偶者アル=ファラゾーン

解説

タル=パランティアの唯一の子である娘。エルロスの家系の中でも最も美しい女性であったという。

タル=パランティアの死後、本来彼女がタル=ミーリエルの名でヌーメノール4人目の女王にして25代目の王となるはずだったが、従兄弟のファラゾーンから結婚を強要され、王位を奪われた。これは又従兄弟以上に近い血縁の者との結婚を禁じるヌーメノールの法をも無視した行為であった。ミーリエルはその名前も、アドゥーナイクの名であるアル=ジムラフェルヘと強制的に変えさせられた。

アル=ファラゾーンが大艦隊を率いてアマンに攻め込み、ヌーメノールイルーヴァタールによって沈められた時、ミーリエルは押し寄せる波から逃れようとメネルタルマの聖所に駆け上っていったが、最後の大波によって海に飲み込まれたという。

シャドウ・オブ・モルドール』による設定

彼はいつでもでたらめばかりよ! これで何を得たの? さらなる戦争! さらなる税金! ハ! 広場で生け贄にされる人間! 毎日毎晩、叫び声が聞こえるでしょう。
そして、この恐ろしい物を崇拝させられる訳。偉大な木に火をつけるですって! 王の耳には、王に吹き込まれたゴミがつまっているわ…

…奴の相談役、縛られた不思議なる者サウロンは、今や君主よ!

エイリンデルは正しい! ヌメノールはもうだめよ。船では、この納骨堂から抜け出せない!

ゲーム前半の舞台となるウドゥンで拾うことのできるモルゴスの彫像に、ミーリエルらしき女性の記憶が宿っており、権力を振るうサウロンへの憤りや堕落したアル=ファラゾーンと民衆に対する嘆きを読み取ることができる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この方はエルロス王家の中で最も美しい女性だったそうです。 -- ホビット 2008-12-30 (火) 17:21:55
  • 銀よりも象牙よりも真珠よりも美しかった・・・らしいが、不幸なばかりで影の薄い人である。 -- 2010-03-25 (木) 23:38:35
  • 彼女の最期がわかるという事は、見ていた人はいたはず。 もしかしたら、彼女を呑み込んだ大波は、助けようとしたウルモの大いなる手だったと信じたい。 -- 2011-12-12 (月) 10:42:30
    • 本当ですよね。これで何らかの救いが、彼女をはじめ全ヌーメノールの被害者(動植物含める)の死後、あるいは死の直前に与えられていなければ、本来愛に溢れるエルの介入に理不尽を覚えてしまいます。 -- 2013-11-13 (水) 20:06:58
  • 個人的に、トールキンの神話体系の登場人物の中でも最も理不尽な不幸を被った一人。父の方針を受け継ぎ、正しく民衆を導くはずだったのに、相当嫌がっていた従兄弟との結婚を強制的にさせられて、結局は巻き添えで波にさらわれたんだから…。本当にかわいそう。 -- 2013-11-13 (水) 20:03:04
    • ただ、教授の書いたアカルラベースの最初のほうの構想ではエレンディルの弟と婚約していたが、ファラゾーンと恋愛して結婚したとなっていたようです。のちにこの構想は破棄されましたが。 -- 2014-02-08 (土) 21:15:26
  • アル=ファラゾーンとの間に子供はいなかったのかどうか気になる -- 2014-03-16 (日) 10:53:39
  • 「自分との結婚を強要した」とあるが、どうしてそんなことできたのだろうか?・・・ 本人も嫌がり、ましてや法律違反でもあるのに・・・ -- 2014-06-25 (水) 18:31:48
    • ファラゾーンには支持者が多かったので、その力も使われて追い詰められたのでしょう -- 2014-06-25 (水) 20:28:08
    • ヌーメノールを支えるため、汚い仕事もこなしていたアル=ファラゾーンさん、ミーリエルさんへの心は純粋だったけど屈折した形で暴走します。 「光と影が一つとなる時が来た。来い!ミーリエル。由緒ある古き血の一族、ヌーメノールの正統な後継者である証しをここへ・・・」 とかぶち上げますが、残念ながらルパン-42世はあらわれなかったとか。 -- 2014-06-26 (木) 00:39:51
  • 「遅まきながらメネルタルマの聖所を目指した」というシルマリルの記述を見た感じ、単に避難しようとしたというより夫の圧力で参拝できなかった聖所に遅ればせながら許しを乞おうとしていたのだと思われます。大波がタル=ミーリエルを「その懐に抱き取った」という一文にウルモの慈悲を祈らずにはおれません。 -- 2015-09-01 (火) 01:36:25
    • 貴方のコメントに救われたような気がします、ありがとうございます。 -- 2016-05-03 (火) 20:23:50
  • 3117年ミーリエル、3118年アル=ファラゾーン、3119年エレンディルが生まれる。ここでも年上で身分の高い女性との恋の話が展開されるのね。 -- 2018-02-27 (火) 20:05:50
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 文庫版以外の『指輪物語 追補編』ではタル=ミリエル

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-27 (火) 20:05:50 (232d)