ミナス・ティリス

概要

カテゴリー地名
スペルMinas Tirith
その他の呼び名守護の塔(Tower of Guard)
見張りの塔(Tower of Watch)
ミナス・アノール(Minas Anor)
太陽の塔(Tower of the Sun)
日の没りの塔(Tower of the Setting Sun)
ムンドブルグ(Mundburg)*1
防備堅固な城市(Guarded City)
石の家(Stone-houses)、石の都(Stone-city)*2

解説

しかし、ミナス・アノールは持ちこたえ、新たにミナス・ティリス、即ち〈守護の塔〉と命名された。なぜなら、王たちによりこの城砦に白い塔が建てられ、その高い美しい塔は、多くの土地を見張っていたからである。この都は依然として誇り高く堅固であり、王宮の前には、白の木がなおしばらく咲き続け、ヌーメノール人の残存者たちが今なお大河の水路を守り、ミナス・モルグルの戦慄すべき恐怖の者たちに、そして西方世界のすべての敵、即ちオークや怪物や悪しき人間たちに対していた。かくて、アンドゥイン以西の後方の地は、戦禍と破壊から守られたのである。*3

シンダール語で「守護の塔、見張りの塔」の意。ゴンドールの首都。アノリアンの主府でもある。ローハン語ではムンドブルグと呼ばれている。
白の山脈の東端、ミンドルルイン山から突き出た丘の上に建設されている。ミナス・ティリスの周囲にはペレンノール野が広がり、防壁であるランマス・エホールに囲まれている。

かつてこの都は「太陽の塔」の意であるミナス・アノールと呼ばれており、ゴンドール元来の首都オスギリアスを防衛するための大河西岸の砦であった。これに対して大河東岸にあった砦が「月の塔」の意であるミナス・イシルである。
しかし第三紀2002年にミナス・イシルがナズグールに奪い取られてミナス・モルグルに変貌すると、ミナス・アノールは名をミナス・ティリスに改められた。

七層の城壁に囲まれた難攻不落の城塞都市であり、中に武器を取ることのできる者がいる限り、敵の大軍もこれを落とすことはできないと言われる。しかし第三紀末にはゴンドールの国力の衰退とともにこの都も衰微し、いくつもの彫刻や古の貴人の名が刻まれた石の通りにある邸宅は住む者も少なく静まり返っていた。
ミナス・ティリスの白の塔にはパランティーアの一つが保管されていたが、これは都を守る執政のみが知る秘密となっていた。

構造

そしてこの山の膝のように外に突き出たところに防備堅固な城市が、七重の城壁にとり巻かれていて、城壁は人力の建造したものとは見えず、巨人たちが大地の骨なる岩塊を刻んで作ったと思われるほどの堅固で年ふりた石で作られていました。
ピピンが驚嘆の眼を瞠っている間にも、おぼろに灰色に浮かび上がって見えた城壁が暁の光にかすかに赤く染まりながら、白く変わっていくうちに、突然東の暗い影の上に朝日が上り、さっと光の箭を放って城市の面を照らしました。その時ピピンは思わず声をあげました。一番高い城壁の内側に高く聳え立つエクセリオンの塔が大空にくっきりと輝き、高く見事に形よくまるで真珠と銀の大釘のようにきらめきわたって、その頂の尖塔が水晶で作られたように光ったからでした。また胸壁からは白い旗が朝の微風にはためき、ずっと向こうの高いところから、銀の喇叭のような澄んだ響きが聞こえてきました。*4

ミナス・ティリスはミンドルルイン山から突き出た守りの丘(Hill of Guard)の上に建てられた。丘をえぐって作られた円周状の層が第1層から第7層まで存在し(頂上の第7層は円形)、それぞれが白い城壁で隔てられ、環状区(circle)を形成している。
第1層と第2層を結ぶ門は南東、第2層と第3層を結ぶ門は北東、第3層と第4層を結ぶ門は南東というように、各層を結ぶ門は北東と南東に交互に配置されている。ただし第7層(城塞)の入り口は大門と同じく東を向いていた。さらにこれら七つの門(Seven Gates)を通り抜けるには合言葉が必要であった。
大門の背後には、船首の竜骨のように鋭く切り立った大岩(rock)がそそり立っており、その高さは第7層にまで達している。大岩(及び第7層)の高さは700フィート(約213m)あり、その頂は胸壁で囲まれ、胸壁の東の突端には狭間が一つ空いている。この大岩によって第2層~第6層は二分されており、交互にうねる道は大岩に穿たれたアーチ型のトンネルを通るようになっていた。

第1層
第一環状区は最も幅が広い環状区であり、古旅籠がある燭工(しょっこう)通りが存在する。
城壁
都の最も外壁にあたる第1層を囲む城壁は特に巨大で、外側の壁面がオルサンクを形作っているものと同じ黒く滑らかな物質でできており、いかなる攻撃も寄せ付けない。
大門(Great Gate)
第1層の城壁にある都の大門は東に面し、鉄の扉と鋼の柱でできており、石の塔と稜堡で守られている。とはいえ破壊不能の城壁にあっては大門が唯一の弱点であった。大門の背後には広大な中庭があり、そこから都の大岩が第7層までそそり立っている。
第6層
第六環状区には大侯の使者たちの宿舎、そのすぐ近くに駿馬を養ういくつもの立派な厩舎があり、南側城壁近くには医療施設の療病院*5がある。またラス・ディネンに通じる開かずの入り口フェン・ホルレンもこの環状区の背後の城壁にある。
肩(shoulder)
ミンドルルイン山と守りの丘を繋ぐ鞍部。第5層の城壁と同じ高さがあり、この狭い土地は巨大な防壁で囲まれ、壁は西側に聳えるミンドルルイン山の絶壁まで続いている。この鞍部の上の土地は聖所(Hallows)とされ、諸侯や統治者たちの墓所ラス・ディネンが置かれている。
第7層
第7層は高庭(High Court)やHigh City*6と呼ばれる。この城壁の内部は城塞(Citadel)である。城塞には高さ300フィートの白の塔が聳え、塔の前には噴水の庭があり、そこには枯れた白の木がそのまま残されていた。そのほか多数の建物があり、ガンダルフとピピンが滞在した、賓客を泊めるための宿舎(lodging)は、“肩”から程遠くない北側の城壁近くにあった。この宿舎の二階からはエミン・ムイルの山々とラウロスの大瀑布が見えた。
Sauron Defeated』では、草稿に残された城塞内部の簡単な配置図が紹介されている。(以下、項目編集者訳。なお方角と位置関係については、都・城塞の正面が東を向いていることに注意)

ミナス・ティリスの宴会用の大広間、メレスロンドは、草稿Bでは「城塞に」あるとされる(この記述はCでは省かれた)。この段落の粗原稿のページに、父は城塞のちょっとした図面を走り書きした。それは一つの円として示されており、円周の内側に等間隔で七つの小さな円(塔)があり、小さな円のうち一つは入り口の側にある。噴水の庭と記された場所の向こう、円の中心に白の塔と王たちの広間があり、そのまた向こう、城塞の西側に王宮がある。白の塔の右(北)には宴会用の広間がある。他の建物の輪郭が塔の間に大まかに書かれている。*7

刊行された『指輪物語』の本文中においてメレスロンドは登場するが、正確な位置は述べられていない。王宮(King's House)は、『追補編』の追補A及び第三紀の年表1640年の項にタロンドール王がオスギリアスからミナス・アノールに移したと述べられている*8

歴史

第二紀3320年にゴンドールを建国したイシルドゥアアナーリオンは、首都オスギリアスを東西から守るべく、エフェル・ドゥーアスミンドルルインの山の肩に一つずつ砦を築き、それぞれの居城とした。アナーリオンが白の山脈の山岳人への盾として築いたのがミナス・アノールである。そしてそこには分割された七つの視る石(パランティーア)の一つが置かれた。
第二紀3429年にサウロンとの戦いが始まると、ミナス・アノールはアナーリオンによって防衛される。

第三紀2年、王国を継いだイシルドゥアは北の領地に向かう前にミナス・アノールに立ち寄り、ミナス・イシルから救出した白の木の実生を移植した。
420年にはオストヘア王によって再建される。それからミナス・アノールはゴンドール王の夏の離宮として利用されるようになる。
1636年から発生した悪疫でオスギリアスの人口が激減し、さらにミナス・アノールの白の木の枯死すると、1640年に当時の王タロンドールはゴンドールの王宮をミナス・アノールに移し、城塞に新たな白の木の実生を移植する。以来ミナス・ティリスは、歴代のゴンドール王(エアルヌアより後は執政)の居城となった。
1900年にはカリメフタール王によって白の塔が築かれる。この塔は2698年に執政エクセリオン一世によって再建されたため、以後はエクセリオンの塔とも呼ばれる。

2002年、ナズグールの攻撃によって陥落したミナス・イシルがミナス・モルグルに変貌すると、モルグルの脅威と対峙する警戒怠りない都として、ミナス・アノールは名をミナス・ティリスに改められた。
2852年、執政ベレクソール二世が死ぬと、ミナス・ティリスの白の木も枯れた。新たな苗木が見出されなかったため、枯れた木は「王還りますまで」そのまま噴水の庭に残されることとなった。

指輪戦争の頃にはゴンドールの衰退もあり、都たるミナス・ティリスも寂れ、人口は収容可能な人数の半分になっていた。戦争の気運の高まりにより、一部を除く女子供や高齢者などの疎開が行われた後、3019年(大いなる年)3月にミナス・ティリスはモルドール及びその同盟軍による包囲攻撃を受ける(ペレンノール野の合戦)。投石機で攻撃されたことにより第一環状区に大きな被害が出て、さらに魔王グロンドによって大門が破壊されたが、ローハンからの援軍と、アラゴルン二世が率いてきた辺境の諸侯国からの援軍によってモルドール軍は駆逐され、ミナス・ティリスは守られた。

第四紀となって再統一された王国が実現すると、ミナス・ティリスはエレスサール王の王宮となる。ギムリエレボールドワーフたちの手によって、指輪戦争により破壊された大門はミスリルと鋼を用いて再建され、街路は白い大理石で舗装された*9
指輪の仲間メリアドクペレグリンは最晩年をこの地で過ごして亡くなった。エレスサール王はミナス・ティリスで身罷り、ラス・ディネンの王たちの墓に葬られた。二人のホビットの棺は王の両隣に並んで置かれたという。

画像

アラン・リー作画によるミナス・ティリス アラン・リー作画によるペレンノール野の合戦後のミナス・ティリス

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作では、ミナス・ティリスに投石機が設置されているという描写はないが、映画ではトレビュシェット型の投石機(Wikipedia:トレビュシェット)が城壁の塔に設置されており、ミナス・ティリスの攻囲戦で使用されている。第1層の外壁がオルサンクと同じ黒い物質でできているという記述は反映されておらず、他の層と同じ白い普通の石造りとなっている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるミナス・ティリス『ロード・オブ・ザ・リング』におけるミナス・ティリス『ロード・オブ・ザ・リング』におけるミナス・ティリス

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミナス・ティリス 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミナス・ティリス 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミナス・ティリス正門

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 個人的に1,2階層=一般市民・商工業者 3,4階層=富裕層・貴族 5,6階層=庁舎・邸宅 のイメージがあります -- 2013-10-12 (土) 12:38:41
  • ミナス・ティリスって、ここだったりして・・ -- 2014-08-02 (土) 23:59:42
  • 素朴な疑問。水の確保ってどうしていたんでしょうね?特に最上階。ミンドルルインの雪解け水? -- 2014-08-07 (木) 11:37:29
    • 一貫して要塞都市としての機能を担ってきましたから、水の確保が疎かにされていたとは考えづらいですね。おそらく各層ごとに井戸あるいは貯水槽が設けられていたと考えるのが自然かと思います。 -- 2014-08-07 (木) 15:51:37
      • 井戸も貯水槽もあったのでは?井戸は窪地や崖下に作られる事が多かったようです。ミナス・ティリスの場合、垂直に掘るより、ミンドルルインの斜面に水平に掘る横井戸が各階層にあり、湧き出た水を各家庭で溜めておく桶があったのでは?垂直にほったら温泉が湧きそうですね。水汲みは子供のお手伝いの一つだったりして? -- 2014-08-07 (木) 21:22:23
  • 原文を読んでも第7層の構造(城塞の門や坂道の位置関係、大岩の上部の形状)などが解らない。映画版の造形はあまり正確じゃなさそうだけど -- 2015-03-27 (金) 01:25:39
    • おそらく、第6層の上に独立した城が一つ乗っかっているようなイメージなのだと思われます。(城壁が巡らされた中に複数の城館が配置され、中庭がある) 大岩の上部先端の構造については映画版の描写がおおむね順当だと思いますよ(第7層は円形ではなく、大岩上部の突端を船首のように突き出した形をしている)。第7層の城門については、6層の大岩トンネルの中から真西に向かって上り坂になっているのでしょう(そのため噴水広場の正面に出る。これも映画版はほぼ踏襲していました) -- 2015-03-27 (金) 02:33:02
      • 大岩の説明を読むと大岩は一番下の第1層の環状区(Circle)以外の全ての層、つまり城塞のある第7層も二つに分けていることになるんです。その上で大岩の高さ(大岩の上全てか、突端部分のみか?)は第7層と同じ高さで、城塞の入り口は大岩の真ん中を削って(翻訳ではくりぬき)存在し、そこから七番目の城壁にある城塞の門までランプに照らされた上り坂がある…と。(七つの城壁にはそれぞれ門がある)。第七層も原文ではCircleなので、城塞があるところも映画版みたいな平らじゃなくて円環状なんです。やっぱりわからない。 -- 2015-03-27 (金) 03:03:41
      • 大岩が貫いているのは"all the circles of the City save the first"すなわち「城市」の第一層を除いた全ての層であって、つまり「城塞」(the Citadel)の層はそこには含まれていないと考えるべきではないでしょうか。CityとCitadelはその箇所では明らかに対照関係にある語として示されているように思います。 -- 2015-03-27 (金) 12:41:44
      • そうだと思います。第七層の城壁にある(はずの)第七の門と、城塞の門の関係がよく解らないんです。デネソールの乱心を止める為ガンダルフを探しに開かずの入り口(第六環状区の西側?)から下の層へいこうとするピピンが、城塞の門の近くに来て、門衛の番についていたベレゴンドと会うので、城塞の門とは第七の門のことなのか?と思えば城塞の入り口は東向きで、そこから第七の門まで上り坂(下り坂ではない)があると記述されていて、位置関係が混乱してます。Circleは円環だけでなく円の意味もあるので、一番上の第七層は円状の土地なのか、だとしたら大岩で南北にそれぞれ半円の形に分断されてるのか、と考えたりもします。 -- 2015-03-28 (土) 00:12:17
      • ピピンがベレゴンドに出会ったのは道を駆け戻って城塞の門の前まで来た時のことであって、フェン・ホルレンと城塞の門(≒第七門)がすぐ近くにあるという書かれ方はされていません。
        1.ピピンはフェン・ホルレンを出て下の層へ降りようとしていた=第六門へ向かっていた。2.第六門は大岩を挟んで南東に位置している。3.城塞の入り口(≒第七門)は大岩の下、その中心を穿って東に向いている。
        以上から、フェン・ホルレンは第六門のある南半円の反対側=北半円部の背後に位置しており、一方から一方へ向かう時に大岩アーチを通過する、ということが読み取れます。これは第六門からフェン・ホルレンへ向かったガンダルフとピピンがまた城塞の門の前を通ったという描写によっても傍証されるかと。 -- 2015-03-28 (土) 00:51:05
      • (続き)城塞の入り口(≒第七門)についてですが、つまり第六層の大岩の内部がT字路になっていて、南北半円を結ぶトンネルの中間地点から真西に向かう上り坂のトンネルが分かれており、そこをまっすぐ登った先に第七門がある、ということだと思われます。(「登り坂」というのはこの大岩内の入り口から第七門へ向かって見た場合のことであって、第七門から大岩内へ向かった場合は下り坂) -- 2015-03-28 (土) 00:59:07
      • ガンダルフとピピンがまた城塞の門を通過したのではなく、ベレゴンドがいないのを見て引き返し(turned away)て、開かずの入り口へ向かっています。七つの層はそれぞれ城壁にかこまれ、その七つの城壁には一つずつ門があります(For the fashion of Minas Tirith was such that it was built on seven levels, each delved into the hill, and about each was set a wall, and in each wall was a gate. )。第七門はやはり七層目の城壁の北東にあるのではと思います。 -- 2015-03-28 (土) 01:11:59
      • turned awayは「向きを転じて」 方向を変えて、でした。すいません。 -- 2015-03-28 (土) 01:16:56
      • ↑仰るとおりで、turned away「向きを転じた」、つまり門前を過ぎて西へ向かった、という意ではないかと思います。城塞の門が東を向いていてかつ大岩の中心を通っていることは明らかで、そのトンネルの登り坂を上ったところに第七門がある、ということですから、つまり大岩の中心を真西へ上って第七層の城壁の円周に突き当たる地点に第七門があるのではないでしょうか。 -- 2015-03-28 (土) 01:58:25
      • T字型トンネルだとすると、気になるのが、かれらはようやく暗がりを抜けて第七門にやって来た(At last they came out of shadow to the seventh gate,)で、ほかではトンネルtunnelの語を普通に使ってるのになぜここで使わないのか、なんですよね -- 2015-03-28 (土) 02:18:59
      • 第七門については"The entrance to the Citadel also looked eastward, but was delved in the heart of the rock; thence a long lamp-lit slope ran up to the seventh gate"(城塞の入口もまた東に面していたが、大岩の中心に穿たれており、そこから第七門までランプに照らされた長い上りになっている)とあり、これは明らかにトンネル道の描写に思えます。挙げておられる箇所で"shadow"の語が使われているのは、直後の"the warm sun that shone down"(暖かい陽光が…照らしていた)という情景描写との対照表現ではないでしょうか。 -- 2015-03-28 (土) 02:48:46
      • まとめると第六層のT字トンネルを登った先に第七層の城壁とその門があり、第七層の城壁中に城塞が、その城塞の中に木と塔がある。第七層の城壁の前には東に突き出た大岩の平らな上面がある(映画版みたいな)ということですか? -- 2015-03-28 (土) 03:09:49
      • 第七層の城壁の中にさらに城塞があるのではなく、第七層それ自体が城塞と呼ばれているのだと思います。それ以外の点に関しては、仰るとおりかと。 -- 2015-03-28 (土) 03:17:19
      • よく分かりました。お付き合いいただきありがとうございました。 -- 2015-03-28 (土) 03:18:11
      • こちらこそ、あらためて気付かされることの多い体験でした。 -- 2015-03-28 (土) 03:38:58
  • とんでもないことを考えるもんだ。http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1508/14/news089.html -- 2015-08-15 (土) 11:59:46
    • もし実現したら、U○Jのホ○ワーツ城よりだんぜんこっちに行く(w)何気に貴族権欲しい...... -- 2015-08-15 (土) 18:29:25
    • 日本に”ミナス・ティリス”っていう物件が何件かあるよね(www) 大家さん、ファンなのかな?って思ったらいいお付き合いが出来そうと思った。でも、住所に”ミナス・ティリス”って書くの、ちょっと恥ずかしいかも(^^;) -- 2015-08-15 (土) 18:35:27
  • 第7環状区に噴水って、当時としてはものすごい技術だったのではないかと思うのですが、どうやってたんでしょ。背後にあるミンドルルインの、より高いところの湧き水を引いていたんですかね。 -- 2016-02-17 (水) 20:03:36
    • エントにも破壊できないオルサンクや、アルゴナスの巨像、ミナス・ティリスを作れるヌーメノールの技術なら、朝飯前でしょう。ちなみに、似たような構造は金沢城とかにもありますね。 -- 2016-05-30 (月) 00:17:02
  • 歴史地図によれば都の直径は推定1km。高さが塔を含めて推定300m。映画と比べるとかなり平べったい外観になる -- 2016-06-16 (木) 19:54:54
    • 直径的にはドイツのネルトリンゲンとだいたい同じですね -- 2017-06-17 (土) 20:20:34
  • Excelで設計図ってありませんか? -- 2016-11-20 (日) 00:58:30
  • その他の呼び名で[白の都]は?  -- 2017-06-17 (土) 14:28:40
  • 中つ国の地図見て思うのは、モルドールに近すぎねっていう -- 2017-10-22 (日) 18:39:21
    • アルノール・ゴンドールが建国されたときはモルドールが冥王が戻ってきている敵地という意識が無かったからね。だからオスギリアスがあの位置に築かれその東西を守る城塞としてミナスアノールとミナスイシルも建設された -- 2017-11-11 (土) 09:29:34
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ローハン語での呼び名
*2 ともにガン=ブリ=ガンが用いた表現
*3 シルマリルの物語』「力の指輪と第三紀のこと」
*4 指輪物語 王の帰還 上』「一 ミナス・ティリス」
*5 「中つ国」歴史地図 トールキン世界のすべて』では「東の方向が見えるはず」として、その場所を第六環状区の東南東にあると想定している
*6 邦訳は「都」
*7 Merethrond, the Great Hall of Feasts in Minas Tirith is said in B to be 'in the Citadel' (a statement omitted in C). On a page of rough drafting for this passage my father dashed off a little plan of the Citadel. This is shown as a circle with seven small circles (towers) at equal distances within the circumference, one of these standing beside the entrance. Beyond the Court of the Fountain is marked, at the centre, the White Tower and Hall of the Kings, and beyond that again, on the west side of the Citadel, the King's House. To the right (north) of the White Tower is the Hall of Feasts. The outlines of other buildings are roughed in between the towers.
*8 終わらざりし物語』に収録されたベルシエル王妃の話でも、海を嫌っていた彼女はオスギリアスの王宮に住んでいたとある。なお邦訳では「タランノンの建てたオスギリアスの王宮」と訳されているが、「タランノンの建てた」の部分は誤訳。原文:Berúthiel lived in the King's House in Osgiliath, hating the sounds and smells of the sea and the house that Tarannon built below Pelargir...
*9 ギムリとレゴラスがミナス・ティリスを訪れたとき、レゴラスは「ここにはもっと庭が必要だ。」「(アラゴルンが戴冠したら)闇の森の国人に歌う鳥と枯れ朽ちることのない木々をかれのところに持って来させよう。」と語っており、後にイシリアンで暮らすようになったレゴラスらエルフの手によって、緑も増やされたものと思われる。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-11 (土) 09:29:34 (281d)