マンドス

概要

カテゴリー人名
スペルMandos
その他の呼び名ナーモ(Námo)
ヴァラールの一員として運命を宣告する役を担う者(Doomsman of the Valar)
ヌルファントゥア(Nurufantur)*1
種族アイヌアヴァラール
性別
生没年
兄弟イルモ(弟)、ニエンナ(姉妹)
配偶者ヴァイレ

解説

アラタールの一人に数えられるヴァラフェアントゥリ兄弟の兄の方で、ニエンナの兄弟。妃はヴァイレ
本来の名はクウェンヤで「運命予告者」(Ordainer)や「審判者」(Judge)を意味するナーモだが、滅多に本名で呼ばれることはなく、マンドスの地に住み、死者の家であるマンドスの館の管理者であることから、マンドスと呼ばれることが多い。
運命と、殺された者達の霊魂を司る者。

すると突如、そこに、黒々とした姿をした者が、海岸を見おろす岩の上高く立つのが見えた。それは、マンウェによって遣わされた伝令使などではなく、マンドスその人であったという話も伝えられている。そしてかれらは、厳かな恐るべき声が、かれらに立ち止まって耳を傾けるように大音声で命ずるのを聞いた。*2

ヴァラールの宣告者

マンドスは常に厳かで冷厳、なにものも忘れない存在として描かれている。彼はこれから起こることを全て知っている運命の宣告者であるが、マンウェの許しがない限りそれを口にすることはない。
彼はエルフ人間の到来を告げた。だが、ヴァラールがエルフをアマンへ招致することに対しては一言「運命はかく定まった」(So it is doomed.)とのみ口にし、メルコールの恩赦に関しては終始口を閉ざした。

フェアノールに率いられたノルドールによる同族殺害の後、アラマンにたどり着いた彼らに対して、マンドスの呪いを下したのもマンドスその人だった(マンドス自身は悪をなさないが、フェアノールの誓言によってもたらされるノルドールの破滅を彼は見通しており、ヴァラールからの宣告を伝えたのである)。
これを聞いたフィナルフィンは進軍をやめ、ヴァリノールへ引き返したが、フェアノールはノルドールを駆りたててあくまで中つ国へと進軍し、望みない戦いを続けさせることとなった。

モルゴスを敵として戦う中つ国の民の受難にも心動かされることはなく、ヴァラールの怒りの体現者として一切の助力を与えることも許さなかった。(それゆえウルモは単身密かに中つ国の民を援助せざるを得なかった)
だが唯一、ルーシエンが歌うイルーヴァタールの子らの悲しみの歌には心を動かされ、死んだベレンの処遇についてマンウェに伺いをたてたことがある。その結果ベレンとルーシエンはマンドスの館から戻り、ふたたび中つ国に住むことになった。
エアレンディルアマンにたどり着いた時には、人間には許されない不死の地に足を踏み入れたとして彼を罰しようとした。これに対し、ウルモが彼はエルフの血も引いていると弁護したことで、マンウェ半エルフにいずれの種族に属したいかの選択を与えることに繋がった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • マンドスの役目って、悲しい運命を告げたりする事もあるでしょうし、ツライ立場ですよね。 -- ひさ
  • 読者に本名を忘れられている可能性が非常に高い可哀想な人。
  • 私的に一番ヴァラールの中で大変だと思う人。 -- 2009-07-15 (水) 16:53:22
  • 死と眠りの兄弟・・ここにもギリシャ神話の影が -- 2010-12-05 (日) 01:13:12
  • フロド@アマン「マンドスには、おせっかいをやくな、変幻自在で、よく怒るって。」 -- 2012-12-10 (月) 23:57:07
    • マンドスは厳格ですが、むしろめったに怒らない寡黙なイメージが。 -- 2012-12-11 (火) 20:57:17
    • ってか、そのセリフはギルドールですだ...「マンドスに意見を求めるな、よしとあしとをともに言う」 -- 2012-12-13 (木) 01:07:26
  • でもってそんなマンドスの心をも動かした最強乙女ルーシエン・・・。ギリシャ神話でもそうだけど死の神は歌と奥さんの愛で説得されやすい? -- 2013-03-03 (日) 21:12:11
  • トンチンカンなこと言ってたら申し訳無い。マンドスって運命を知ってるような感じだけどそれってヴァラールやマイアやエルフといったアルダに束縛されている者達の運命だけなのかな?アイヌリンダレを越えて創造する人間は別なのかな?だからベレンが関わっていたルーシエンには心が動かされたのかな? -- 2014-03-02 (日) 19:39:47
    • とんちんかんではなくなかなかの考察だと思います。人間だけが定められた運命を超える事ができるということかもしれません。キリスト教における「人間の自由意志」の考え方のように。もっとも物語からだけでは判断しにくい問題ですが。 -- 2016-05-30 (月) 01:20:08
  • 漂う如来感 -- 2018-03-24 (土) 18:46:22
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』によると、ナーモとされる以前に設定されていたマンドスの本名
*2 シルマリルの物語』「クウェンタ・シルマリルリオン第九章 ノルドール族の逃亡のこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-24 (土) 18:46:22 (143d)