マゾム

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルMathom*1

解説

ホビットの古語で、「今すぐ使うあてはないけれど、捨ててしまう気にはなれないもの」のこと。ホビットは、よくマゾムをため込む習性があった。また彼らは自分の誕生日には他人にプレゼントをする習慣があったが、その中でマゾムがやりとりされる(時には自分が受け取ったマゾムがそのまま他人へ渡される)事も多かった。

ホビット庄大堀町にある博物館はマゾム館と呼ばれていた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ホビット版ハードオフ -- 2016-12-18 (日) 23:40:54
  • 誰もが一つは持ってそう -- 2017-12-19 (火) 00:39:39
  • ホビットは断捨離は無理っぽい✨🎁✨ -- 2017-12-22 (金) 18:15:44
    • ホビットのママは「捨てちゃいます!」しないのか -- 2017-12-27 (水) 00:17:16
    • ケチなホビットはゴミ同然の物をプレゼントしたりして。 -- 2017-12-29 (金) 13:19:49
  • 日本語で言うところのガラクタだね -- 2018-02-15 (木) 14:04:34
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 追補編』及び『Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると古英語precious thing, treasure(貴重な物、宝物)を意味するmáthm(máðm)が現代まで残っていた場合に予想される形。原語はkastであり、ローハン語kastuと関連する語。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-15 (木) 14:04:35 (272d)