マイアール

概要

カテゴリー種族
スペルMaiar*1
その他の呼び名

解説

ヴァラールは、多くの仲間を自分たちの方に引き寄せた。かれらより劣る者もあれば、かれらとほとんど同じぐらい偉大な者もあった。そしてかれらは共に、営々として地球の秩序作りと、その混乱の制御につとめた。*2

アイヌアのうち、ヴァラールの下位に立つ者で、精霊のような存在。単数形マイア。女性形はマイエア(単数形マイエ)。
ヴァラールと同じくマイアールは、真の意味では肉体を持たず、目に見える“姿”を装っているだけである。特にマイアールは目に見える定まった姿形を取らずに活動している者が多く、自由の民に存在が知られ名前を付けられている者は非常に少数であるという。
ただし中つ国に於けるイスタリ人間の老人の肉体に束縛されていて、容易に堕落する危険もあり、死ぬこともありえた。

マイアールはヴァラールに仕えたが、サウロンバルログなどその一部はメルコール(モルゴス)に誘惑されて堕落し、彼に仕えるようになった。これらの悪霊達も、堕落が進むにつれてモルゴスより与えられた肉体やその者自身の肉体に束縛されていき、霊的な自由度を失っていった。

マイアのうち、アリエンティリオンは、太陽を引く役目を担った。
マイアのメリアンは、エルフシンゴルと結ばれたことにより、その血を中つ国に生きる子孫に残した。
また第三紀には、マイアであるイスタリ(つまりガンダルフサルマンら魔法使い)が中つ国にやってきて、中つ国の住民に大きな影響を与えた。

マイアールの一覧(元マイアを含む)

マイアールの総数は自由の民には把握されておらず、名前が知られているのはヴァリノールのマイアールとモルゴスの召使の内の、わずかな者に過ぎない。

ヴァラールの民の内、マンウェの伝令使エオンウェが最も力あるマイアとされ、ヴァルダの侍女イルマレと共にヴァリノールのマイアールの頂点にあった。モルゴスの召使の内ではサウロンが最強の者であり、彼はアウレの民であった時代から力ある者とされていた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ルシアンのお母様のメリアンも忘れないであげてください。ロリエン(ヴァリノールの)の民の中でメリアンほど美しい者も賢い者もなく、かの女ほど心をとろかす歌に長じた者もいなかった。 -- Laurelin 2007-10-19 (金) 13:42:24
  • スリングウェシルは?あれもマイアだって説があるみたいだけど。 -- 2012-02-11 (土) 19:26:29
  • ガンダルフもラタガストも実はマイアの一人なのか・・・そりゃあ強いわけだわw -- 2013-01-19 (土) 16:38:20
  • ウンゴリアントは?あれもマイアだって説があるみたいだけど。 -- 2013-09-18 (水) 15:28:48
    • トムやゴールドベリの場合よりもさらに「憶測」に近いですからねぇ。 -- 2013-09-18 (水) 18:14:12
  • どんな姿にもなれるだろうに、ゴズモグとドゥリンの禍が同じバルログの姿ってことは、マイアとして近しいということなんでしょうかね? -- 2014-10-31 (金) 11:43:33
    • メルコールの堕落の際に、最も彼に似るに至った精霊たち=バルログなので、まあ似たり寄ったりと言えなくもないのかも。 -- 2014-10-31 (金) 17:28:51
    • アイヌアがアルダでとる姿は、彼等の物質世界への志向と影響力を可視化したものであるそうなので、火や影や暴威に訴えかけようとすれば必然的に似たような姿に帰着するのかもしれませんね。マイアとして同族だったというのももちろんあるのでしょうが、同族であることは性向が近しいということでもありますので。 -- 2014-10-31 (金) 18:19:04
  • 結婚して子供産んだマイアっていうと、女性のメリアンだけなのかな。ヴァラは子はなさないみたいだけど、マイア同士で子供つくったりはしないんだろうか。 -- 2015-02-22 (日) 03:57:49
    • メリアンはエルフの似姿でエルフの子をもうけたわけで、マイア同士ってのはないんじゃないかな。もともと実体のない精霊なのだし。 -- 2018-02-02 (金) 01:17:49
  • なぜ、イスタリはアルダに降りてきたのでしょう?また、どのタイミングで中つ国をさったのでしょう? -- 2015-03-18 (水) 10:38:36
  • 最近、アルダの物語に出てくる「力を持っているなんだかよくわからない存在(邪悪でなければ特に)は皆マイア」という風潮が有るように感じる -- 2015-05-17 (日) 12:10:15
    • デビッド・デイの指輪物語事典がそういう傾向がありましたからね。マイアは総数が未詳で様々な力の者がいるため便利なカテゴリーに使われやすいのでしょう。 -- 2015-05-17 (日) 19:24:13
      • トム・ボンバディルはマイアじゃないと思う。理由は指輪の魔力に影響されないから。どこの種族にも属してないゆえに支配されない。 -- 2015-06-11 (木) 18:27:35
      • 私もトムはマイアではないだろうと思っていますが、そういう説を唱える方がいるのは事実(上記の指輪物語事典とかですね)ですし、頁の本文から"トム・ボンバディル及びゴールドベリもマイアであるという説がある。"という一文は取っ払わなくてもよいのでは? -- 2015-06-11 (木) 19:47:02
      • 私は取り除いた者ではありませんが、この項にその一文は不要かなとは思います。マイア説はトムの項で述べられていますし、この項目では「総数は不明(ここに載っている以外の者もいるかもしれない)」という示唆で十分ではないかと。「説」をどこまで載せるのか、というのも難しい問題です。 -- 2015-06-11 (木) 21:04:39
  • 某航空参謀みたく事あるごとにモルゴスへの反逆を企ててお仕置きを喰らってるマイアとかいたら面白そう -- 2016-07-22 (金) 23:30:42
    • サウロン「今日から俺様がアングバンドのニューリーダーだ!ん?メ、メルコール様?!お許しを…うわああ!!」 -- 2016-07-25 (月) 23:49:15
      • サウロンの頁のコメント欄でも以前スタスクに例えてた人いたけど、サウロンとスタスクは180度違うよ。スタスクは忠誠心なんて欠片もないが、サウロンはメルコールにすんげー忠実だし。メルコールが放逐されるまで自身が最高位に就こうなどとは考えたこともなかったって教授が書いてるくらいだ。 -- 2016-07-26 (火) 02:04:32
    • サウロンとは別にそういう副官が他にいてモルゴス不在の間内輪で色々やってたりして。サウンドウェーブポジションのサウロンを小馬鹿にしてるとか。 -- 2017-07-03 (月) 13:41:15
      • そういう副官がいたらヴァラクウェンタで触れられてるでしょう。それがないということは名前が残るほどの力の持ち主ではない、小馬鹿にしてる者自身が大したことのないヤツでしょう。 -- 2017-07-03 (月) 17:54:21
      • 実際、件の航空参謀はそういう奴でしたし。モルゴスってメガ様みたいにお仕置きだけで許してくれる程寛大なのかな? -- 2017-07-05 (水) 01:30:59
  • メリアンはマイア表記でいいの? -- 2017-01-14 (土) 20:14:12
    • 何かおかしな点でも? -- 2017-01-14 (土) 20:20:44
    • 種族としてはアイヌアのマイアールですが表記としてはマイエが正しいですね。修正しました。 -- 2017-01-14 (土) 23:51:30
    • 日本語には男性形・女性形はなく、邦訳では見出し語(男性系の複数形あるいは単数形)が男女の別なく使われているという事情があります。「マイアのメリアン」というのもそれに基づいた表記でしょう。日本語表記において、男性形が女性形かで使い分ける必要はないと思います。 -- 2017-01-15 (日) 00:39:16
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 複数形。単数形マイア(Maia)。女性複数形マイエア(Maier)、女性単数形マイエ(Maie)
*2 シルマリルの物語』「アイヌリンダレ

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-02 (金) 01:17:49 (142d)