ボルギル

概要

カテゴリー天文
スペルBorgil*1

解説

火の宝石のように赤く輝く星のシンダール語名。現在の牡牛座のα星アルデバランか、オリオン座(メネルヴァゴール)のα星ベテルギウスに相当すると思われる。下記サイトの考察ではベテルギウスとしている。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 『旧版・シルマリルの物語』の解説では火星となっていた。 -- ホビット 2008-11-24 (月) 14:05:23
    • 新版『指輪物語 追補編』文庫版にある固有名詞便覧の解説でも「火のような赤い星というから、火星であろう」とあった。"であろう"なんて憶測で書かないで欲しい。ちなみに新版『シルマリルの物語』の語句解説及び索引には、ボルギルの項目はありませんでした。 -- 2012-04-30 (月) 13:22:11
  • ボルギル確定対策本部(笑) グワイヒアさん面白いなぁ♪ -- 2012-03-25 (日) 03:24:16
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 The Letters of J.R.R.Tolkien』のLetter347によると、born(red, hot)+gil(star)。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-30 (月) 13:25:28 (2246d)