ペレンノール野の合戦

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of the Pelennor Fields
その他の呼び名ペレンノールの戦い(Battle of the Pelennor)

解説

指輪戦争において、第三紀3019年の3月13日から15日にかけ、モルドールの軍勢がゴンドールランマス・エホールを突破してペレンノールを制圧し、ミナス・ティリスを包囲攻撃した戦い。
魔王が率いるモルドールの軍勢は、攻城兵器でミナス・ティリスを攻撃し、第一環状区に大きな被害を与える。さらに城門を破壊して侵入した。だがセオデンエオメルが率いるロヒアリムの軍勢がゴンドールの救援に現れ、魔王はエオウィンメリーによって打ち倒される。さらに海賊の船を奪ってアンドゥインを北上し乗り込んできた、アラゴルン二世が率いる辺境の諸侯国の援軍に挟撃され、モルドール軍とその同盟軍は撃滅された。

参戦国、勢力

ゴンドール
ミナス・ティリスの兵、戦闘開始前からのドル・アムロスほか辺境の諸侯国の援軍、ロヒアリム灰色の一行が引き連れてきた諸侯国の援軍
モルドール
オークトロルによるモルドール軍、東夷ハラドリムおよび彼らが引き連れるムマキル

戦況

開戦に至るまで

3018年6月20日、ゴンドールの確保していたオスギリアスモルドール軍が攻撃。モルドール軍は数で優っていた上、魔王のもたらした恐怖のためにゴンドール軍は恐慌状態に陥り、わずか4名(ボロミアファラミアと他に2名)を残して守備隊は壊滅する。ゴンドール軍はアンドゥインにかかっていた最後の橋を落とし、オスギリアスの西岸を死守することには成功したものの、東岸はモルドールの手に落ちる*1

以後ゴンドール軍は、オスギリアスの西岸およびカイア・アンドロスを拠点として保持し、モルドール軍の渡河をかろうじて拒んでいた(カイア・アンドロスより北は沼沢地が広がって行軍が困難であり、オスギリアスより南は川幅が広くて渡河が難しいため、この2点がアンドゥインの通行権を決する戦略的に非常に重要な地点だった)。
執政デネソール二世はかねてからモルドールの攻撃に備え、ペレンノールを囲むランマス・エホールの外壁の防備を強化するとともに、イシリアンの野伏を結成して同地に派遣していた。ファラミア率いる野伏たちはヘンネス・アンヌーンを拠点にして敵の動向を調査するとともに、ゲリラ戦を仕掛けて抵抗を続けた。

一方、海賊の大艦隊がアンドゥイン河口に接近。これによりレベンニンベルファラスに脅威が迫り、ミナス・ティリス辺境の諸侯国からの援軍を期待できなくなる。
3019年3月6日、これをオルサンクのパランティーアで知ったアラゴルン二世は、事態の打開のため翌日灰色の一行を率いて死者の道へ向かい、エレヒを目指した。
デネソール二世もまたこれを察知したため*2、3月8日頃、エレド・ニムライス烽火台に点火。ヒアゴン赤い矢を持たせてローハンへの救援を求めた。ロヒアリムアイゼンガルドとの戦いで疲弊していたが、古の誓いを果たすため馬鍬砦で全軍を召集。そのうち、長征に送り出せる限りの6000騎を率いてミナス・ティリス救援に出発した。

大暗黒の到来

3019年3月10日、モルドールゴンドール攻略のための大軍勢を黒門ミナス・モルグルから出撃させると共に、暗闇を広げて陽光を遮断する(曙光のない朝)*3

ファラミアは暗闇の流出を見て、急遽イシリアンの部隊をオスギリアスに送り、同地の守備隊を補強。自らはデネソールの意向を仰ぐためカイア・アンドロスを経てミナス・ティリスに戻った。デネソールはオスギリアス防衛にこそ力を傾けるべきと判断し、翌日すぐにファラミアを防衛指揮のため同地に再派遣する。
しかし10日の内に、黒門から出撃した東夷オークの軍勢はカイア・アンドロスを奪い取り、アノリアンに侵入。12日にモルグルの軍勢はオスギリアスを奪って渡河に成功。ファラミアは土手道砦に撤退して自軍を立て直そうとするが、敵の規模は10倍も勝っており、ファラミアは黒の影ハラドリムの矢により負傷して意識不明に陥る。

ランマス・エホールの一部は爆破されて突破され、さらに北方からも敵が襲来し、その上恐るべき獣に乗ったナズグールが襲来する。
守備隊は敗走状態に陥り、モルドール軍の先鋒に全滅させられるかに見えたが、デネソールの繰り出したドル・アムロスの騎兵を中心とする救援部隊と白のガンダルフによって、生き残った守備隊は辛うじて救出され、ファラミアも都に運び込まれた。
とはいえゴンドールはランマス・エホールの外壁とペレンノール野を奪われ、ミナス・ティリスに籠城することになる。

ミナス・ティリス攻城

モルドール軍はペレンノールを完全に制圧し、3月14日にはミナス・ティリス包囲を完成する。ペレンノールにあった農家や農地は焼き払われ、地面には都からの矢が届かない位置に幾重にも塹壕が掘られて火で満たされ、その背後で攻城櫓と投石機が準備された。

ミナス・ティリス第一階層を守る城壁は非常に高く、ヌーメノールの技術によって作られていたため、これを超えて攻撃することも城壁を破壊することも不可能だとゴンドール人は考えていた。
だが、投石機より打ち込まれた弾丸は城壁を飛び越えて第一環状区に落下し、火を発して火災を発生させる。さらにモルドール軍は、戦死したゴンドール人の首をも城内に投げ込む。その上恐るべき獣に乗って空を舞うナズグールの恐怖により、城内の兵士はすっかり戦意を喪失してしまい、イムラヒルの指揮とガンダルフの鼓舞*4によって辛うじて防戦を続けるありさまであった。

14日夜には、アンドゥインに架橋したモルドール軍がさらに大挙してペレンノールへとなだれ込み、攻城櫓などを使って城壁への攻撃を繰り返す。だが、モルドール軍の主目的は、突破不能な城壁にある唯一の弱点である、大門を攻撃することにあった。
3月15日、破城槌グロンド魔王の呪文によって大門の扉が破壊される。こうして、かつて一度も敵に破られたことのない門をくぐって魔王がミナス・ティリスに入城を果たすが、その眼前に、飛蔭に乗ったガンダルフが立ちはだかる。しかしこのとき、ローハン軍の到来を知らせる角笛が鳴り響いたため、魔王は身を翻して大門から立ち去った。

サウロンの悪意

一方城内では、ファラミアの負傷を目にしたデネソール二世白の塔に引きこもり、防衛の指揮を放棄していた。デネソールは精神の弱った状態で白の塔のパランティーアを使用したために、サウロンによって操作された映像を見せられて絶望。正気を失い、ファラミアと共にラス・ディネンで焼身自殺を図る。
これを阻もうとしたベレゴンドは、デネソールの言いつけに従おうとする侍僕と衝突し、彼らを二人斬り殺してしまう。
さらにペレグリン・トゥックから急事を知らされたガンダルフは、魔王を追ってペレンノール野の戦いに打って出ることを断念し、ファラミア救出を優先させる。

こうしてサウロンの悪意のたくらみはパランティーアを通じて城内に入り込み、同士討ちによって血を流させた上、ガンダルフの働きを阻害することで、合戦で生き延びたかもしれない者達の命を奪わしめた。

ローハン軍の長征

ゴンドールの烽火の点火と、ヒアゴンによる赤い矢の到来を受けたローハンは、3月10日に長征に出発するも、救援に間に合うかどうかぎりぎりのタイミングであった。さらに悪いことに、オーク東夷の部隊が、カイア・アンドロスを渡ってアノリアンに入り、ローハン軍が使うはずの西街道を監視して、迎撃すべく待ち伏せていた。
そこでローハン軍はドルーアダンの森に住むウォーゼ(野人)の酋長ガン=ブリ=ガンの助けを借り、石車谷の忘れられた道を使うことで待ち伏せを回避。こうしてロヒアリムはモルドール軍の監視を逃れてミナス・ティリスに接近することに成功する。
さらに幸運なことに、騎馬隊の突入に障壁となると思われたランマス・エホールはこれを奪取したモルドール軍によって破壊されており、その裂け目から突入することで迅速な展開が可能となる。

3019年3月19日の朝、ローハン軍は不意に訪れた曙光と共に角笛を吹き鳴らしてペレンノールに到達。
エオメルは中央を、エルフヘルムは右翼を、グリムボルドは左翼の軍団(エオレド)をそれぞれ指揮して進む。だが常に彼らの先頭にいたのはセオデンで、その雄々しき姿はオロメのようにも見えたというほどであり、士気の高揚したロヒアリムは、狼狽するモルドール軍の中へと歌を歌いながら突進していき、ペレンノール野を縦横無尽に蹂躙した。
ローハン軍はモルドール軍の歩兵を蹴散らし、ハラドリムの騎馬軍団と衝突して、セオデンはハラドリムの指揮官黒い蛇を打ち倒し勝利。ミナス・ティリスの大門までは達しなかったもののペレンノール野の北半分を制圧する。

だがこのとき、大門から姿を消した魔王恐るべき獣に乗って空より現れ、その恐怖によってロヒアリムとその馬たちは動揺して散り散りとなる。セオデンは自らの許に部隊を集結させようと試みたが、乗馬の雪の鬣が矢を受けて倒れたためその下敷きとなり、瀕死の重傷を負った。さらに、セオデンに止めを刺そうと魔王が舞い降りてきたが、エオウィンメリアドク・ブランディバックが魔王を討つ。これによりモルドール軍は総大将を失う。

ローハン軍の指揮はエオメルに引き継がれたが、彼は倒れた王の供回りの中に、本来ならいるはずのない妹エオウィンの姿を見つけ、激昂。ロヒアリムの全軍に進撃を命じて「死だ!」と叫び、敵中へと突進していった。さらに破壊された大門から、イムラヒルが率いるミナス・ティリス城内の援軍がやってくる。
エオメルの突撃はモルドール軍に大きな損害を与えたが、ロヒアリムが攻撃を始めたときにハラドリムだけでも3倍の数はいたのに加え、ロヒアリムのムマキルを恐れて近づこうとせず、追い散らされたハラドリムはムマキルの周囲に再集結する。さらにモルグルの副官ゴスモグが、オスギリアスに待機させていた東夷ヴァリアグ、ハラドリムなどの援軍をペレンノールに投入してきた。これらの軍勢によってロヒアリムは行く手を阻まれ、ゴンドール軍との合流も防がれようとしていた。

さらにハルロンドの港に向かって海賊の艦隊がアンドゥインを北上してくるのが見られたことで、モルドール軍とその同盟軍は歓声を上げ、逆にゴンドールとローハン軍は恐慌状態に陥る。
だが、海賊の船はエレンディルの印が描かれた旗印を掲げる。艦隊に乗っていたのはアラゴルン二世に率いられた灰色の一行と、ゴンドールの辺境の諸侯国からの援軍であった。

灰色の一行の働き

オルサンクパランティーアを使ってサウロンに挑戦し、さらにゴンドール沿岸に迫る海賊の脅威を目にしたアラゴルン二世は、直ちに沿岸部の脅威を取り除きゴンドールを救援しなければ勝利はないことを悟る。
そこで3019年3月8日、彼は灰色の一行を率いて死者の道を通り、エレド・ニムライスを南に越え、夜半にエレヒ死者の軍勢を召集して手勢に加える。彼らはそのままゴンドールを騎行して東進、11日にラメドンの人間と海賊とがリンヒアの争奪戦をしているところに行きあい、死者の恐怖によって双方を追い散らす。ラメドンの領主アングボールだけが踏みとどまり、勇気があるものがいたら自分たちのあとをついてくるように、というアラゴルンの指示を受けた。

3月13日、ペラルギアに到達した一行はそこで50隻の大型船と数え切れない小型船からなるウンバールの海賊の主力艦隊に行きあう。先にアラゴルン達が追い散らしていたハラドリムの一部は、船を使って逃げ出していたものもいたが、まだまだ数も多く、追い詰められて凶暴になっていた。だがアラゴルンが死者の軍勢を召し出すと、敵はその恐怖に耐えられず、逃れようと海に飛び込んで溺れ死ぬか、徒歩で南へと逃げだし、完全に潰走した。誓言を成就した死者たちはここでアラゴルンによって解放され、永久の眠りについた。

海賊の艦隊を鹵獲したアラゴルン達は、それぞれの大型船にドゥーネダインを派遣して、鎖で繫がれていた奴隷の漕ぎ手達を解放し、モルドールと戦うために力を貸してもらうよう鼓舞する。またペラルギアには、アングボールが連れてこられるだけの騎兵を引き連れてきたほか、「イシルドゥアの世継が現れた」という噂を聞きつけたレベンニンエシアなどの、海賊の脅威が取り除かれた辺境の諸侯国から、続々と兵が集まってきた。

3月14日にこれら諸侯国の援軍は海賊の船に乗り、ペラルギアを出航。船はアンドゥインを遡り、15日にハルロンドに到着し、ペレンノールへと乗り込んだ。

合戦の終結

両軍は日を徹して戦い続け、ハルロンドに向かって南に進むローハン軍、ハルロンドに接岸して次々と上陸し北上する灰色の一行と諸侯国の兵たち、イムラヒルが率いて東進するミナス・ティリスの軍勢に挟撃され、モルドールの軍勢はムマキルにいたるまで全滅。モルドールとその同盟軍は殺されるか、逃げようとアンドゥインに飛び込んで溺れ死ぬかして、逃げ延びることができたものはほとんどいなかった。
だが、ナズグールの中で打ち倒されたのは魔王だけであった。そしてゴンドールとローハン軍にも多大な被害が出た。以下は、ゴンドール人ロヒアリム、及び灰色の一行の中で判明している戦死者の名である。

後にローハンの詩人は、ペレンノール野の合戦を歌ったムンドブルグの塚山という歌を作り、そこで戦死者を讃えている。

救出されたファラミア療病院に運ばれ、魔王を刺したエオウィンメリアドク・ブランディバックも運ばれてくる。そこでかれらは黒の息に冒されていることが明らかとなり、アラゴルン二世によりアセラスを用いた治療を受けた。このときアラゴルンは緑の石を身につけていたため、エルフの石の殿と呼ばれるようになる。またヨーレスが口にした「王の手は癒やしの手」の伝承から、王がゴンドールに戻ってきたという噂がミナス・ティリスに広がり、ゴンドール人が王の帰還を自然と受け入れる大きな理由のひとつともなった。

画像

アラン・リー作画によるペレンノール野の合戦アラン・リー作画によるペレンノール野の合戦

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ドルーアダンの森およびランマス・エホールの描写は登場しない。
モルドール軍の攻城櫓はミナス・ティリスの第一階層城壁の高さにまで達しているほか、ミナス・ティリスからは据え付けの投石機で反撃している。
原作では戦闘開始前に、ミナス・ティリスの民間人は多くが疎開している設定だったが、映画では(おそらく危機感を高めるため)非戦闘員が第一階層でオークなどに襲われる姿が描かれている。ロヒアリムの突撃は、エオメルの出番が多くカットされ、エオメルらの台詞はセオデンらの台詞に流用された。

原作では、ペラルギア方面の海賊を攻撃するまでだった死者の軍勢は、ミナス・ティリスを半ば制圧していたモルドール軍を直接攻撃している。
劇場公開版ではガンダルフ魔王が対峙するシーンはカットされているが、エクステンデッド・エディションにて、ガンダルフとペレグリン・トゥックが、恐るべき獣に乗った魔王と対峙している。この時ガンダルフは、魔王に杖を折られて圧倒されかけるが、ロヒアリムの軍勢が現れたため魔王は立ち去っている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

ミナス・ティリス城内での防衛戦、ロヒアリムと行動を共にしての戦い、アラゴルンらと行動を共にしての戦いがそれぞれプレイできる。
一方で、沈黙の通りに現れたナズグールや、彼が呼び起こした亡霊と戦うクエストもある。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるペレンノール野の合戦『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるペレンノール野の合戦でのグロンド『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、ミナス・ティリスに入場した魔王『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、ペレンノール野の合戦でのセオデン『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるペレンノール野の合戦『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるペレンノール野の合戦でのロヒアリムの突撃『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における恐るべき獣と魔王『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、エオウィンと対峙した魔王

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 魔王を倒したとはいえ、半日で数倍の軍勢をよく打ち負かせたものだと思う。生き残った8人の幽鬼はちっとも活躍しなかったのだな。 -- 砲身 2010-03-15 (月) 14:36:14
    • 空襲でミナス・ティリス外壁を攻撃するくらいでしたね。まあナズグルはともかく獣のほうは剣や弓で傷つけられるので、乱戦には向かないのかも -- 2010-12-09 (木) 04:16:56
      • 空襲でスマウグ等のウルローキが投入されたら確実にミナス・ティリスは陥落していただろう。 ガンダルフがスマウグとサウロンが結託するのを阻止しようとした訳があの映画を観てやっとわかったよ。 -- カンナ 2010-12-09 (木) 09:26:34
      • 映画版だったらスマウグ単体で、陥せるかもね。 投石器にヒットしなければの話だけど。 -- 2013-01-17 (木) 21:25:29
      • ↑白のガンダルフもいるし、そう易々とはいかないでしょう。 -- 2013-01-18 (金) 00:06:49
      • 映画版のガン爺は魔王に敗れかけたので... -- 2013-01-18 (金) 11:30:00
  • ペレンノール野の合戦とは、現実の歴史に例えるなら、オスマン帝国(モルドール)、マムルーク朝(ハラド)、白羊朝(ハンド)、タタール諸国(東夷)の連合軍がビザンツ帝国の都コンスタンティノープル(ゴンドールの都ミナス・ティリス)を包囲攻撃し、それに対してハンガリー(ローハン)とギリシア諸侯国(レベンニン、ラメドンなど)の軍が救援に駆けつける、といった感じかな? -- ウルワルス 2011-11-04 (金) 15:06:26
    • ギリシア諸侯国というよりもう少し範囲を広げてバルカン諸国かもしれませんね。特にドル・アムロスや緑丘、リングロ谷はギリシア諸侯国に収まりそうにない規模ですし。 -- 2011-11-05 (土) 16:37:21
    • ハンガリー(ローハン)、ベネチア(ドル・アムロス)感じかもしれませんね。 -- 2011-11-06 (日) 13:37:31
      • ジェノバ(北方のドゥネダイン) も追加しましょう -- 2013-11-06 (水) 22:06:32
    • 同じオスマンでも、第二次ウィーン包囲のイメージのような気がします。ヤン3世は到着した9月12日の夕刻に連合軍に総攻撃を命じた。偵察によってカラ・ムスタファの本営の位置を正確に把握していたポーランド・リトアニア共和国軍精鋭の有翼重装騎兵「フサリア」の3000騎はオスマン軍陣地の中央突破を敢行しこれを分断、そのままムスタファの本営までまっすぐ突撃し大混乱に陥れた。わずか1時間ほど続いた戦闘によってオスマン軍は包囲陣を寸断され、散り散りになって潰走した。夕暮れで暗くなったために追撃は早々に打ち切られ、カラ・ムスタファは無事に逃げ延びることができたが、戦闘はオスマン軍の惨憺たる敗北に終わった. -- 2013-08-22 (木) 14:46:36
      • 全盛期のフサリアは中つ国に放り込んでも充分活躍できそうだからなあ。 -- 2017-10-31 (火) 10:35:19
    • 勝てる気がしない・・・・・・ -- 2013-11-06 (水) 20:23:28
  • こう言ってはあの盛り上がる鼓舞演説も糞もないが、あの到来を告げる角笛を吹かず奇襲的な形で背後から突っ込んだ方が戦略としては正しいような気が。 -- 2013-11-05 (火) 04:09:26
    • 士気に及ぼす影響を過小評価してはいけませんよ。ゴンドール軍はローハンと南部諸侯領の援軍を得た後ですら、なおモルドール軍に対して劣勢だった可能性が高いです(歴史地図の考察では、ゴンドール+ローハン+南部諸侯の兵力は推定11,250なのに対し、モルドール連合軍は推定45,000で実に四倍)。ましてやモルドール指揮官のナズグルは、恐怖を武器にして味方を統制し敵方の意気を挫く者達です。魔王がわざわざセオデンを襲ったのも、希望を挫いて恐怖を蔓延させることで再び戦場の主導権を握ろうとしたからでした。ローハンの角笛やエレンディルの王旗は、人々の心を鼓舞することでナズグルが投げかける恐怖を追い払う効果があったわけです。それがなければ依然劣勢だったはずのゴンドール軍があそこまでの大勝利を収めるのは到底不可能だったでしょう。 -- 2013-11-05 (火) 18:39:31
    • これが小説、つまり創作物というのも忘れちゃ駄目ですよ。フィクションである以上なんでもかんでも現実的に考えればいいと言う訳じゃないと思います。 -- 2013-11-24 (日) 12:44:16
      • それはケースバイケースですね。現実的に考えた方が豊かな読解ができるようなら、存分にやれば良いかと。シャーロキアンのような楽しみ方もありますし。少なくともトールキンは幻想が現実性を持てるようにかなり苦心した作家でもありましたから、そういう読解にかなりの部分耐えうる作品ではあると思います。 -- 2013-11-24 (日) 16:28:08
      • 学者がこのシーンに登場する植物の植生や地学上の質問を教授にして答えがちゃんと帰ってきたってエピソードがあるのですよ。月の満ち欠けなんかも正確に表現してますし、リアリティという面で普通ではありえないほどの情熱を注ぎ込んでいる作品です -- 2013-11-24 (日) 21:18:33
    • なんか原作と映画をごっちゃにしている人が多くない?原作だと暗闇の中で敵軍に気づかれないまま近づき、角笛の後即突撃で奇襲であることには変わらないぞ。映画のような演出ならともかく、暗闇でどこにいるか分からない状態で角笛を吹くことは威嚇になるだけで自分の場所を知らせることにはならんぞ。 -- 2014-02-26 (水) 09:25:46
    • とはいえ映画ではミナス・ティリスの第一層を破って総攻撃の指示を出した直後だし、それで右翼の一部しか即応できなかったと考えると充分奇襲にはなってるんだね。その上たぶん角笛で総攻撃中の主力の足を鈍らせることもできてる -- 2017-05-04 (木) 05:52:55
  • 初めて見た時はその迫力に感動した。この合戦のシーンだけ何回も繰り返して見てる。 五軍の合戦はこの合戦を超えられるかな -- 2014-04-17 (木) 00:05:23
  • この戦い、ゴンドールの諸侯はイムラヒル以外全員死んだのでしょうか? -- 2014-05-21 (水) 22:26:27
    • ドゥインヒアやアングボールは生き残ってなかったっけ -- 2014-05-21 (水) 22:32:26
  • この戦いが終わった後都周辺の何十万という人間やオークやトロルや馬やムマキルの死体の片付けは防御工事の人間や負傷者以外都の人間残らず駆り出されたんだろうな。そうでなきゃ疫病が起こるし。でも壮健な人間は黒門前に行っちゃったから女性や子供や老人が主体になったんだろう。苦労したんだろうなきっと。 -- 2014-11-05 (水) 11:15:02
    • 確かに あれほどの死体をかたずけるとなると大変だ。 -- 2015-02-12 (木) 08:56:13
    • 焼けば!? -- 2015-08-06 (木) 01:17:00
      • 死体を骨まで焼くのには想像以上の燃料を必要とします。埋めるのも大変でしょうし、死体の一部は特定の場所に集められて野ざらしにする(そして当分近寄らない)しかなかったのではないでしょうか -- 2015-08-06 (木) 15:40:29
      • 他は、ともかく、オークやナズグルの飛獣の骸の扱いは苦労したろうな。 埋めたら、その場所は草すら生えないみたいだから、うっかり燃やしたら、どんな有毒な煙が出て二次被害が出るか分からん。 とんだ産業廃棄物だよ😱 -- 2017-05-04 (木) 07:13:54
    • 原作で死体焼いてるような描写無かったっけ? -- 2015-09-13 (日) 02:21:02
  • 死者の軍勢がチートすぎた -- 2015-10-24 (土) 17:08:31
  • 張遼「20万vs騎兵6千?800人もいれば十分だろw」 -- 2017-05-28 (日) 01:20:59
    • 島津義弘「そいな。」 -- 2017-10-30 (月) 21:39:22
  • てか原作ではデネソールはある程度まともに指揮をとっていたんだな・・・ -- 2017-10-16 (月) 06:21:58
    • それは思ったw 映画だとザ・老害って感じだったけど、まぁ尺の都合で分かりやすい人物描写にしたんだろうな -- 2017-10-31 (火) 15:44:41
  • 小さい頃ローハンの戦士達が敵を蹴散らすシーンを見てから指輪物語は俺の人生の一部となってしまった・・・原作を読んでからだと思うところもあるけれどこんな素晴らしい作品に触れる機会を与えてくれて感謝してるよ -- 2018-04-15 (日) 21:48:21
    • 激同 -- 2018-04-16 (月) 00:47:39
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 この攻撃の真意はゴンドールの守りを試すとともに、ナズグールを秘密裏に渡河させて一つの指輪追跡に送り出すためだった。ゴンドールが西岸を死守できたのも、実はモルドール側が目的を達したためであった。
*2 ベレゴンドの推測による。
*3 これは、3月6日にアラゴルン二世パランティーアを使ってサウロンに挑戦したため、焦ったサウロンが事前の予定よりも早く、さらなる軍勢の集結を待たずに攻撃を仕掛けた可能性が高い。
*4 これにはナルヤの力も作用していたものと思われる

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-16 (月) 00:47:39 (9d)