ペレンドゥア

概要

カテゴリー人名
スペルPelendur
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1879)~1998(享年119)。執杖?~1998
不明(祖先にフーリン
ヴォロンディル(息子)

解説

ゴンドール執政
先代
不明
(遡ってフーリン
オンドヘア王の執政
エアルニル二世王の執政
ペレンドゥア
第三紀?~1998
次代
ヴォロンディル

エミン・アルネンフーリンの子孫で、ヴォロンディルの父。ゴンドール31代目の王オンドヘア、及び32代目の王エアルニル二世執政

オンドヘアの死後一年間(エアルニル二世が戴冠するまで)ゴンドールを統治し、同国の王位を求めるアルヴェドゥイの要求を退けるのに主要な役割を果たした。彼の時代から執政は世襲職となった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • なんで「主要な役割」を果たしちゃうかなー。単に権力ほしかったとも思えないのですが。なんらかの運命の手が働いたのでしょうか。 -- 2008-01-14 (月) 23:42:27
    • 二つの塔におけるファラミアの台詞からすると、どうも末期のゴンドール王家は少々乱れていた節があり(曰く薬学や占星で寿命延長を図ったり、家系図や豪華な墓を重要と見なしたとか)、マルディル以前から国事の中心を執政家が担っていたのかなという気がします。深読みすると、この上さらに「衰退」した君主を戴くのは御免だ、という心理が働いたのかもしれません。もっともファラミアのこの台詞は執政家による自尊の歴史が入っている可能性も否めませんけども。 -- 2014-03-19 (水) 20:08:20
      • 頷ける。 -- 2018-04-21 (土) 19:05:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-21 (土) 19:05:30 (151d)