ベルシエル

概要

カテゴリー人名
スペルBerúthiel
異訳ベルーシエル
その他の呼び名ベルシエル王妃(Queen Berúthiel)
種族人間
性別
生没年不明
配偶者ファラストゥア
なし

解説

ゴンドールの12代目の王タランノン・ファラストゥアの妻。しかし二人の間に愛情はなく、子供はいなかった。

終わらざりし物語』に詳述されており*1、彼女は邪悪かつ孤独で、タランノン王の愛なき后であったという。
彼女は海を厭い、タランノンがペラルギア下流のエシア・アンドゥインの流れの上に建てた屋敷ではなく、オスギリアスの王宮に住んだ。王宮ではあらゆる色彩や凝った装飾を嫌い、黒と銀のみを身に纏って空ろな部屋で暮らした。その庭は糸杉とイチイと木々のもと、打ち捨てられた彫像で満たされていた。

ベルシエルは9匹の黒猫と1匹の白猫を使役して、この猫たちと会話し、或いは彼らの記憶を読むことができたという。彼女は猫たちにゴンドールのあらゆる秘密を探らせて、人々の最も知られたくない情報を得た。白猫は黒猫たちを虐め、監視する役目だった。人々はベルシエルの猫を恐れ、彼らが去ると悪態をついた。
やがてベルシエルは王たちの書から名前を抹消され、タランノン王によって猫たちと共に船に乗せられて海に流された。檣頭と舳先に猫が一匹ずつ立った船は北風に運ばれ、ウンバールを通り過ぎていくのを最後に消息を絶ったという。

だが、ベルシエルの猫のことは人々の口伝に残り続けた。

「かれは、ベルシエル王妃の猫よりも確実に、真っ暗な夜、家に戻る道を見いだせるのだから。」*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • いくら悪女とはいえ歴史書から名前を抹殺するとは、ゴンドール政府はトロツキーらの名を抹消したソヴィエト政府みたいだと思った。
    • 「ローマ人の物語」(塩野七生著)のどこかに、古代ローマに「記録抹消刑」とでも訳すべき刑があって、該当人物に関する記録を抹消してしまうことがあったようです。なので、教授がコミュニズムから想を得た、というよりは双方の共通して古代ローマの制度を元ネタとした、という可能性が高いと思います。いずれにしても、「○○に記録抹消刑を執行した」という記録は残ったのでしょうけれども。 -- カイト
  • 海外のトールキン関係のサイト巡ってみると、この方、黒きヌーメノール人だという記述をよく目にします。教授が明言しているわけではないですけど、教授のインタビューから推察するとその可能性が高いんだそうですよ。 -- 2012-02-08 (水) 10:16:52
    • いくらロクでもない悪女でも王妃だった者を歴史上から抹殺するなんて、普通は考えられませんからね。 猫を使ってスパイ活動するほどだから、よほどとんでもない事をやらかしたとしか思えませんね。  -- 2012-02-08 (水) 20:05:19
    • 黒きヌーメノール人が王家近辺に潜伏しているとは、ゴンドールの闇は深い -- 2016-12-23 (金) 23:22:58
      • どうもこの婚姻は艦船王ファラストゥアが主導した黒きヌーメノールの懐柔を目的とした政略結婚の節があるのがなんとも・・・ -- 2016-12-24 (土) 00:42:45
  • 登場人物の口から、こういう本編内では語られていない伝承のことがさりげなく出てくる。奥深いですねえ。 -- 2012-02-10 (金) 00:43:12
  • トールキン氏の嫌いな物。ダンドツ1位:蜘蛛。次点:猫。 ということでFAですか? -- 2013-02-22 (金) 22:16:41
    • 昨今はエルフ耳よりも猫耳が人気と聞いて教授激怒 -- 2013-02-24 (日) 01:00:45
  • 「猫を使役する魔女」めいた噂は、他のもっと表沙汰にできない行いを糊塗すべく、意図的に流されたものだっとしたら…とか考えると妄想がはかどる -- 2015-10-07 (水) 10:13:51
  • 以下、1966年のトールキンへのインタビューとされる内容。「ベルーシエルは内陸の街へ戻り、悪に堕ちた(または悪に戻ったか。彼女の出自は黒きヌーメノール人だったのかもしれない)。彼女が属する民は猫を嫌っていたが、猫は彼らに飛び乗ったり、付いて回った。猫は自分たちを嫌う人を追いかけたりするでしょう?私にはそんな友が一人いる。彼女は面白半分に猫を拷問して楽しんだのだろう。だがいくらかは残して、利用した。夜陰に乗ずる邪悪な使い走りとして調教し、彼女の敵たちを探らせたり、彼らへの脅しに使った。」 -- 2016-04-29 (金) 02:45:40
  • トールキンは犬派 -- 2016-07-27 (水) 01:58:39
  • うつろ舟 -- 2016-07-27 (水) 02:00:38
  • 大槻ケンヂの歌に出てきそうな人 -- 2016-12-24 (土) 00:02:11
    • そんなキレイごとを言うと燭工通りの角から王妃の猫が来ちゃうぞ~♪ -- 2017-06-09 (金) 12:33:36
  • これがギリシャ神話だったら、猫と共に星座になっていそうなストーリー -- 2016-12-26 (月) 12:42:12
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』「第四部 II イスタリ」の註七
*2 指輪物語 旅の仲間 下』「四 暗闇の旅」 モリア一行を導くガンダルフを評した、アラゴルンの言葉

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-09 (金) 12:33:37 (348d)