ベオル家

概要

カテゴリー種族人名
スペルHouse of Bëor
その他の呼び名ベオルの(やから)(People of Bëor)*1人間の最古の家系(the Eldest House of Men)、エダインの第一家系(The First House of the Edain)、ベオル人(Bëorians)

ベオルを始祖とするエダインの第一家系。
黒もしくは茶色の髪と灰色の目を持ち、人間の中では最もノルドール族と似ていたとされる。ベレリアンドへ到来する以前から、ハドルの族とは親しい関係にあった。

ベオルの族は人間の氏族の中でも最初にエレド・ルインを越えてベレリアンドに到来し、最初に辿りついたオッシリアンドの地で、始祖ベオルとその従者たちはノルドールの公子であるフィンロドと出会って彼に親しんだ。
だがオッシリアンドの緑のエルフたちは人間の到来を嫌い、フィンロドに使者を送ってベオルの族を立ち退かせるよう要求したため、ベオルの族はゲリオン川を越えてさらに西の地に移って定住した。この地は後にエストラドと呼ばれ、後からベレリアンドに到来したハドルの族も、友好関係にあったベオルの族を頼ってこの地に移った。

ノルドール上級王フィンゴルフィンエストラドに到来したエダインに対して歓迎の使者を送ったことで、熱意あるエダインの若者たちがノルドールの王侯貴族に仕えるようになり、またノルドールの三王家の王たちが自分たちの領土への移住を許可して後、北方のノルドール族の領土へは沢山のエダインが移住した。
エストラドに残った者たちの中には、エルダールを恐れ、また彼らに仕えるのをよしとしなかった者も多かった。ベオルの曾孫にあたるベレグはそうした者たちのうち一千を率いて南へと去った。
だがベオルの族の多くはエストラドから北への道を辿り、フィナルフィン王家の統治していたドルソニオンへ定住し、アングロドアイグノールに仕えた。後にベオルの曾孫であるボロミアはドルソニオンのラドロス地方の統治権を与えられた。

ダゴール・ブラゴルラハの合戦が起きると、最前線で突然の襲撃を受けたドルソニオンの地はモルゴスの火の川に焼き尽くされ、族長のブレゴラスを含むベオルの族の戦士たちの大多数は彼らの主君であるアングロドアイグノールと共に討ち死にした。生き残った者のうち、女子供は族長バラヒアの妻エメルディアに率いられてハレスの族が住むブレシルや、ハドル家ドル=ローミンへと逃れたが、バラヒアに率いられた男たちはドルソニオンの無宿者となって踏み止まり、タルン・アイルインの湖畔を隠れ家としてモルゴスの勢力と戦い続けた。
だがついにはサウロンの策略により隠れ家を発見されて全滅し、バラヒアの息子ベレンだけが生き延びてドリアスへと逃れた。

ベオルの族の有名人物

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 「やから」なんていうから、最初は悪い奴かと思っちゃったよ。よくよく考えたら「輩」と違って悪い意味はないんだよね。 -- 2010-12-17 (金) 14:47:49
  • 「ベオルの族の有名人物」にディオルは入らないのか... -- 2010-12-18 (土) 13:07:49
    • 半エルフは純粋な人類でもありませんからね。 -- 2010-12-18 (土) 18:22:50
  • なんかもう語り尽くせないほど悲劇の血族でもありますが、第一紀末に勇者を次々と輩出したのは物凄く大手柄だと思いました。 -- 2013-11-04 (月) 12:57:44
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 本文中では「家(House)」が族長の家系とそれに連なる血族、「族(People)」が族長家の直接の血族以外のいわゆる郎党も含む語として使い分けられている

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-03 (月) 00:27:11 (1544d)