ヘルム峡谷(きょうこく)

概要

カテゴリー地名
スペルHelm's Deep
その他の呼び名

解説

白の山脈奥谷にある狭く深い峡谷。奥谷の南側からスリヒルネに向かって伸びており、その入り口の手前はヘルムの門(Helm's Gate)と呼ばれ、ヘルムの堤防角笛城により守られている。また峡谷にはアグラロンドの燦光洞がある。

第三紀2758年の大侵略ローハン褐色人に攻撃された時、ヘルムらがこの地に撤退して抵抗したため、ヘルム峡谷と呼ばれるようになった。
第三紀3019年(大いなる年)の指輪戦争でローハンがアイゼンガルドの攻撃を受けた際も、セオデンらはこの地に籠城して抵抗した(角笛城の合戦)。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ヘルムの堤防は描写が省略されている。
アグラロンドの燦光洞は、角笛城のすぐ背後に位置関係が変更されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ヘルムズディープとか指輪関連の某商品に書いてあったからなんのことかと思ったら、ヘルム峡谷のことだった。 -- 2017-08-03 (木) 22:19:32
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-03 (木) 22:19:33 (201d)