ブリー村

概要

カテゴリー地名
スペルBree*1
異訳粥村(かゆむら)*2

解説

ブリー山の西側にある、ブリー郷でもっとも大きな村。東街道が山に沿う形で村の中を通っており、昔から様々な旅人が行き来する要所だった。
村には有名な古旅籠躍る小馬亭があり、そうした旅人たちの寄り場となっていた。ホビット庄東四が一の庄には「ブリー村で聞いた噂話のように奇妙な(Strange as News from Bree)」という慣用句があるという。
指輪物語』ではフロド・バギンズ一行が立ち寄り、躍る小馬亭にて馳夫と合流、一泊してから出発した。

ブリー村には大きい人たちの石造りの家が何百軒かありました。その大部分は街道より高い山腹に抱かれるように建っていて、窓は西に面していました。の西側には、山から出て山に戻る半円状の深い堀がうがたれ、さらにその内側には繁った生け垣がありました。街道はここで土手道となって、この堀と生け垣を横断していました。しかし街道は生け垣の線をつきぬけるところを大きな門で遮られていました。街道が村から出て行く南の隅にも、もう一つ門がありました。この二つの門は夜になると閉ざされましたが、そのすぐ内側に小さな門番小屋がありました。*3

街道の要衝

ブリー村は東西街道(東街道)南北街道の交差点の東にあり、交通の要所であった(もっとも北方王国の滅亡後、南北街道は滅多に使われなくなり、緑道と呼ばれるようになった)。

この土地には、時折ホビット庄ホビットが旅に来ることもあった(ただ第三紀末には非常に稀となっていた)。また青の山脈へ行き来する旅人(主にドワーフ)や、野伏たちも時折ブリー村に立ち寄っている。ガンダルフのような魔法使いが立ち寄ることもあった。そのためメリアドク・ブランディバックは著書『ホビット庄本草考』において、喫煙習慣の起源と広まりはここブリー村にあると推察している。

指輪物語』において

ガンダルフはこの近くで伝言を携えてきたラダガストに出会ったあと、躍る小馬亭バーリマン・バタバーフロドへ宛てた手紙を送るよう頼んでから、サルマンに会うためにアイゼンガルドに向かった。

フロドの一行は、古森塚山丘陵を抜けて東街道に出た後、トム・ボンバディルの勧めでこの村の躍る小馬亭に一泊する。そこで街道を見張っていたアラゴルン二世と出会うことになる。さらにナズグールがフロド達の襲撃を試みたため、村は一時騒然となった。

フロド達が立ち去った後、戦乱から逃れてきた難民が緑道を北上してやってくる。それにごろつきやならず者のようなよそ者が混じっていたことで治安が悪化、堪りかねた村人が年が暮れる前に彼らを追い出すと、新年早々に彼らは村に侵入し、乱闘騒ぎが発生した。
バーリマン・バタバーによるとこの乱闘騒ぎでヒースの足指のマットぶんぶんりんごのローリー突っつき茨のトム土手家のウィリー、および元村山の下の一人が殺されたという。彼の推測では侵入の手引きをしたのは山羊葉のハリーしだ家のビルで、この二人はよそ者の側に立って村から逃亡した。
これらの騒動の一因には、人知れずエリアドールの民を守っていた野伏指輪戦争に南征していなくなっていたことが挙げられる。(灰色の一行も参照)

そのため旅人たちが再訪した時、ブリー村は外の世界への恐れと警戒心から殺伐とした雰囲気であったが、ガンダルフはやがて西方の王の庇護下になり旧に復するだろうと請け負っている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

DVDのオーディオコメンタリーなどによると、フロド・バギンズたちホビットが(映画にとっては)初めてホビット庄を抜けて異界へと入った場所であり、大きな人(人間)と接触する場所であるため、威圧感、不安感があるように演出されたという。

映画『ホビット』における設定

『竜に奪われた王国』の冒頭の回想シーンで、旅をしてきたトーリン二世が立ち寄った場所として登場。躍る小馬亭へと入っている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるブリー村『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるブリー村『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるブリー村

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 新版のあとがきで田中氏が触れているように、粥村は英語のbreeの意味(眉、揉め事、スープ、煮汁)で訳してしまった間違い。正しい意味はブリー郷の項目を参照。 -- A3
    • 束教授がわざと2重の意味の言葉を使った、という考え方もあるようですけど・・・本当かな? -- A3
  • breeのbeerという洒落かと思ってました。 -- たー 2010-03-01 (月) 00:50:37
  • 映画版の、ここはいかにもならず者、ごろつきの巣窟みたいな感じで一刻でもこんなとこにいたくない。 後で原作を読んで正反対の描写でびっくり。 -- 斎藤チロン 2010-05-15 (土) 04:54:38
    • 確かに俺も後でおどろいたな。ただ、雰囲気的にはいいと思った -- 2010-05-22 (土) 08:54:07
    • 原作のブリー村は人間とホビットが仲良く暮らすのほほんとしたいいところだよね。 -- ピーチ番頭 2010-05-25 (火) 17:36:15
    • ブリー村の人間たちは基本的に善良なんだよね。 まあ、ろくでな羊歯みたいなはねっかえりのカスもいたけど。 フロド達が故郷へ帰省する際、立ち寄ったとき、バタバー親父が南から流れてきたごろつき共の抗争で、何人もの村人が殺されて死んだと嘆いていたっけ。 言い換えれば、それまで人が人を殺すような陰惨な事件はなかったととれる。 つまり、共に暮らすホビット並みに穏やかな連中だったということだろう。 ドワーフも立ち寄ることもある理想郷。 個人的にはもっとも住んでみたいところである。 -- 口臭吐鬼 2010-05-26 (水) 17:17:47
      • そんな中で、外部からの移民が入ると生活習慣の違いから必ずトラブルがおこるんだよ。 まして移民が品性下劣、傍若無人、おまけに悪意を持っているゴロツキまがいの連中だったら、どんな惨劇がおこるか予想がつく。 村人とゴロツキの衝突で村人側に七名の死者が出たが、被害がまだ、この程度で済んで良かったほうだ。 -- 2014-12-03 (水) 10:54:55
      • サウロンの得意の手だったのかもね。 難民に紛れ込ませて工作員を送り込んで、そこの民度、治安、文化を破壊尽くして、最終的に自分の奴隷にする。 中つ国の東方、南方も、この方法で征服されたのかもしれないね。 もしかしたら、ヌーメノール、ゴンドールが衰退したのも、直接的、間接的を問わず、同じ方法だったのかも。 -- 2015-11-11 (水) 10:24:15
      • ゴロツキ連中に暴れさせてから、サウロンが軍を派遣して鎮圧するのが妥当かと。 そうすれば、感謝して心服するから。 -- 2016-02-01 (月) 13:01:49
      • 破落戸の頭目が「生きる権利が俺たちにも、あるのだから、あんたらが棲家を提供してくれなければ、住む場所を自分たちで見つける。」と言ってたが、受け入れ先の好意に甘えるなら、ここの決まり事くらい守って欲しいわ。 -- 2016-06-24 (金) 01:21:43
    • 大きい人と小さい人がなかよく共存している村。PJもいる -- 2010-12-04 (土) 18:37:22
      • 「ニンジンの事はもう話したくない」:コメンタリーから -- 2010-12-05 (日) 03:29:19
      • PJのご先祖様もいる。 -- 2014-03-01 (土) 18:49:53
      • ニンジン食ってたね。路上で -- 2014-12-29 (月) 14:30:54
      • PJだけ普通の現代人みたいな風貌に見えますが… -- 2015-04-16 (木) 22:19:38
    • ここの人間は図体のでかいホビットだと考えたほうがいいかもね。 確かに理想郷だ。 -- 2011-07-28 (木) 09:57:11
  • バタバー家っていったいどれだけ続いてるんだ -- 2013-01-06 (日) 19:54:04
  • ホビット第二部で、またまたPJが登場していませんでした? -- 2014-03-08 (土) 13:40:03
    • 今回はどこにいるのかな?と思ってたら始まっていきなり人参齧りながら横切ってて笑ってしまいましたw旅の仲間のオマージュですかねw -- 2014-03-08 (土) 17:09:09
      • よっぽど気に入ってたのかな、あの時空を超えた不可思議キャラ。 -- 2014-03-08 (土) 17:38:01
  • どうしてもここで雨を降らせなきゃダメなのか… -- 2014-03-09 (日) 00:35:25
    • ブリー村には雨とPJが必須 -- 2014-03-10 (月) 12:52:05
      • にんじんへの熱いこだわりが -- 2014-04-02 (水) 10:55:01
      • ゲームにもニンジンを齧るPJがいた -- 2015-06-03 (水) 23:32:46
    • あの二人の人参男の関係は?親子、孫? -- 2015-04-16 (木) 13:28:34
      • 実はあの人参男は六人目のイスタリで・・・・・・ww -- 2015-04-16 (木) 21:57:24
      • あれがトム・ボンバディルですよ(うそ) -- 2015-11-29 (日) 18:37:53
    • 何者かに追われている緊張感や、長旅の途中感を演出するのに、雨を降らせるのはいい方法ですね。 -- 2015-04-18 (土) 14:48:06
  • 人間とホビットが仲良く暮らしている栄えた宿場町、というイメージがあったのであのスラム街のような表現はなあ・・・ -- 2016-01-28 (木) 01:00:49
    • 映画から原作に入ると描写の違いに、びっくりするよね。 別作品だと割り切って楽しむしかないか。 -- 2016-02-01 (月) 12:58:03
    • ホビット2部の方は雨が降ってるのとトーリンの周辺以外は割りと和やかだった気が -- 2016-10-25 (火) 22:00:20
      • いかにもセットの中で雨を降らせている感じだったね。 -- 2016-11-23 (水) 17:37:36
      • 遠回しに悪口 -- 2016-11-23 (水) 19:56:35
      • 屋外にセット作る必要性が無かったから・・・・ -- 2016-11-25 (金) 22:44:37
  • 映画ホビット第2部冒頭で、「ホビット庄の境:ブリー村」と紹介されていた。まるでホビット庄の端っこには「大きな人」も住んでいると誤解されそうな... -- 2016-04-28 (木) 10:31:36
    • ただ映画として見る人なら気にしないだろうし、映画をきっかけに原作を読むようになれば自然と映画との相違点を理解するようになるから問題ない -- 2016-04-28 (木) 11:13:22
    • ホビット荘の境にあんなごろつきの巣窟があるのはヤだな。 -- 2017-07-15 (土) 19:52:33
  • 映画のイメージだとドゥネダインが人知れず脅威から人々を守ってきたっていう物語の重要な部分と矛盾してしまいますね。 -- 2016-11-17 (木) 22:45:08
    • 雨が降ってたし、 -- 2016-11-17 (木) 23:12:03
      • 夜だったからね・・・昼や天気の日には原作通りの顔なんでしょう -- 2016-11-17 (木) 23:13:24
      • 木主なんですけどPJ氏の意図は分かるんですよ。ナズグルの襲撃という話の流れがあるので明るい雰囲気だと変になりますからね。 -- 2016-11-17 (木) 23:48:43
      • でも本編と関係が薄いホビットやゲームでも雨が降ってるという・・・・ホビット2部の方は大分和やかなムードだったけど -- 2016-11-18 (金) 02:36:15
      • 『ホビット』であまり雰囲気が違うと、10年前の映画に出てきたのと同じ町だとわかってもらえなくなるので、敢えて同じにしたのでしょう -- 2016-11-18 (金) 11:15:47
  • 映画でも良く晴れた昼間のシーンが見たい -- 2018-05-14 (月) 01:53:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 breeはケルト語(Wikipedia:ケルト語)で丘(hill)の意味
*2 旧版での訳
*3 旅の仲間』「躍る小馬亭で」 ブリー村の描写

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-14 (月) 01:53:30 (158d)