ブランディア

概要

カテゴリー人名
スペルBrandir
その他の呼び名跛者(Lame)、曲がり足(Club-foot)*1
種族人間エダイン
性別
生没年第一紀(465)~†(499)(享年34)
ハンディア(父)、ベルディス(母)
兄弟なし
配偶者なし
なし

解説

ハレスの族の族長ハンディアの息子。幼少時の事故が原因で片足が不自由だったことから跛者(はしゃ)と呼ばれた。大人しい気質で、金属より森を愛し、植物の知識を好み、癒しの術に秀でていた。
The War of the Jewels』によると、母はベオル家ベルディス。名は同名の伯父ブランディアに由来する。

父の戦死後、跡を継いでブレシルハレスの族の族長となる。ブランディアは戦うことよりも隠れることに一族が生き残る望みを繋いでいた。
当時ハレスの族は相次ぐ戦いの結果人数が減少し、アモン・オベルの山頂に防御柵で囲われた集落を築いて暮らすようになっていた。その地は族長である彼の名からエフェル・ブランディアと呼ばれた。

フィンドゥイラスの死を知ってハウズ=エン=エルレスで絶望のあまり失神したトゥーリンドルラス達がエフェル・ブランディアに搬送して来ると、ブランディアはトゥーリンが禍をもたらす者であることを予知しつつも彼を手当した。回復してトゥランバールを名乗るようになったトゥーリンがオーク退治で活躍すると、ブランディアは民の信望を彼に奪われた。

ハウズ=エン=エルレスで行き倒れになっていたニーニエル(ニエノール)トゥーリンが発見して連れて来ると、ブランディアは彼女を癒し、愛するようになった。だがニーニエルはブランディアを兄と呼んで慕いはしたが、心はトゥーリンに向けられていた。やがてニーニエルがトゥーリンに求婚されると、トゥーリンを恋敵と思う気持ちからではなく、彼の背負う不吉な宿命を予知していたがゆえに、ニーニエルにトゥランバールがフーリンの息子トゥーリンであることを明かし、結婚を思いとどまるよう助言した。この時ニーニエルは渋々助言に従ったが(トゥーリンはニーニエルからブランディアの助言を知り、機嫌を損ねた)、再度トゥーリンから求婚されると結局は受け入れて二人は結婚した。

後にトゥーリンブレシルを襲撃しに来たグラウルングとの戦いに出て行き、ニーニエルもその後を追うと、ブランディアは自らの民を見捨てて彼女の後を追った。
ブランディアはニーニエルを追ってカベド=エン=アラスに辿りつき、グラウルングとトゥーリンの死を知る(実際にはトゥーリンは生きており、気を失っていた)。そこでニーニエルは自分の正体(フーリンの娘ニエノールであること)と、トゥーリンが実の兄であったことを知り、ブランディアの制止を振り切って、彼の目の前でテイグリン川に身を投げた。ブランディアは事の顛末を知らせる為、民が待っているネン・ギリスへ向かうが、その道中でドルラスに出会った。ドルラスは戦いに消極的なブランディアを罵って、トゥーリンのグラウルング退治に同行したのだが、テイグリン川の流れに怖気づき、ずっと森に隠れていたのだった。ブランディアはドルラスと口論となり、殴りかかってきた彼を斬り捨てた。
ブランディアはネン・ギリスで待っていた民に、自分が目撃した悲劇的な顛末を告げたが、そこに目が覚めたトゥーリンが現れた。トゥーリンはニーニエルが実の妹ニエノールであったことを認められず、ニーニエルの死は彼女のことで自分を妬んでいたブランディアのせいだと思い込もうとして彼を罵り、対するブランディアはグラウルングの最期の言葉を引用してトゥーリンを禍をもたらす者と言い返した。そのためブランディアは激昂したトゥーリンによってグアサングで斬り殺された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • トゥーリンの悲惨な宿運の一番の犠牲者。って書くまでもないか。ホントに同情に耐えない・・・ニエノールと結ばれるのは心優しい彼であるべきでした。 -- 2007-11-06 (火) 01:26:35
  • かわいそう過ぎる…トゥーリンの到来以前にも不自由な体で民の上に立つ苦労を味わって来ただろうに。幸せになってほしかった。 -- 2013-04-21 (日) 00:49:45
    • 平和な時代だったら公明正大な名君として民から慕われていたかもしれないが、彼が生きていたのはモルゴスの配下が跳梁跋扈する凶悪危険地帯。 民も優しいが障害があって、頼りなさげに見える彼よりも実力があって統率力抜群のトゥーリンになびくのは、仕方がなかったのかもね。 -- 2015-03-04 (水) 14:44:12
    • ドルラスを斬り捨てた程だから、実力は無かったとは言えないけどね。 しかし、民からすれば、聡明だけど身体に障害がある者と神面獣心だけど身体壮健な者を比較したら、この時代だったら、やはり後者について行くのかな。 悲しいけど、見た目が第一なのかもね。 -- 2015-05-03 (日) 22:16:58
  • 彼の最後の言葉じゃないですが、来世(があれば)でニエノールと共に幸せになれるといいですね。。 -- 2013-08-11 (日) 21:35:12
  • サドル・ラバダルの事を少しは連想して、優しくしてあげればよかったのに。 -- 2014-02-02 (日) 17:27:42
    • なんで、こんな足萎えのもやし野郎が族長をやってんだとの思い上がり、侮蔑、優越感がトゥーリンにあったのだろう。 助けてもらったのにでかい面して、罵詈雑言を浴びせ殺害したのだから、オークと変わらんわ、コイツ。 -- 2015-03-04 (水) 14:52:05
      • 実際、こいつは森のオークだとぬかしてるんだよね。 襲った卑劣漢も悪いけど、そいつを裸に向いて辱めるまでは分かるが更に剣で追い掛け回すのは、まともな人間ではありえんわ。 そんな奴だから助けてもらったのを恩に着ず、こんなできそこないにと屈辱感を抱き続けた結果がこの惨劇だよ。 ブランディアは人として、助けた奴がこんな忘恩のクズだとは、その時に後悔しただろう。 -- 2015-03-29 (日) 18:05:46
      • 奴が現れてから、民の信用は奪われる。 想い人も奴に心を奪われたあげく、死亡する。 奴に正論を述べたら、罵詈雑言をギャーギャー喚き散らされる。 彼の最期の言葉、「君にはうんざりだ!!」 わかる気がする。 -- 2015-05-03 (日) 22:22:01
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 トゥーリンがブランディアを罵った時の蔑称

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-02 (火) 01:04:44 (42d)