• ゴンドールの執政家の祖、エミン・アルネンのフーリン(Húrin of Emyn Arnen)についてはフーリン(エミン・アルネン)を参照してください。
  • ゴンドールの統治権を持つ5代目の執政フーリン一世(Húrin I)についてはフーリン一世を参照してください。
  • ゴンドールの統治権を持つ14代目の執政フーリン二世(Húrin II)についてはフーリン二世を参照してください。
  • ミナス・ティリスの鍵鑰主管長、身の丈高きフーリン(Húrin the Tall)についてはフーリン(ミナス・ティリス)を参照してください。

フーリン

概要

カテゴリー人名
スペルHúrin
その他の呼び名サリオン(Thalion)*1、不動の(the Steadfast)、強固なる(the Strong)
種族人間エダイン
性別
生没年第一紀(441)~†(502)以降
ガルドール(父)、ハレス(母)、ハルディア(養父)
兄弟フオル(弟)
配偶者モルウェン
トゥーリン(息子)、ラライスニエノール(娘)

解説

ハドルの族の族長ガルドールと、ハレスの族の族長の娘ハレスとの間の息子。フオルの兄。妻はベオルの族モルウェンで、息子にトゥーリン、娘にラライスニエノールがいた。
第一紀人間エダイン)の英雄の一人。ドル=ローミンの領主で、ハドル家の事実上最後の当主であった。

「不動なる」を意味するフーリン・サリオンと呼ばれ、モルゴスですら覆し得ないほどの強固な意志の持ち主だった。だがそのためにモルゴスの呪いを受け、彼の一族に非業と破滅がもたらされることになった。このことはナルン・イ・ヒーン・フーリンすなわち「フーリンの子らの物語」に歌われている。

フーリンはやその父祖たちにくらべ、あるいは息子にくらべても背はそれほど高くはなかったが、疲れを知らず、耐久力があり、母方即ちハラディンハレスの血を享けて、身のこなしがしなやかで敏捷であった。*2

ガルドールハレスの間にはフーリンとフオルのふたりの息子が生まれた。三歳年長のフーリンは一族の中では小柄な方で、この点では母方の一族似といえたが、それ以外の面では祖父ハドルに似て、高貴な顔立ちに金色の髪、屈強な体軀に炎のごとき気性の持ち主だった。かれの中の炎は絶えず燃え続けており、また強い忍耐心をも備えていたのだった。北方の全ての男たちの中で、かれが最もよくノルドールの計画について知っていた。*3

ブレシルでの少年時代

フーリンと弟のフオルエダインの慣習に基づき、ブレシルで母方の伯父のハルディアによって養育された。ダゴール・ブラゴルラハベオル家が没落する以前には、フーリンとベレンは友人であったという。
ダゴール・ブラゴルラハの後の時代、16歳のフーリンと13歳のフオルは、ブレシルを襲撃に来たオークとの戦いに出陣するが、彼らは仲間とはぐれ、ブリシアハの浅瀬でオークに包囲された。しかしウルモの加護によって立ち昇った川霧に救われて敵の目から逃れ、それからディンバールをさまよっていたところをソロンドール大鷲達によって救い上げられ、ゴンドリンに送られた。

ゴンドリンへの滞在

フーリンとフオルトゥアゴンに受け入れられ、ゴンドリンに一年近く滞在し、エルフから様々なことを学んだ。だが二人は同族の元に戻ることを望むようになり、ゴンドリンの存在は秘密にすると誓い*4、トゥアゴンに別れを告げると、再び大鷲によって運ばれてドル=ローミンに戻った。フーリンとフオルは誓いを守り、自分たちが約一年間どこで何をしていたのかは誰にも語らなかった。

ハドル家の当主として

ガルドールエイセル・シリオンの包囲戦で戦死すると、フーリンはハドル家を継承してフィンゴンに仕えた。またダゴール・ブラゴルラハの際にドルソニオンから逃れてきたベオル家モルウェンを妻とし、トゥーリンラライスニエノールの父となった。

ニアナイス・アルノイディアドでの悲劇

フーリンは、ニアナイス・アルノイディアドと呼ばれることになる戦いに、フオルと共にドル=ローミンの軍勢を率いて参戦した。その大乱戦のさなかにフーリンはトゥアゴンと再会したが、ウルドール東夷の裏切りによって部隊は崩れ、フーリンの部隊は撤退するトゥアゴンの部隊の最後衛を守った。彼らはセレヒの沢地にまで退き、フオルも他の者も全て討ち死にした中で、フーリンはただ独り斧を振るってゴスモグの護衛のトロルたちと戦い続けた。だが遂にフーリンは、自らが切り落としたオークたちの腕に埋もれて身動きが取れなくなったことで捕らえられ、ゴスモグに引きずられてアングバンドに連行された。
フーリンはモルゴスの前に引き出されて尋問されたが、モルゴスを歯牙にもかけず嘲った。するとモルゴスはフーリンやフーリンの家族を呪った。フーリン自身はサンゴロドリムの高みにある石の椅子に座らされて金縛りにあわされ、モルゴスのねじ曲がった目と耳によって中つ国の出来事を知ることになり、エルフ、特にシンゴルメリアンへの憎しみが増大されるように仕組まれた。

釈放後、不幸をもたらした行動

フーリンはトゥーリンの死の一年後(アングバンドに囚われてから二十八年後)に、モルゴスによって釈放された。フーリンはまず自身の領国ドル=ローミンがあったヒスルムに向かったが、ヒスルムまでの道中ではアングバンドの兵たちが護衛に付き、モルゴスから重要人物として礼遇されているように見えた。そのため東夷はフーリンに手を出さずヒスルムの地を自由に歩かせ、ハドルの族の生き残りは彼を避けた。

フーリンは再びゴンドリンに行くことを望み、ヒスルムを去って、かつてソロンドールに見出され救い上げられたディンバールに入り、エホリアスの麓に来た。フーリンの姿はソロンドールに発見され、トゥアゴンに知らされたが、フーリンがモルゴスに屈して間者になったのではと恐れたトゥアゴンは、フーリン救出を躊躇した。その後考えを改めたトゥアゴンは大鷲たちにフーリンを連れて来るよう命じたが、遅すぎて彼らはフーリンを発見できなかった。
一方、ゴンドリンを発見することができず絶望したフーリンは、ゴンドリンがあるはずの方角に向け、トゥアゴンを呼んで叫んだ。その声はモルゴスの間者に聞かれ、モルゴスにゴンドリンのおおよその位置を知らせてしまうことになった。

その後フーリンは、眠りの中で妻モルウェンの嘆きの声を聞いたため、声がする方へ向かい、カベド・ナイラマルスにあるトゥーリンニエノールの墓石(不運なる者たちの墓石)に辿り着いた。この場所でフーリンはモルウェンと再会して彼女の死を看取り、墓石のそばに葬った。

それからフーリンはナルゴスロンドの廃墟へ赴き、トゥーリンを裏切った者への復讐として、ナルゴスロンドに住み着いていたミームを殺した。そしてナルゴスロンドの大量の財宝の中からナウグラミーアだけを持ち出してドリアスへ向かい、アイリン=ウイアルで国境警備のエルフに捕えられ、メネグロスに連行された。
シンゴルの御前でフーリンは、トゥーリンモルウェンニエノールがシンゴルによってドリアスから追放されたというモルゴスの目によって見せられた偽りのために怒りを滾らせ、妻子の保護への返礼と称してシンゴルの足許にナウグラミーアを投げ出した。だがその時フーリンは彼の言動を咎めるメリアンの言葉によって呪いから解放され、自分がモルゴスの目に惑わされていたことを悟った。フーリンは改めてナウグラミーアを自身の形見としてシンゴルに贈ると、ドリアスを去った。彼のもたらしたナウグラミーアはこの後のシンゴルの死とドリアス滅亡の原因となった。

最後にフーリンは目的も望みも全て失って、西海に身を投じたという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • モルゴスにゴンドリンの場所を教えることになってゴンドリンを滅ぼすことになってしまう、そしてナウグラミーアをシンゴルにもたらすことによってドリアス滅亡の切っ掛けを作ることになってしまう不幸の人物。
    • サリオンと呼ばれた彼にして、こういった不幸の元としてしまうとは、さすがモルゴス恐るべし。また、モルゴスのもとから運良く逃げ出せた者も仲間から忌み嫌われた、というのもわかるような気がした。 -- カイト
  • 生き残った彼がこんなにも恐ろしい不幸に見舞われることを考えると死んだ弟・フオルは幸せだった。
  • デビット・デイのトールキン指輪物語事典の中で、数えつくせぬ涙の合戦で一人でトロル70人を殺したととあり、強すぎ~ひょっとしてゴスモグより強いんじゃない・・などと思ったが、オーク70人の間違いだったのかな? -- ギャムリング
    • トロルでいいんですよ。 -- じゃがいも 2010-09-18 (土) 02:10:36
  • 初めて図書館でこのあたり読んだとき、泣きそうになった。あんまりだ。 -- 2007-10-07 (日) 00:29:40
    • 正しい事、己の義を貫き通したから報われるとは限らない。 現実世界もそう。  -- 2015-03-04 (水) 14:27:05
  • 釈放?された後のかれはまさに疫病神。かわいそうに・・・ -- サウロン 2009-06-24 (水) 19:40:48
    • 知らず、知らずにモルゴスの間者にされていたのかもね。 メリアンによって、呪縛は解除されたがそれまでは、彼の目と耳を通して今の彼の状況を判断できたのではないだろうか。 流石に彼の心の中までは覗けなかったけど、途中、ゴンドリンに向かって、彼が恨み言を叫んだ際、おおまかなゴンドリンの場所を知られてしまったし。 -- 2012-01-27 (金) 19:52:37
      • 彼の後をつけてきた間者が知らせたとなっていたけど・・・・ 。   -- 2012-01-27 (金) 21:23:51
      • あの辺りを徘徊する間者は、ソロンドール一党の大鷲に襲撃されてしまうからね。 やはり、自覚なしにモルゴスの遠隔カメラにされてしまったほうが妥当かも。 勿論、何故モルゴスが知りえたか知りようがないから、後から間者がつけて来て、状況を知らせたと思うが。 -- 2012-12-04 (火) 18:40:04
    • 物語の登場人物でもっとも報われないキャラクターだね。 結末があれなら、素直にモルゴスにチクればよかったような気が・・・・・・・・・ -- 2012-02-02 (木) 13:54:55
      • 最期にヴィンヤマールに置いてあったトゥオルの槍を見て希望を見い出すとの落ちもあってもよかったと思うが? -- 2015-07-15 (水) 13:52:21
  • 読んでいてミームとの邂逅の後に和解があると面白いと思ったのですが、あの時点ではそんな話の流れではないしキャラクターでもありませんね。 -- ぬ 2011-06-03 (金) 12:39:25
  • 石の椅子に座らされている間の食事&下の世話は誰がやっていたのでしょうか? 下手に死なれても困ることを考えると、愚鈍なオークには任せられないでしょうから、奴隷女辺りでしょうか、それともモルゴス自身が・・・・・。 -- 2012-06-14 (木) 23:26:03
    • チューブ(若しくは触手)に繋がれてたんじゃないの?入り口も出口も。魔王の巣窟だし、太古の物語なんだからそういうオーパーツじみた仕掛けがあってもおかしくないと思う。 -- 2017-05-03 (水) 03:40:22
  • モルゴスに呪われる程の偉大な勇者だったばかりに、親子共々破滅の使者となってしまったのが何とも・・・(´;ω;`) -- 2013-03-22 (金) 14:18:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シンダール語で「不動なる者、強き者(Steadfast, Strong)」の意
*2 シルマリルの物語』「ベレリアンドの滅亡とフィンゴルフィンの死のこと」
*3 終わらざりし物語』「ナルン・イ・ヒーン・フーリン
*4 実際彼らは大鷲によって空を一気に運ばれたため、ゴンドリンの正確な位置は知らなかった。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-25 (火) 00:22:10 (51d)