フレカ

概要

カテゴリー人名
スペルFreca
種族人間
性別
生没年不明~†第三紀2754
ウルフ(息子)

解説

ヘルムマークの王だった時代の、西境の有力者。アドーン川の両側に広大な土地を所有し、その水源近くに本拠地を置いていた。マーク5代目の王フレーアウィネの末裔を自称していたが、実際には褐色人の血が多く流れていると言われ、現に髪は黒かった。
フレカはヘルムからは信用されなかったが、王の会議には招集されていた。彼はヘルムの事は歯牙にも掛けず、気の向くままに王の会議にやってきていた。

2754年にフレカは多くの手下を引き連れて王の会議に出席し、自分の息子ウルフの嫁としてヘルムの娘を要求した。だがヘルムに、特に肥満体型である点などを馬鹿にされたことで激怒し、彼を罵った。すると会議の後に、フレカはヘルムによって(宮廷内での私闘が法で許されていないため)エドラスの外へ連れ出され、ヘルムに殴り殺された。ウルフを含むフレカの近親者はヘルムによって王の敵と見なされ、国外へ追放された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 悪く言われているけど、人のことは気にしない、いい人だったかも。 ヘルムに対する態度も主君というよりも親類という気楽な間柄という感覚であり別に悪意は持ってはいなかったとは思う。 だがあの筋肉馬鹿はそれが気に入らなかったのだろう。 -- 2010-12-20 (月) 14:44:49
    • 確かに褐色人とのハーフでありながアイゼン地方を中心にローハン西部最大の諸侯だった事を考えるとロヒアリムにも結構人望が有ったのやもしれませんね。 -- 2010-12-20 (月) 21:46:32
      • ロヒアリムばかりか褐色人にも支持されていたかもしれない。 この人を仲立ちに立ってうまくやらせれば、後の対立はなく両者との関係は良好だっただろうに。 -- ももたる 2010-12-21 (火) 20:34:46
    • むしろ、悪意、偏見を持っていたのは、ヘルムのほうだったかも。 -- カンナ 2010-12-21 (火) 05:20:22
    • 自分たちがローハンを支えてやっているんだとの驕りがあったのは、事実だと思いますよ。 記述にもありますし。 ヘルムに殴り殺されなくても毛利元就に対する井上一党みたいに、いずれかは誅殺されていたかもしれませんよ。 -- 2012-01-02 (月) 19:31:22
      • 会議に来て息子の嫁を要求する行為にもある種の思い上がりが感じられるのは自分だけでしょうかね。 自分はこれだけの力があるし、あんたのためにも尽くしてやっている。 婚姻を結んで、縁戚関係を結べば、あんたにも利益があるんだぞ。 見たいな感じで。 それで、ヘルムはカチンときたのかもしれませんね。 -- 2012-01-04 (水) 21:23:49
      • 殺るなら殺るできちっと誅戮するべきなのに、後に禍根を残し指輪戦争のときサルマンと組んでローハンを苦しめることになるのを考えると・・・・・・。まぁ、何とかなったからよかったものの、やっぱりヘルムはちょっとなぁ。 -- 2012-01-04 (水) 23:54:52
    • 地図を見ると彼の領地はローハン内ではなく、ローハンを霧降山脈と白の山脈の間の丘陵地帯を挟んだ反対側にあるんだよね。 別にローハンに臣従しなくても自分達だけで独立していけるみたい。 フレカはお隣さんだから同盟して仲良くやっていこうと考えてただけかも。  -- 2012-04-12 (木) 18:12:45
      • むしろ、自分は褐色人の領主だと宣言して自主独立の道に進めば良かったのかも。 ローハンとの関係を絶ってゴンドールに臣従を誓って領地を安堵してもらう形式にすれば。 そうすれば、ローハンとの関係は犬猿の仲に陥ったかもしれないがゴンドールの諸侯となればおいそれと手出しされないし。  -- 2012-04-15 (日) 21:56:54
  • 脂肪のフレカと筋肉のヘルム。 お互い、相反する存在だったが故の悲劇か。 -- けつ 2010-12-20 (月) 16:08:59
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-19 (土) 02:13:35 (977d)