フレアラフ

概要

カテゴリー人名
スペルFréaláf*1
異訳フレアラーフ
その他の呼び名ヒルドの息子、ヒルデの息子(Hildeson)
種族人間ロヒアリム
性別
生没年第三紀2726~2798(享年72)。在位2759~2798(39年間)
ヒルド(母)
ブリッタ(息子)

解説

リダーマークの王
第9代
ヘルム
2741~2759
第10代
ヒルドの息子フレアラフ
第三紀2759~2798
第11代
ブリッタ
2798~2842

マーク10代目の王。ヘルムの姉妹ヒルドの息子。
2758年に褐色人を率いるウルフエドラスを占領してメドゥセルドでマークの王を僭称し、翌2759年にはヘルム峡谷に籠城していたヘルム王が死んだ。2758年から続いた長い冬が終わると、フレアラフは馬鍬砦から少数の部隊を率いて出撃し、メドゥセルドを奇襲してウルフを討ち取り、エドラスを奪回した。アイゼンガルドを占拠していた褐色人も冬による飢饉に苦しめられてフレアラフに降伏し、東夷は雪解けで発生したエント川の大洪水によって死ぬか撤退した。ベレゴンドから送られたゴンドールの援軍にも助けられ、2759年の終わりまでにフレアラフはローハンから褐色人を駆逐した。
その時、既にヘルムの息子であるハレスハマは死んでいたため、甥であるフレアラフがマークの王位を継いだ(マーク王家の第二家系の始まり)。

2759年のフレアラフの戴冠式の時、サルマンが贈り物を携えて現われ、ロヒアリムも彼を味方として歓迎した。同年にサルマンは執政ベレンによってアイゼンガルドを与えられ、そこに居を構えた。褐色人との戦いと長い冬の飢饉によって疲弊していた当時のローハンにとって、サルマンの存在は有益なものだった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ロヒアリムの王の第2家系の始まりですね -- 2011-03-01 (火) 19:58:07
  • 良いサルマンの時代。。。 -- 2011-03-02 (水) 07:47:49
  • 「ヒルデの息子」ってあるけど、これは父親がヒルデだったのか、それとも「ヒルドの息子」が正しいのか……? -- 2015-10-30 (金) 04:40:56
    • Hildesonはヒルドの息子(son of Hild)の意味らしい。ちなみに「青年王エオル(Eorl the Young)」みたいに、「ヒルドの息子フレアラフ(Fréaláf Hildeson)」が、追補編の「エオル王家」に載ってる王としての名前。 -- 2015-10-30 (金) 20:32:25
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 邦訳『追補編』の固有名詞便覧ではFréalafだが、Fréaláfが正しい。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-30 (金) 20:32:25 (969d)