フェンゲル

概要

カテゴリー人名
スペルFengel
種族人間ロヒアリム
性別
生没年第三紀2870~2953(享年83)。在位2903~2953(50年間)
フォルクウィネ(父)
兄弟フォルクレド(兄)、ファストレド(兄)、姉1人
娘二人、センゲル(息子)

解説

リダーマークの王
第14代
フォルクウィネ
2864~2903
第15代
フェンゲル
第三紀2903~2953
第16代
センゲル
2953~2980

マーク15代目の王。フォルクウィネの三男で第四子。
兄のフォルクレドファストレドゴンドールを救援するための戦いで討ち死にしたため、王位を継承した。だがフェンゲルは食物と黄金を貪り、子供たちとも配下の軍団長たちとも仲が悪かった。
後世では彼を賞讃をもって語る者はいないという。

ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

フェンゲルの残虐性を物語る逸話が追加されている。

王の治世の最後の年の冬、東ローハンのEntwadeで狩りをしていた折、王の野営地にウィルゲンデ(Wyrgende)という老婆が物乞いに訪れた。それに腹を立てた王はウィルゲンデの足に短剣を突き立て、夜の闇の中へ追い立てた。王は老婆を探し出して殺す遊戯を思いつき、部下たちは明け方に背の高い岩の前で死んでいるウィルゲンデを見つけた。岩の表面には王の短剣で呪詛の言葉が刻まれていた。

Feckless Fengel, fool I name thee,

Grief shall be the get of thy greed.

No lord of your line shall long live,

upon thy seat no son shall settle.

Kin and kingdom your craving hath killed,

Until the might of the Mark is mended.

Wyrgende.'

激怒したフェンゲルは老婆の死体を焼き、配下の兵に岩を砕かせようとした。王自身も岩に剣を叩きつけたが、逆に剣の方が砕け、破片が王の大腿に刺さった。やがてその傷が悪化し、春の最初の日に王は死んだ。

指輪戦争の時代、この石碑(The Stone of Wyrgende)は東ローハンの目印になっており、この石碑の呪いがセオドレドに降りかかかり、討死したのではないかとローハンの人々が不安を抱いている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 相当太っていたに違いない。 -- ホビット 2008-09-14 (日) 16:12:45
  • もともと、末っ子で相当、甘やかされていて、このまま何の気兼ねも責任も負わずに一生、悠々自適に過ごすつもりだったのだろう。 それがアニキが戦死したために仕方なく王位に就いてやったんだから、後は自分の好きなようにさせてくれという感覚だったんだろ。 ロクデナシである。 -- けつ 2010-12-20 (月) 16:23:45
  • オンラインの設定、ヘルムの方がまだマシに思えてきます -- 2018-07-23 (月) 00:29:33
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-23 (月) 00:29:34 (115d)