フィーリエル

概要

カテゴリー人名
スペルFíriel
異訳フィリエル
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1896)~不明
オンドヘア(父)
兄弟アルタミア(兄)、ファラミア(兄)
配偶者アルヴェドゥイ
アラナルス(息子)

解説

ゴンドール31代目の王であったオンドヘアの娘。『The Peoples of Middle-earth』によると、オンドヘアの第三子。
後にアルセダインの最後の王となるアルヴェドゥイに嫁ぎ、野伏の初代族長アラナルスの母となった。この結果北方王国の王家の子孫は、南方王国の王家の血も引くことになった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この人が北方に嫁いでくれなければ、後にアラゴルンは南方王国の王位につけなかったかもしれないキーパーソン。デネソール二世がアラゴルン二世のことを「イシルドゥアの家系からのみ出ている」(王の帰還・上 デネソールの火葬)と言っているのは、すでに狂乱していたか、故意に女系を無視したのでしょう。 -- カイト
  • この方は『トム・ボンバディルの冒険』に出てきます。確かエゼルロンドから船出していくエルフ達を見送っていました。 -- ホビット 2008-11-09 (日) 14:06:31
    • 『トム・ボンバディルの冒険』に出るフィリエルと、このフィリエルは同一人物ではないと思います -- 2008-11-16 (日) 07:27:34
      • 「フィリエル」という名前自体が「死すべき(有限の命の)女」という意味で、種族としての人間の呼び名の一つである「フィーリマール」と同じ要素からできているらしいです。『トム・ボンバディルの冒険』の詩の中では西の海の彼方に去っていく不死の妖精たちと対比させる意味で、此岸に生きる人間の娘の名前に使われているんでしょう。サムの娘エラノールの娘の名前でもあり、それはこの詩からとったものだと推測されると書かれています。 -- 2009-12-03 (木) 19:38:33
  • 北方王国最後の王に嫁いだとは、まさにギリギリセーフ。 -- 2009-06-30 (火) 09:53:23
  • 夫はフォロヘル湾で死んだけれどこの人はどうなったんだろう -- 2015-11-27 (金) 22:32:00
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-27 (金) 22:32:01 (964d)