フアン

概要

カテゴリー人名
スペルHuan
その他の呼び名ヴァリノールの猟犬(Hound of Valinor)、猟犬(the wolfhound)
種族猟犬
性別
生没年第一紀

解説

名は「猟犬」(hound)の意*1。強大な力を持ったヴァリノールの猟犬であり、何者もその視覚と嗅覚から逃れることはできず、いかなる魔術も彼を止めるには役に立たない。高い知能と高潔な心の持ち主でもあり、あらゆる生類の言葉を理解することができたが、彼自身は生涯で三度のみ口を利くことが許されていた。

元々はオロメの猟犬であったが、ヴァリノールでオロメの友であったケレゴルムに与えられる。ケレゴルムに付き従って至福の国から中つ国に渡ったことで、フアンもノルドールに課された滅びの運命に繋ぎ止められることになったが、同時に天が下にかつて存在したこともない強大なと戦うまでは死なないという運命を下された。

レイシアンにおいて、フアンは悪業にとり憑かれた主人のケレゴルムを見限り、ベレンルーシエンを助けて働いた。

レイシアンにおけるフアン

ベレンを追ってドリアスを出奔したルーシエンを見つけ、彼女をケレゴルムクルフィンの許に連れてきたのはフアンであった。だが二人は邪心を起こしてルーシエンをナルゴスロンドに幽閉したため、同情したフアンはケレゴルムに反してルーシエンを助ける。この時フアンはルーシエンに助言を与えるために初めて口を利き、彼女を幽閉から救い出した。

フアンはルーシエンを背に乗せてトル=イン=ガウアホスに赴き、島に巣食っていたドラウグルインをはじめとする巨狼を次々と仕留める。そこでサウロンはフアンに課せられた運命を思い出し、自ら史上最大の狼に姿を変えることでフアンを倒そうとした。サウロンの力は強大であったが、ルーシエンの眠りの魔術とフアンの力のために、ついにサウロンはねじ伏せられて敗退した。こうしてルーシエンは島に囚われていたベレンを救出する。

その後フアンはケレゴルムの許に戻ったが、主従の愛は旧には復さなかった。
ケレゴルムとクルフィンがナルゴスロンドを追放された時、主人に付き従ったのはフアンただ一匹であった。だがその二人がブレシルの森で行き遭ったベレンを殺し、ルーシエンを連れ去ろうとした時、フアンは完全に主人への奉公を止める。フアンはベレンを殺そうとしたケレゴルムを阻み、去り際にクルフィンが放った矢からルーシエンを守った。さらに森から薬草を探してきて、ベレンの負った矢傷をルーシエンが癒やすのを助けた。
ベレンが単身アングバンドに向かおうとすると、フアンは再びルーシエンを背に乗せて彼に追いつく。この時フアンは二度目となる言葉を発し、もはやベレンとルーシエンの運命は一つであり、二人で共に難題に向かうべきであるとベレンに助言。また自分とはドリアスで再会することになるだろうと予言し、二人と別れた。

やがてその言葉の通り、大鷲に運ばれてアングバンドから生還した二人とドリアスで再会する。ベレンはカルハロスに片手を食い千切られて死に瀕していたが、フアンはルーシエンと共に再びベレンを介抱し、彼を死の淵から救い出した。
そして、ベレンの片手ごとシルマリルを飲み込んだカルハロスがドリアスに侵入すると、シンゴルの結成した狼狩りの一行にフアンも加わる。エスガルドゥインの滝の傍らにおいて、ついにフアンとカルハロスの戦いが行われ、運命に定められていた通り、フアンはこの史上最強の狼と相討ちになって果てた。

最期にフアンは三度目となる口を利き、ベレンに別れを告げて死んだ。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 大きさはどの位だったんでしょ? あのカルハロスとタイマン張れるくらいだから、ワーグくらいはあったんですかね。 -- 2014-02-10 (月) 22:39:51
    • カルハロスは(理論上は)アングバンドの入り口に入りきらないほどだったそうですから、ワーグよりもずっと巨大だったと思います。フアンの場合、運命による加護があったからこそ勝てたのかも・・・? -- 2014-02-16 (日) 22:33:52
      • 悪のモロってところでしょうか・・・ -- 2014-02-18 (火) 09:55:48
  • 犬種と毛色を知りたいところですね… -- 2014-02-16 (日) 01:47:23
    • アイリッシュ・ウルフハウンドという世界最大級の犬種は、単独で狼を狩ることもできるそうです。ひょっとしたら彼らがフアンのモデル(もしくは遠い遠い子孫)なのかもしれませんね -- 2015-03-12 (木) 16:36:44
    • フアンさん・・・私めのイメージでは、記憶を失い熊軍団を相手にひとり縄張りを守り続けていた頃のリキと、赤カブトとの最終決戦に望んだ頃の銀を足して二で割らない感じです。 -- 2017-06-10 (土) 21:13:28
      • そういや流れ星銀ってどっかの国でえらく受けが良いんだよな。北欧だっけ? -- 2017-06-10 (土) 22:09:52
      • 銀と北欧、どちらも赤いクマさんと張り合ったことがあるので共感を得たのでしょうね。 -- 2017-06-12 (月) 10:43:18
  • やっぱりマイアだったのかな? -- 2014-02-16 (日) 22:34:15
    • HoMEだとフアンがマイアである可能性にも触れています。ただ確かcould beとしていたので、必ずしもマイアとは言えないようです。 -- 2014-02-16 (日) 22:40:12
      • ありがとうございます、まあそうなんでしょうね~。 -- 2014-02-17 (月) 00:09:53
  • ベレンとルーシエンにトールキンが自分と奥さんを投影してたとすると、フアンにあたる飼い犬もいたのだろうか。 -- 2014-03-22 (土) 15:02:49
    • 教授は犬派だろうな。敵も味方も猫は殆ど出てこないし -- 2016-08-29 (月) 01:32:23
      • ペルシエルの猫とか、悪いイメージ。 -- 2016-08-29 (月) 03:02:44
      • シェロブも猫に例えられたりしてたな -- 2016-08-29 (月) 11:32:13
  • 最後の別れを告げるために口を開いたっていうのが、なんかぐっとくる…。 -- 2014-04-03 (木) 16:17:55
  • 三十メートルくらいはありそうだ -- 2015-04-05 (日) 20:54:52
  • 俺の中では白いゴールデンレトリーバーのイメージ -- 2016-08-13 (土) 01:07:09
    • むしろマスティフとか土佐犬みたいな襞の多い猟犬みたいなイメージかも。ワーグが狼型でシュッとした外観だからそれと対になる感じで -- 2016-11-24 (木) 21:49:40
  • グレートデンとかジャーマンシェパードとか -- 2016-08-18 (木) 02:30:43
    • アラスカン・マラミュートのイメージかなー -- 2016-11-25 (金) 10:14:18
  • ペットにつけてみたいけど響き的にできない -- 2016-11-24 (木) 19:54:10
    • じゃあ、カルハロスの方で -- 2016-11-25 (金) 10:12:32
    • スペイン語圏では普通の名前だけどね。綴りは違うけど。 -- 2017-06-10 (土) 20:05:39
      • するてえと、ジョンとか ヨハンとか ジャンとか イオアンとか ジョバンニとか さんじゅあん様とかも・・ -- 2017-06-10 (土) 21:30:39
  • 大きさは某ニャ○コ先生くらいのイメージ -- 2017-06-10 (土) 22:00:15
    • ふだんはじんめん犬さんみたいでいざというときには!! -- 2017-06-11 (日) 23:19:42
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』索引では「大きな犬」(great dog)とも訳されている

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-12 (月) 10:43:19 (402d)