ファロハイド

概要

カテゴリー種族
スペルFallohides*1
その他の呼び名

解説

ホビットの一氏族。最も数が少なかったが、大胆で冒険好きな気質を持つ。
ハーフットストゥアと比べてすらりとして背が高く、肌が色白で髪は金髪に近かった。エルフと親しく、森や林を愛し、また農耕より狩猟を好み、歌が巧みであったという。

彼らはアンドゥインの谷間から北へ向かい、第三紀1150年頃に霧ふり山脈を越えて裂け谷の北側へ出てにびしろ川を南下し、エリアドールに入った。ホビット庄を拓いたマルコブランコの兄弟もファロハイドであった。
第三紀末にも、トゥック家ブランディバック家といった強大な家系の中にその血が強く現れることがあった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 指輪の仲間の中ではピピンが唯一のファロハイドだったようです。あとの3人はいずれもハーフット。 -- ホビット 2008-12-28 (日) 17:47:52
    • あの当時はすでに三氏族の血はほとんど混ざっており、純粋な~というのはなかったように思われます。受け継いでいるという点では四人全員ともにファロハイドの血が流れていた模様。 -- 2008-12-28 (日) 21:57:56
  • ブランディバック家はストゥア族だからメリーとフロドは・・・・ -- 2010-09-16 (木) 16:48:14
  • ドラゴンランスで言えばケンダーかな? -- 2010-11-06 (土) 15:38:20
  • シルマリル読んでからだと「教授は種族を三分する事に特別な執着でもあったのかな」と思ってしまう。ヴァンヤール・ノルドール・テレリにしても、ベオルの民・ハドルの民・ハレスの民にしてもそう。 -- 2014-12-28 (日) 16:28:22
    • キリスト教では造物主は三位一体の教えがありますから、その影響でしょう。 -- 2015-05-30 (土) 09:05:33
    • 教授やキリスト教に限らす、印欧語族では三等分はありふれてますから、その踏襲でしょう。例えば北欧神話では人間の種族を貴族・農民・奴隷の三つとする説話がありますし、最初に生まれた神も三者です。ケルト神話でも完全数とされる3が神の1セットとされます。ギリシャ神話でも、神々の王は三世代、また人間の時代も三時代・・・というように。 -- 2015-05-30 (土) 10:09:56
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Fallohideは英語のfallowとhideから来ており、「青白い肌」の意

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-30 (土) 10:09:56 (997d)