ファルマリ

概要

カテゴリー種族
スペルFalmari
その他の呼び名海のエルフ(Sea-elves)

解説

大いなる旅中つ国を去り、アマンに到達したテレリ族に付けられたクウェンヤの名。「海のエルフ」とも呼ばれる。シンゴルの弟オルウェが彼らの王であった。
初めはオッセに引き留められ、長い間トル・エレッセアに住まっていたが、次第に二つの木の光に引き寄せられ、アマン本土に渡ることを望むようになった。そこでオッセは彼らに船を造る技術を教え、船が出来ると数多の白鳥に引かせて送り出した。
アマン本土では沿岸に築かれた港湾都市アルクウァロンデが彼らの都であった。

フェアノールがアルクウァロンデでオルウェに中つ国帰還への協力を要求した時、オルウェはこれを拒否したため、アルクウァロンデはフェアノールの指揮するノルドールに攻撃された(同族殺害)。ファルマリの白鳥の船は奪われて、後にロスガールで燃やされてしまった。
エアレンディルエルウィングがアマンに上陸した時、エアレンディルと別れて独りでアマンの岸辺を彷徨っていたエルウィングはアルクウァロンデでファルマリに出会い、ベレリアンドでの出来事の知らせを彼らにもたらした。エルウィングの言葉に同情したファルマリは怒りの戦いには参戦しなかったものの、ヴァリノールの軍勢を運ぶ船の水夫たちを提供した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • もしかしなくてもフェアノールの同族殺害で大虐殺されたテレリ水夫ってこの人達?そりゃあ、オルウェ王が中つ国への出陣を拒否るわけですな・・・ -- 2013-03-08 (金) 01:31:45
    • アマンにいるテレリ=ファルマリですから、その通りです。 -- 2013-03-08 (金) 01:35:04
  • あまりにもオルウェが可哀想でなりません -- 2014-06-05 (木) 17:30:25
  • 戦いの後は、沈み始めたベレリアンドに取り残された味方を救出する必要があるから、戦闘に参加せずに沖合いに停泊してるというのは正解だったのかも。実際に停泊していたという記述は無かったけど。 -- 2016-09-03 (土) 02:01:37
  • ヌーメノールとファルマリは角笛の代わりに法螺貝とか使ってそう -- 2016-09-03 (土) 02:02:37
    • ヌーメノールとファルマリの艦隊ってどっちが強いんだろう。 -- 2017-08-27 (日) 22:56:35
      • ヌーメノールでしょう。今までに見られたことのない史上最強の艦隊とまでHoMeの草稿によっては書かれてますし。 -- 2017-08-27 (日) 23:08:40
      • ヌーメノールの戦闘艦は初期人類文明を鑑みると戦闘機動時には手こぎだったと推定できます。一方ファルマリさん達の白鳥の船、足こぎだった可能性は完全には否定できないと思います。ヒトやエルフでは腕+背筋より脚部の出力は大きいので、戦闘時の機動性が筋肉の出力と正の相関があると仮定すれば、同等の規模の艦隊同士ではファルマリさんたちに分があると思います。もしかすると井の頭公園や万博公園や大濠公園のスワンボートは、はるかなときのかなたから ファルマリさんたちのおくりものなのかもしれませんね。 -- 2017-08-27 (日) 23:52:08
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-27 (日) 23:52:09 (352d)