ファラサール

概要

カテゴリー人名
スペルFalathar
種族不明
性別

解説

ヴィンギロトによるエアレンディルの西方への航海に付き従った三人の水夫のうちの一人(あとの二人はエレルロントアイランディア)。この三人はエアレンディルがアマンに上陸した後も船に留まり、その後別の船に乗せられて中つ国に送り返されたため、至福の地を踏むことはなかった。

種族についての設定

邦訳『シルマリルの物語』の索引には「アルヴェアニエンに住まうエルフ」とあるが、原書の本文や索引にそのような記述はない。三人の水夫の正確な種族は不明だが、エルフ人間と思われる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この人達はやっぱり人間だったんでしょうね。 -- ホビット 2008-12-30 (火) 12:50:21
    • 当時の人間に大して航海術があったとは思えない&恐らくシリオン出身という点から、(中つ国生まれの?)エルフだった可能性もあると思います。 -- 2009-06-25 (木) 21:38:46
      • たしかはっきりエルフと書いてありましたよ。 -- 2010-01-24 (日) 20:33:50
      • エアレンディルとエルウィングはエルフの血をひいていたためアマンに残ることを許されたが、3人はヴァラールの手で東へ戻されたと読みました。だとすると人間だったのでは? -- kkk 2011-06-08 (水) 16:10:06
      • マンドスの呪いがまだ効力を発揮していたから、アマンの地へ上陸が許されなかったのかもね。 エアレンディルとエルウィングは、シルマリルを携えていたことに加え、人間の血が入っていたから今後の処遇を決めるために特別に上陸を許されたのかもね。 -- 2012-01-01 (日) 20:49:06
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-09 (木) 14:29:50 (769d)