ピーター・ジャクソン

概要

カテゴリー関連人物・組織・団体
スペルPeter Jackson

解説

実写映画『ロード・オブ・ザ・リング』企画・脚本・監督。ニュージーランド出身。自主映画『バッドテイスト』で監督デビュー、『乙女の祈り』でヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞、アカデミー脚本賞にもノミネートされている。その他の監督作品に『ミート・ザ・フィーブル/怒りのヒポポタマス』『ブレインデッド』『さまよう魂たち』。妻はフランシス・ウォルシュ(実際には入籍はしていない)。
『乙女の祈り』以前はB級スプラッタ映画専門の監督として知られていた。

ジャクソンは、ラルフ・バクシのアニメ映画版『ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語』を見て『指輪物語』の存在を知り、その後原作小説を読む。バクシの映画は物語が途中で終わっていたため後編を望んでいたが、いつまでたっても制作されないため、自分で撮影することを考えた。
ジャクソンは最初、やはり自分が熱心なファンだった『キング・コング』のリメイクを制作したいと考えていたが、この企画は流れる(後に実現し、2005年に公開)。するとジャクソンは『指輪物語』の映画化企画を立て、製作会社に売り込みを始めた。
ジャクソンは当初『指輪物語』の映画を全2部作で制作するつもりであった。その案をミラマックスに持ち込んだが、ミラマックスは1部作にすることを要求。ジャクソンはこれを拒否し、新たなスポンサー探しを始める。彼はニュー・ライン・シネマとの交渉で、全3部作にして制作することを逆に提案された。
するとジャクソンは、2部作だった映画のシナリオを3部作に変更し、実際に映画化の作業に取りかかる。かくて『指輪物語』実写映画版が動き出すことになった。

『ロード・オブ・ザ・リング』の訴訟と『ホビット』監督問題

ジャクソンは、『ロード・オブ・ザ・リング』(1作目)の収益と分配利益が不当であるとして、ニュー・ライン・シネマを告訴。ニュー・ライン・シネマからは、訴訟の取り下げと引き替えに映画版『ホビットの冒険(ホビット)』の監督をオファーされたが、ジャクソンはこれを拒否。そのためニュー・ライン・シネマは、ジャクソン抜きで『ホビットの冒険』映画化を進めるとしていた。
だがジャクソンとニュー・ライン・シネマは和解にいたり、ニュー・ライン・シネマ製作、ピーター・ジャクソン製作総指揮で『ホビットの冒険』が映画化されることが発表された。
当初ジャクソンは『タンタンの冒険』の仕事などにより多忙のため、『ホビット』では脚本と制作総指揮に留まり、2008年4月に、ギレルモ・デル・トロが監督に就任することになったと発表された。だが制作の遅延によりスケジュールがあわなくなり、デル・トロは2010年に降板。その後、ピーター・ジャクソンが監督をすることになったと2010年10月に発表された。

カメオ出演

ジャクソンは、必ず自分の映画にカメオ出演している。
ロード・オブ・ザ・リング』ではブリー村のシーンに出演(外でにんじんをかじっている男)。
『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』では、角笛城で門が破られそうになっているとき、城壁の上で雄叫びを上げながらオークに槍を投げつける兵士として出演。
『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』スペシャル・エクステンデッド・エディションでは、海賊としてほかの大勢のスタッフも共にカメオ出演。レゴラスに矢を撃たれ倒れている。

ホビット 思いがけない冒険』では、エレボールから脱出するドワーフのひとりとして出演。門から出て避難するよう促すトーリン二世の前を横切っている。
『ホビット 竜に奪われた王国』では、冒頭のブリー村のシーンで、『ロード・オブ・ザ・リング』と同じく路地にてにんじんをかじっている男として登場。

袋小路屋敷には、ピーター・ジャクソンとフランシス・ウォルシュの肖像画が、バンゴ・バギンズベラドンナ・トゥック(ビルボの両親)として飾られており、オーディオコメンタリーによるとこれが『決戦のゆくえ』でのジャクソンのカメオ出演シーンとされている(ビルボが帰宅時に肖像画の位置を直している)。

その他の監督作品

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 近頃、原作と映画の関係が、三国志演義(=映画)と正史「三国志」(=原作)みたいな関係に思えてきました。 -- 2015-03-15 (日) 00:30:46
    • ホビットでは特に、映画のほうがエピソードを盛ってますもんね。こうして尾ひれはつけられる。 -- 2015-06-10 (水) 22:33:04
  • ホビットのようだと言われていたけれどいまはドワーフ。もっと老けたらオインになるような気がする。 -- 2015-05-14 (木) 19:30:22
  • ???「ピーター・ジャクソンじゃねーよ!!」 -- 2015-05-20 (水) 22:39:55
  • 人参齧男 - 槍投男 - 海賊 - 脱出石名工 - 人参齧男 - ? -- 2015-05-22 (金) 19:49:35
    • ダイン軍がオーク軍に対して盾を並べて陣形を組んだ後に雄たけびを上げてるドワーフもPJっぽい気がします -- 2015-06-10 (水) 01:29:55
  • ヴィゴ・モーテンセンがLotR撮影時の状況について批判してたけど、ホビットの後半2作の経緯を見れば的を射てると言わざるを得ない気がする -- 2015-12-01 (火) 12:10:26
    • もっとも、そんなゴタゴタを収束させて、最後はそれなりに高いクオリティの映画作品に仕上げているから凄いとも思うけど -- 2015-12-01 (火) 12:12:58
    • http://gqjapan.jp/entertainment/news/20140519/viggo-mortensen-criticizes-peter-jackson この記事ですね。でもモーテンセンの記憶違いなのか記事の編集によるものなのか、追加撮影が行われたことは既知のことですし、その後のことは批判というよりテクノロジーに頼らず自然を使った撮影をしてほしいというモーテンセンの願望のようにも見えます -- 2015-12-02 (水) 11:45:21
    • オタク青年のイメージが抜けないけれど、やはりスタンリーキューブリック的に完璧主義なのかも。それを通すためにも、最後まで責任持って撮っているのでしょう。 -- 2015-12-02 (水) 12:04:21
      • 完璧主義者はスタッフからは嫌われるからね。拘りすぎて細かい注文が多いし、スケジュールも予算もどんどん超過するし。 -- 2015-12-02 (水) 12:17:44
  • 【ピーター・ジャクソン、『ドクター・フー』監督就任を遂に表明!?】https://www.youtube.com/watch?v=9w6agKVUCTM -- 2015-12-02 (水) 12:19:30
  • 果たしてPJは映画という新たな宝玉を造ったアウレか、それともイルーヴァタール(トールキン)の被造物(原作)を醜くねじ曲げたメルコールなのか。どっちだと思います? -- 2016-05-30 (月) 18:17:21
    • あくまで個人的な意見だが、どちらかと言えば後者。 -- 2016-05-30 (月) 21:50:45
    • 相半ばってとこかな。LotRは全く問題がないわけではないが、よくここまで出来たなと思った。対してホビットの方は正直あまり評価できない。 -- 2016-05-30 (月) 21:59:16
      • イルーヴァタールの意向を無視して何か(ドワーフ/映画)を造った辺りアウレだろ。 -- 2016-06-01 (水) 14:32:42
    • 嬉々として脚色を加えたのか、本音では手を加えたくなかったのかどっちだ? -- 2016-06-01 (水) 10:10:36
  • 原作=史実で、映画=史実に脚色を加えたもの。という認識で良いんでしょうか? -- 2016-08-01 (月) 11:37:02
    • 原作が三国志であれば映画は三国志演義というかんじですかね?色々批判もありますが、これだけの大作を大衆が初見で楽しめる映画に仕上げたのだから立派だと思いますけどね -- 2017-11-05 (日) 15:56:39
  • めっちゃ出てるやん(笑)ニンジン好きやな(笑) -- 2017-05-25 (木) 23:19:18
  • ドラマ版監督してください -- 2017-11-14 (火) 22:11:19
    • アンチが沸くからそういう事言わないで -- 2017-11-15 (水) 00:15:33
    • どえらいプロジェクトになりそうだから、彼に任せるのが一番いいと思う。もしくは今度こそデル・トロか。 -- 2018-04-11 (水) 11:30:33
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-11 (水) 11:30:34 (42d)