パルランド

概要

カテゴリー人名
スペルPallando
種族マイアールイスタリ
性別不明
生没年不明

解説

(『終わらざりし物語』によると)五人のイスタリの一人で、青の魔法使い(イスリン・ルイン)。もう一人の青の魔法使いであるアラタールと同じく、元はオロメに仕えるマイアであったという。
パルランドとアラタールクルニーア(サルマン)と共に東方へ渡っていったが、後にクルニーアのみが戻って来た。パルランドが任務のために東方に留まったのか、あるいは任務に失敗して囚われたり殺されたりしたのか、任務を放棄したのか、一部の者が言うようにサウロンの下僕と化したのかは判らないという。

青の魔法使いには別の説もある。イスリン・ルインを参照。

Iron Crown Enterprisesによる設定

イスリン・ルインのうち、下級にある魔法使い。オロメだけでなく、ナーモニエンナの従者でもある。マンドスの民の倣いとして、悲嘆と死、魂の行方について通じていた。6フィート6インチ(約198cm)の身長があり、藍の瞳と黒髪を持っていた。衣の表側は海を表す深い青色(群青色)、裏側は紺色をしている。黒い杖を持っており、魂を肉体から引き剥がす指輪とそれを封じ込める耳飾りを付けている。

友人であるアラタールの希望で、共に使者として中つ国に赴くことになったが、次第に袂を分かち単独で活動するようになった。その脚は強壮で疲れを知らず、ガンダルフのように遠く広大な領域を旅した。しかし灰色の放浪者とは対称的に、パルランドは次第に使命を逸脱し、彼自身を崇拝する人々と共にある事を良しとしていった。パルランドが持つ死と闇についの深い見識は、個々のイスタリが持つ特性として彼自身が選んだ力だったが、これが青の魔法使いの堕落を招く一番の要因となった。パルランドは次第にこの特性を、恐ろしい言葉で人々の死と闇への恐怖を煽り、自らへ崇拝を集めるための道具として利用するようになっていった。指輪戦争を経て、サウロンの勢力が衰退するにつれ、パルランドの東方での影響力はより大きくなっていった。そして、その過程で彼の最大の好敵手となったのは、かつての友人アラタールだった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 結末はわからないが、あれだけ東方からモルドールに援軍が集結できたのを見ると、あんま有能じゃなかったのでは?
    • 自分の魔法がもてはやされるのを見て、浮かれちゃったのかもしれませんね。 -- 2011-03-13 (日) 21:05:11
  • ガンダルフ「青の魔法使いの二人は忘れた」 -- 2014-12-06 (土) 17:04:25
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 19:16:50 (675d)