パイプ草

概要

カテゴリー植物
スペルpipe-weed, weed
その他の呼び名ガレナス(galenas)、かぐわし草(sweet galenas)、西の人の草(westmansweed)、小さい人の葉(Halflings' leaf)、煙草(tobacco)*1

解説

ニコチアナの一種と思われる草。シンダール語ではガレナスと呼ばれる。ゴンドールではかぐわし草西の人の草などとも呼ばれていたという。
ホビットには乾燥させたこの植物の葉をパイプに詰めて燃やし、その煙を吸う習慣がある。そのため小さい人の葉とも呼ばれる。この喫煙の習慣はホビットを通じて中つ国北方を旅する人間ドワーフにも広まっていった。

ホビットはパイプ草を吸うことを(art)と称しており、しばしば吐き出した煙の輪を使った輪遊びをした。

歴史

「一例をあげればじゃ、」と、セオデンがいいました。「かれら(ホビット)が口から煙を吐き出すとは、予も聞いておらなんだぞ。」
「それは驚くにあたりませぬ。」と、メリーが答えました。「何故と申せば、これはわれらとしましてもほんの数世代前から嗜んでまいりました芸でございます故。初めて本当のパイプ草をその栽培園で育てましたのは、南四が一の庄長窪村の住人、角笛吹きトボルドにございます。わたくしどもの数え方でいいますと一〇七〇年頃のことでございました。トビィじいがどうしてこの植物を手に入れたかと申しますと……」*2

元々はヌーメノールから中つ国に渡ってきた植物と思われ、ゴンドールなどアンドゥインの谷間の下流域に多く自生していた。ゴンドール人はこの草を燃やして吸うことはせず、かぐわし草と呼んで、その花の香りを楽しんでいた。これら南方に自生している草の方が北方で栽培されているものよりも大きく、また香りも良いという。
その草が次第にゴンドールから南北街道を北上していったものと思われる。北方ではパイプ草は野生では育たず、風の当たらない暖かい場所でしか繁茂しない。

メリアドク・ブランディバックの著作『ホビット庄本草考』によると、パイプ草の煙を吸うことはホビットの発明と断言できる唯一の技芸であり、最初に始めたのはブリー村のホビットであるという。そしてこの喫煙の習慣は、大本を辿れば躍る小馬亭に行きつくといい、ここから旅の途中でブリー村を経由する人間の放浪者や野伏ドワーフといった北方の民に広まっていったとされる。(ただし第三紀末の時点で、ローハンゴンドールにまでは広がっていない。またエルフには喫煙を行う様子はない。)
ホビット庄暦1070年(第三紀2670年)頃、南四が一の庄長窪村角笛吹きトボルドがおそらくブリー村でこの草を入手し、ホビット庄で初めて純正のパイプ草の栽培を始めた。その後、南四が一の庄は長窪葉トビイ爺印南星印といった最上品のパイプ草の産地となった。ブリー村でも南丘辺印のようなパイプ草が栽培されていたが、質は南四が一の庄産のものには及ばなかったという。

ガンダルフもパイプ草を愛好していた。
白の会議でそのことを知ったサルマンははじめこれを嘲笑していたが、やがて自分でもパイプ草を試して愛用するようになり、草を入手するため密かに南四が一の庄の農園と取引するようになる(サルマンは自尊心のために、自分もパイプ草を使っていることを秘密にしていた)。指輪戦争メリーピピンアイゼンガルドの廃墟の中から長窪葉のパイプ草を発見したのはそのためである。
これがきっかけとなってサルマンはパイプ草農園を持つサックビル=バギンズ家などに影響力を及ぼすようになり、かれらはアイゼンガルドに軍需物資を密輸出していた一方、そこから人間のごろつきや機械などをホビット庄に持ち込み、水の辺村の合戦を招くことになった。

トールキンとパイプ

ホビットの冒険』『指輪物語』作中には何度もパイプによる喫煙の描写が登場するが、これは作者のジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン自身が大のパイプ党であった影響が大きく現れている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』および『ホビット』における設定

かなり柄の長い独特なパイプがデザインされ、劇中で何度も使用されている。
禁煙推進団体から「子供も見る映画に、喫煙シーンがあるのは教育上好ましくない」という抗議があったとピーター・ジャクソンらが語っているが、原作の描写や雰囲気を尊重し、劇中では多数のパイプを使うシーンが盛り込まれた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • はて、エルフ達にパイプ草を吸う習慣ってあったのか?「パイプ草を吸う習慣がドワーフや人間達にある」のは知ってるみたいだが、誰一人としてパイプを扱うシーンがないからエルフ自身は吸わないんだと思ってた。 -- 2013-07-23 (火) 17:38:17
    • アイゼンガルドで、レゴラスがパイプを吸っているはずです。「レゴラス」とは直接書いてないけど「一同」がパイプを吸っていたとあるので、レゴラスも含まれているはずでしょう。習慣としてよく吸っていたのかはわかりませんが -- 2013-07-23 (火) 17:43:38
      • 直後のレゴラスのセリフに「少なくとも君たち変わった連中が煙に身を包むのを止めれば霞も晴れるだろうよ」とあり、セリフの前にはレゴラスがその間ずっと空を眺めて小声で歌っていた、とあります。したがってレゴラスは吸ってません。その「一同」は「パイプを吸う一同」ということでしょう。おそらくエルフにはパイプの風習はないと思われます。『ホビット庄本草考』でも、エルフについてだけは書かれていませんし。 -- 2013-07-23 (火) 20:47:45
    • 試しに吸ってみた(そして盛大に咳き込んだ)エルフならいたんじゃ? -- 2016-09-04 (日) 21:24:01
  • 全世界的な嫌煙志向に負けずパイプ草を映画から削除せずに残してくれて本当にありがとうPJ -- 2015-01-04 (日) 00:43:47
    • と言う人がいる反面、「二度と原作に関わるな」と声高に叫ぶ人間がいるのが不思議 -- 2017-10-31 (火) 16:20:38
      • 尊重してくれた部分と、全く尊重されてない部分の比率+重要度の問題でしょう。 -- 2017-10-31 (火) 16:51:53
      • >二度と原作に関わるなと声高に叫ぶ人間がいるのが不思議   意味不明 -- 2017-11-02 (木) 21:38:39
      • >意味不明 シルマリルやアカルラベースの映画化が話題になる度に「PJにだけは関わってほしくない」とかしつこく書き込んでたのは誰だったかな? -- 2018-03-31 (土) 04:53:20
  • 映画ホビットの3作目では戦いが終わって日常に返る、みたいな場面で印象的に使われていましたね。セリフはなかったけれども感慨深いシーンでした。 -- 2015-01-04 (日) 03:51:31
    • トーリンを失って放心したビルボにガンダルフが声もかけられず、吸おうとしたパイプの着火にもたついていると、それにビルボもやっと気付いて穏やかになるんですよね・・・パイプ草は重要な小道具です。 -- 2015-07-22 (水) 16:00:17
    • そのシーンがあるからこそ、LotR冒頭でビルボとガンダルフが二人でパイプをふかすシーンがより感動的になった。ビルボの悲しみもようやく癒えたんだなって。 -- 2015-07-23 (木) 22:05:43
  • 映画ホビットでは冒頭からビルボがのんびりパイプを燻らせていて、冒険前のまだ世界を知らない若さが出ている。 -- 2015-07-22 (水) 02:44:15
  • 煙草は苦手だけどホビットがのんびりパイプ吸ってるのを見るとパイプ草なら自分も吸ってみたくなるwww -- 2015-07-22 (水) 12:19:04
    • わかる。子供のころは煙草吸う人は嫌いなのにガンダルフがパイプ吸う姿には憧れていた -- 2016-09-04 (日) 00:43:12
    • ドライアイス入れたら吸う真似ができるかも -- 2018-03-31 (土) 04:54:51
  • 中つ国の世界にも、病気・病死はあったのでしょうか。オークの毒矢とか毒蛇に咬まれたとかは別として -- 2016-09-06 (火) 22:44:45
    • 後世に影響を及ぼすような疫病が流行ったようだ、悪疫を。 -- 2016-09-06 (火) 23:10:23
  • 映画の撮影では実際に本物を吸ってるのかな? -- 2017-04-10 (月) 14:42:52
  • ロード·オブ·ザ·リングの影響でパイプを吸いたくなった -- 2017-05-25 (木) 22:02:25
  • 普段パイプへの着火はどうしているのでしょう?ホビット原作にはマッチが出てきますが、世界観にそぐわない気もします(設定が定まっていないころの名残り?) -- 2017-11-02 (木) 21:25:02
    • 現実世界のマッチと全く同じものとは限りませんし -- 2017-11-02 (木) 23:15:42
    • マッチ自体日本に入ってきたとき、それまであった附木(火種につけるとすぐ火が付くように硫黄を塗った木の箔)の一種とされて「西洋附木」とか呼ばれたらしいので、木切れの点火器具=マッチとしてもいいでしょう。 -- 2018-03-31 (土) 00:13:54
  • マッチだと思います 映画でもビルボが蝋燭に火を灯す時に使っていましたし あと世界観にそぐわないですかね?自分は結構合うと思うのですが -- 2017-11-03 (金) 12:54:49
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ホビットの冒険』での訳は「タバコ」。主に『ホビットの冒険』での表現で、『指輪物語』では二回しか登場しない。これはトールキンが、文章をイギリス的な英語で統一しようとした試みの一つと思われる。
*2 指輪物語 二つの塔』「アイゼンガルドへの道」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-31 (土) 04:54:51 (86d)