バルドール

概要

カテゴリー人名
スペルBaldor
その他の呼び名運拙き(the hapless)
種族人間ロヒアリム
性別
生没年不明~†第三紀2570
ブレゴ
兄弟アルドールエオフォール(弟)

解説

マーク2代目の王ブレゴの長子。本来は彼がマークの王位を継ぐはずだったが、黄金館の落成を祝う宴で、角杯を飲み干した上で死者の道を踏んでみせると誓い、第三紀2570年に死者の道に入って消息を絶った。
息子を失ったブレゴは悲嘆により早世し、王位はバルドールの弟アルドールが継いだ。

はるか後の第三紀3019年にアラゴルン二世灰色の一行死者の道を通過した際、道の中ほどにある秘密の部屋の戸口の前で彼の白骨死体が発見された。痕跡によると、バルドールは秘密の部屋の扉をどうしても開くことができず、最期には絶望に駆られて息絶えたようだが、何故彼がそこまでして扉を開こうとしたのかは不明。

アラゴルンは死者には手をふれませんでしたが、無言のまましばらくじっと見つめていた後、立ち上がって嘆息しました。「ここにはこの世の終わりまで、シンベルミネの花の咲くことはなかろう。」かれは呟くようにいいました。「九つの塚と七つの塚は今は緑の草に青々とおおわれているというのに、この長の年月、かれは遂に開くことのできなかった扉の前に横たわっていたのだ。この扉はどこに通じているのか? なぜかれは通ろうとしたのだろう? だれにも永遠にわからぬことだ!」*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 本当に、何がしたかったのか。 -- 2017-07-18 (火) 01:34:15
    • (恐らく酔った勢いとはいえ)角の杯で誓っちゃたので、取り消したら沽券にかかわるんでしょう。「若殿の盃は、軽いもんですなぁ」とか言われて家中に示しが付かない。 -- 2017-07-20 (木) 00:59:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 王の帰還』「灰色の一行、罷り通る」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-20 (木) 00:59:07 (307d)