バラド=ドゥーア

概要

カテゴリー地名
スペルBarad-dûr
異訳バラド=ドゥア、バラド=デュア
その他の呼び名暗黒の塔(Dark Tower)、ルグブルズ(Lugbúrz)、大いなる塔(Great Tower)、サウロンの砦(Fortress of Sauron)

解説

シンダール語暗黒の塔の意。暗黒語ではルグブルズと呼ばれる。モルドールにある冥王サウロンの大城砦。

それからかれの目はついに釘づけになりました。城壁に城壁を重ね、胸壁に胸壁を重ねて、黒々と、測りがたいほど堅固な、鉄の山、鋼の門、不壊石の塔、それをかれは見ました。これぞ、バラド=ドゥア、サウロンの砦でした。すべての望みが去りました。*1

構造

あの巨大な砦、武器庫、牢獄、大工炉をかねるバラド=ドゥア、 … かの暗黒の塔こそは何者の追随も許さず、へつらいを一笑に付し、己が時機を待ちつつ、己れの全盛と測り難いほどのその力に安住しているのでした。*2

ゴルゴロス高原に突き出たエレド・リスイの支脈の先端に建つ、幾重もの城壁と無数の尖塔からなる巨大な城砦。普段はサウロンが巡らす暗闇と霞に包まれているため、その姿を窺い知ることはできない。
壮大な西門からは西の方向にある滅びの山へ向かうサウロンの道路が伸びる。またモルグル道路アイゼン口へ向かう道路とも結ばれている。城砦の最も高い塔には「目の窓(Window of the Eye)」と呼ばれる、おそらくサウロンの居所に設けられた窓がある*3。この他にオーク黒坑と呼んで恐れる地下牢が存在する。

歴史

モルドール中つ国の拠点に選んだサウロンによって、第二紀1000年頃より築城が開始され、一つの指輪が鍛造された1600年頃に完成する。

最後の同盟の戦いでは、エレンディルギル=ガラドの軍勢によって、3434年から3441年に至るまで包囲攻撃を受けた。たまりかねたサウロンは3441年に自ら姿を現わし、滅びの山の裾野で二人の上級王に斃されたが、バラド=ドゥーアの土台は一つの指輪の力によって築かれていたため、同盟軍はこれを完全に破壊することができず、そのまま廃墟となって残された。

第三紀1980年にはナズグールがモルドールで暗躍し、サウロン帰還の準備を始める。やがてドル・グルドゥアから撤退したサウロンが2942年にモルドールに帰還、2951年に公然と名乗りを上げるとバラド=ドゥーアの再建を開始した。

大いなる年(3019年)には指輪所持者であるフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーが、それぞれ旅の途上でこの城砦の姿を垣間見ている。また指輪戦争の決戦となる黒門の戦いでは、この塔の副官であるサウロンの口西軍の大将たちの前に現われ、サウロンの言葉を伝えた。
一つの指輪が破壊されてサウロンの力が失われると、バラド=ドゥーアの土台に込められた力も消滅して、完全に崩壊した。

束の間かれが垣間見たのは渦巻く雲であり、その雲の中に聳え立つ数多の塔と胸壁が、小山のように高く、数限りない坑を見下ろして、堅固な山の台座の上に立っている姿でした。広大な裁きの館と地下牢、絶壁のようにそそり立った窓のない牢獄館、ぱっくり口を開けた鋼と鉄石(アダマント)の門――これらのものすべてが次の瞬間には消滅しました。塔は倒れ、山は崩れ、城壁は微塵に砕けて、みるみるうちに崩壊し消え失せました。*4

画像

トールキン作画によるバラド=ドゥーアのスケッチ

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

高さは2000フィート(約600メートル)の設定。その頂上には、サウロンの目が燃えさかっている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

一つの指輪破壊後の、崩壊したバラド=ドゥーアの地下部分に侵入することが可能になっている。
『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における崩壊したバラド=ドゥーア

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画ではオロドルインの北東方向にあったのが西に位置変更されている。 原作では苦労があったがサウロンの目、そのものを気にすることはなかったが映画版では常時、サウロンの目に監視される羽目に。 移動も大変になったろうな。 -- 2012-04-02 (月) 04:35:25
    • 位置から考えると山の西側のほうが死角がなくて監視し易いね。 原作だと山が死角になるからキリス・ウンゴルあたりは見えなくなる。 無論、そのためにキリス・ウンゴルの塔は監視のために必要となってくるが配置要員をオークにしたのは失敗だったね。 -- 2012-04-03 (火) 18:58:41
      • 原作のサウロンは物理的な視線で塔から監視しているわけではないでしょうから、死角も何もないのでは。アモン・ヘンなどはそれこそ距離といい方角といい、到底目で見て見える位置ではないですが、視線を巡らしていますし。 -- 2012-04-03 (火) 21:52:44
  • 映画のパンフレットだったかに中つ国最大の塔と書かれていました。そうだとしたらモルゴスが建造したウトゥノムよりもデカいってことになるわけですが、もし本当だとしたら、サウロンがモルゴスよりも凄いものを作ってやろうって気持ちがあったってことでしょうか? -- 2012-09-01 (土) 18:36:18
    • それはあくまで第三紀当時に限った話ではないかと思います。アングバンドの規模は明らかにバラド=ドゥアを何次元も凌いでいますし、ウトゥムノはそれよりさらに大規模であったようですから。 -- 2012-09-01 (土) 20:53:43
    • 別におかしくはないんじゃないの。ウトゥムノやアングバンドはあくまで超大規模な地下要塞であって、塔ではないもの。サンゴロドリムは形状から塔に例えられるだけで、実際は山だし。 -- 2015-07-13 (月) 17:35:22
  • スカイツリー並って凄いですね、、、 -- 2012-09-06 (木) 00:40:15
    • つまりスカイツリー最上階の展望台に登るとサウロンの気分が味わえるのかww・・・ -- 2015-01-13 (火) 14:13:14
    • 外国のWIKIや画像なんかだと3000フィートから5000フィートはあるって説もある -- 2017-04-25 (火) 22:36:42
    • 5000フィート≒1500メートル!・・ スカイツリーの1.5倍ある筑波山の2倍もある建物は、21世紀の未来人である私らの技術でも大変。もしかするとルグブルズはありあまるマグマの熱を活用して台湾新北市平溪天燈節と同じ原理で勃立してたのかもしれませんね。 -- 2017-04-25 (火) 22:51:26
  • アングバンドは山脈丸ごと要塞化だっけ?桁が違う -- 2012-11-06 (火) 22:26:17
    • 山脈丸ごとはウトゥムノでは?アングバンドはサンゴロドリムの山(といってもボタ山ですが)の地下に築かれたものだったような。 -- 2012-11-06 (火) 23:09:09
    • 山脈(鉄山脈)やサンゴロドリムは、あくまでウトゥムノ/アングバンドの付属施設ですね。これらの本体は地下に張り巡らされた洞窟要塞群です。 -- 2012-11-07 (水) 07:08:29
    • もしかしたら、霧降山脈も、付属施設だったかもしれませんね。 そうなると、大陸規模での超弩級要塞郡だったのでしょう。 -- 2012-11-07 (水) 19:13:32
      • 霧降山脈はオロメの進行を妨げるためだけに造られたものなので違うでしょう。もしウトゥムノ/アングバンドの付属施設だとしたら、ドゥリンの一族が呑気に繁栄してませんよ、 -- 2017-03-15 (水) 11:29:28
  • 映画板のバラド=ドゥーアは高さ1500mって設定のようですよ。映画で使われた模型のスケールから計算すると5000フィート越えるのだそうです。 -- 2013-07-23 (火) 03:21:20
  • グロンドもここで鋳て拵えられたのでしょうか?砦、武器庫、牢獄、大工炉を兼ねるとありますし。 -- 2015-02-13 (金) 21:27:18
  • アングバンドと違い内部構造は分からないんだね。 もしかしたら、アングバンドみたいに広大な地下空間があったのかも? -- 2016-02-26 (金) 11:23:33
  • 力がある者は高い塔を作りたくなるのだろうけど、階段の昇り降りは大変だったろうなあ。 -- 2016-02-27 (土) 21:09:20
    • サウロンの魔力で作られてる部分もあるし、その辺は何とかしてるんじゃないの -- 2016-02-28 (日) 17:55:11
    • 映画のガンダルフは、サルマンエレベーターであっという間にオルサンクの頂上に -- 2016-02-29 (月) 10:26:14
    • えっちらおっちら昇り降りしてるサウロンの口を想像すると笑える -- 2016-06-10 (金) 21:27:40
    • トロールの人力エレベーターだろうなあ -- 2016-08-16 (火) 11:25:27
  • 映画版のデザインは麓部分にもっとボリュームが欲しかった「城壁に城壁を重ね、胸壁に胸壁を重ねて」と呼ぶにはちとボリューム不足な気が -- 2016-09-25 (日) 23:30:48
  • 最も高い塔にある目の窓はサンマス=ナウアの入口と向かい合っている、ということは同じ高さだということ。サンマス=ナウアは地上3000フィート(約915m)のところにあるので、バラド=ドゥーアもその高さがあるということになる。 -- 2018-06-14 (木) 17:03:08
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「一行の離散」 一つの指輪をはめて視る椅子に座ったフロド・バギンズの視点
*2 指輪物語 二つの塔』「アイゼンガルドへの道」
*3 unfinished index』"Window of the Eye" - 'In the topmost tower of Barad-dur'
*4 指輪物語 王の帰還』「滅びの山」 サムワイズ・ギャムジーが目撃した崩壊するバラド=ドゥーア

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-14 (木) 17:03:08 (8d)