バギンズ家

概要

カテゴリー人名
スペルBaggins
種族ホビット

解説

ホビットの名士の一族。ビルボ・バギンズおよびフロド・バギンズ*1の属する家柄。
代々お山の近辺を住処としており、ビルボとフロドはお山にある袋小路屋敷に住む。分別くさく、安穏な暮らしをよしとする気質の持ち主が多い裕福な家系であるとされ、ホビットの間では好評を勝ち得ていた。トゥック家ブランディバック家とも親族に当たる。
バギンズ家の職業が何だったかについての言及はないが、特に職人や農夫のような仕事をしている描写がない一方で、地元の名士で裕福とされる事から、お山周辺の地主だったのではないかと想像される。

ビルボはバギンズ家でありながら、はなれ山への冒険を行い、ガンダルフドワーフエルフらと親しい交友を続けたことから、バギンズ一族の異端児として有名になった。その後継者のフロドも変わり者として有名だった。

ビルボもフロドも結婚せず、子を残さなかった。
ビルボの親戚であるオソ・サックビル=バギンズとその妻ロベリアの息子ロソ指輪戦争時、サルマン(シャーキー)に命じられたグリマ(蛇の舌)によって殺され、子を残さなかった。他にもビルボに従兄弟はいたが、ボルジャー家袴帯家足高家丸面家のものと結婚して、バギンズ家からは分かれていった。
フロドは袋小路屋敷など全ての資産をサムワイズ・ギャムジーに残してアマンへ去ったため、バギンズ家の資産はサムワイズの長男フロドから始まるお山の庭師家に受け継がれた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 衣食住に困ってないみたいだけど地主か何か? -- 2012-10-18 (木) 02:22:13
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 フロドの父はドロゴ・バギンズであり由緒正しいバギンズ家だが、母はブランディバック家プリムラであり、フロドは両親を亡くしてから遠いブランディ屋敷で育ったため、彼に遺恨のあるロベリアからは「お前はバギンズではなくブランディバックだ」と悪口を言われたことがある。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-22 (日) 04:24:58 (1248d)