ハレスの(やから)

概要

カテゴリー種族人名
スペルPeople of Haleth
その他の呼び名ハレス家(House of Haleth)*1、ハラディンの(やから)(People of Haladin)*2ブレシルの人間たち(the Men of Brethil)、ハレスリム(Halethrim)*3

解説

ベオルの族に次いでベレリアンドに到来したエダインの第二家系。「ブレシルの人間たち」とも呼ばれた。
森に住む民で、他の二つのエダインの氏族とは言葉も習俗も異質であり、中でも女の戦士が多くいることと、異人種であるドルーエダインと共に暮らすことで知られていた。エルダールや他のエダインとの意思疎通にはシンダール語を用いた。彼らの数はエダインの三つの氏族の中で最も少なかった。外見はベオルの族に似ていたが、身長においては劣り、知識の吸収にもさほど熱心ではなかった。力のある王侯に統治されることも同族が寄り集まって住むことも好まず、それぞれの家族ごとに散在して居住した。

ベレリアンドに到来した当初はハラディンの族と呼ばれており、エレド・ルインを越えて最初に辿りついたオッシリアンドの地では緑のエルフたちに冷遇されたため、北上してサルゲリオンに定住し、しばらくの間は安定した暮らしを営んでいた(カランシアの民は彼らをほとんど気に留めなかった)。
他のエダインに比べて氏族としての纏まりが弱く、サルゲリオン在住時までは世襲による族長というものを持たなかったようだが、オークの襲撃を受けた時は、必要に迫られてハルダドが統率者となり、彼が戦死した後、その娘のハレスが族長に選ばれた。以後ハラディンの族はハレスの族として知られ、ハレスの家系が族長の家系となったようである。
彼らはハレスに率いられてサルゲリオンから一旦エストラドに移り、さらに犠牲を出しながらも危険なナン・ドゥンゴルセブの地を横断してブリシアハの浅瀬を渡り、シリオン川以西へと移住した。ここで彼らはこれ以上ハレスに従うをよしとせず、各家族ごとに散在する暮らしに戻った者たちと、あくまでもハレスを慕い、彼女に付き従う者たちに分かれ、後者は再びハレスに率いられてブレシルの森に定住した。

モルゴスとの戦いでは彼らの本拠地ブレシルエダインの三家の中で最も長く持ち堪えたため、ドルソニオンベオルの族の生き残りや、タラス・ディアネン一帯の森に分散していた他のハラディンの族など、多くの者が逃れてきた。

ハレスの族の有名人物

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エダイン三家のうち、ハレスの族だけはエレスサール王に血が受け継がれていない。ヌメノール時代に母系で入ったかもしれないけど。 -- 2015-06-19 (金) 01:20:37
    • フオルの母はハルミアの娘ハレスですから、ドゥネダイン王朝にはハレスの族の血も入ってますよ。 -- 2015-06-19 (金) 02:21:36
    • あっ、そうなんですね。ご教示いただきありがとうございます! -- 2015-07-01 (水) 22:22:21
  • 特に記述がないところを見ると、最後の族長没後もエダインによる自治領を怒りの戦いまで死守していた? -- 2015-07-07 (火) 14:05:23
    • 怒りに戦いで参加した人間たちは彼らかもしれませんね。  -- 2015-07-11 (土) 12:47:00
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 本文中では「家(House)」が族長の家系とそれに連なる血族、「族(People)」が族長家の直接の血族以外のいわゆる郎党も含む語として使い分けられている
*2 「ハラディン」とは他のエダインの家系の場合と同様、始祖の名であるかもしれないが、物語の中には登場せず正確な由来は不明である。
*3 シンダール語で「ハレスの族」の意

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-11 (土) 12:47:00 (1045d)