ハルファスト・ギャムジー

概要

カテゴリー人名
スペルHalfast Gamgee
その他の呼び名ハル(Hal)
種族ホビット
性別
生没年ホビット庄暦1372~
山越村のハルフレッド(父)

解説

ハムファスト・ギャムジーの弟ハルフレッドの息子。サムワイズ・ギャムジーからみると従兄にあたる。山越村ボフィン旦那(Mr. Boffin)のところで働いている。

指輪戦争前のホビット庄で噂になっていた、北の沼地の向こうに現れる巨人の木男の目撃者のひとり。そのことは緑竜館でのサムワイズ・ギャムジーテド・サンディマンの会話の中で言及されている。サムワイズによれば、ハルファストは北四が一の庄へ猟に行った時、楡の木ほどの巨人が七ヤード(約6.4m)を一跨ぎで歩いているのを見たという。だがテドはおめえのいとことのハルはしょっちゅう見た見たいうでな。として取り合わなかった*1

ハルファストが見たという木男の正体がエントフオルンなのかは不明。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ホビット庄で「一日の金曜日」の表現が用いられる現実には起こりえない出来事として、「(ホビット庄で)木が歩く」ことが例示されており、木男の噂は虚言であった可能性もある。とありますが、これはあくまで「ホビット庄では木が歩くなどという話は(豚が飛ぶことと同様)本気にされない」という意味で、本編の記述にひっかけて例として上げられているだけで、ハルの話が虚言である可能性を示していることにはならないと思いますが。 -- 2016-04-09 (土) 14:23:30
  • そういえば『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』でこの話を元ネタにしてか、ホビット庄内でフオルンに遭遇するクエストがあった -- 2016-04-11 (月) 23:27:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 追補編』の「D ホビット庄暦」では、ホビット庄で「一日の金曜日」の表現が用いられる現実には起こりえない出来事として、「(ホビット庄で)木が歩く」ことが挙げられており、この手の話はまとも相手にされなかったようである

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-11 (月) 23:27:07 (679d)