ハラド

概要

カテゴリー地名
スペルHarad
その他の呼び名ハラドワイス(Haradwaith)、南方国(Sutherland)、太陽の国(Sunlands)*1

解説

シンダール語で「南、南方(the South)」の意。ゴンドールモルドールより南の地域を漠然と指し、その中で比較的北側は近ハラド、奥地は遠ハラドと呼ばれる。この地域に住む人間ハラドリムと呼ばれる。

「わしらそっちには行ったことない。だけど百リーグもあるっていうよ。そのうち決して静かにならない大きな水の見えるとこに出るっていうよ。 … それからその先にはまだまだ国があるっていうよ。だけどそこじゃ黄色い顔がとっても熱くて、雲がめったに出ない、そして人間はとっても荒々しくて黒い顔をしてるっていうよ。わしらその国は見たくないよ。」*2

地名

ハラドの歴史

ハラドにいつから人間が住み着いていたのかは明らかではないが、第二紀にはすでに原住民がおり、ヌーメノールサウロンとの係争地となる。

第二紀600年にはじめて中つ国の沿岸に現れたヌーメノールの船団が、第二紀を通じて最も頻繁に航海したのがハラドの西岸であった。『終わらざりし物語』によると、タル=アルダリオンが中つ国への航海を行った時に彼はハラドの港も訪れたという。
当初、ヌーメノール人は友好的な訪問者であり、ハラドの民をはじめとする中つ国の土着の人間はかれらを落日の彼方から贈物を携えて現れる神として崇めた。だがヌーメノールに影が育つにつれ、かれらはハラドの西岸を中心として無数の植民地を築き、やがて過酷な略奪者として君臨するようになる。
1800年頃からヌーメノールは恒久的な居留地を築き始め、その最大のものであるウンバールは2280年には大要塞と化した。

一方、1701年にエリアドールを駆逐されたサウロンモルドールに拠り、中つ国と南に勢力を伸ばした。
サウロンは人間の王侯に九つの指輪を分配してかれらを支配し、中つ国の人間の上に神として君臨するようになる。やがてサウロンの勢力はハラド西岸のヌーメノールの植民地にまで達し、両者は中つ国の覇権を巡って衝突するようになった。
そこで第二紀3261年、ヌーメノールの黄金王アル=ファラゾーンは大艦隊をウンバールに上陸させて、投降したサウロンを翌年ヌーメノールへ連行した。

しかしその後、サウロンの影響を受けて邪悪に染まったヌーメノール人はなお一層過酷な圧制者となり、ハラドの植民地から富を収奪する一方、人身御供をはじめとした忌まわしい邪教を中つ国に広めた。
第二紀3319年にヌーメノールは海中に没したが、没落を免れた邪悪なヌーメノール人は南方の植民地で生き残り、黒きヌーメノール人として知られるようになる。かれらの内ヘルモールフイヌアハラドリムの中で権力を握った。

そのため第三紀になってもハラドはサウロンの影響が強く、ゴンドールに敵対的であり続けた。
ウンバールはそうした敵対勢力の拠点としてしばしばハラドリムに奪われ、海賊がゴンドールを悩ました。指輪戦争では、ハラドの国々は公然とモルドールの属国として動いた。

終わらざりし物語』の「イスタリ」に収録されたある覚書きによると、ガンダルフハラドリム自由の民の側に引き込むべく、ハラドでも活動していたという。すなわち、『指輪物語』に登場するガンダルフの言葉として、彼は「南の国ではインカヌス」と呼ばれたとされているが、この「南の国」すなわち「南方(in the South)」がハラドのことだという。

ヌーメノールの民は没落以前に中つ国の遥か南の海岸まで足を踏み入れていたが、ウンバールより南の植民地は併合されたか、あるいはすでにヌーメノールサウロンに堕落させられていた人間が植民していたので、敵地となりサウロンの領土となった。しかし、ゴンドールに接した(ゴンドール人が近も遠もなくただハラド「南」と呼んだ)南の国はいくらか「抵抗勢力」へと転向させやすい地域であったが、同時にゴンドールに対する即戦力を手に入れる場所として、第三紀、サウロンがもっとも活発に働きかけた地域でもあった。使命の当初ガンダルフがこの地域に旅したのももっともである。*3

だが、別の覚書きではこれと全く異なる見解が示されている。

「南方では」の意味ははなはだ不明瞭である。ガンダルフは「東方」には行ったことはない、と主張しており、事実かれが旅し守っていたのは、そこに住むエルフ人間の大半がサウロンに敵対していた西の国に限られていた。こうしたほとんど未知の地域の異質の言語で、特に名付けられるようになるほど長く、ハラド(ましてや遠ハラド!)に旅し留まったとは考え難い。それゆえ、南方は(国力が最高潮に達し、版図が一番広かった頃の)ゴンドールに違いない。*4

Iron Crown Enterprises』による設定

ハラドを舞台にしたキャンペーンが展開する九冊のサプリメントが出版されている。

  • 『Court of Ardor in Southern Middle-earth』
  • 『Far Harad The Scorched Land』
  • 『Forest of Tears』
  • 『Greater Harad』
  • 『Hazards of the Harad Wood』
  • 『Shadow in the South』
  • 『Umbar Haven of the Corsairs』
  • 『Warlords of the Desert』
  • 『Pirates of Pelargir』

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 指輪物語は人種差別な発言が多い、有色人種蔑視だ、と息巻く人々も多いそうですがハッキリ言ってそうです。
    指輪物語では、南方人はオークよりも残忍など書かれたり、セオデン王が対決するシーンで白の怒りと黒の怒りがぶつかり白が勝った、なんてヒドイ書き方も。
    ただ、トールキン教授が当時の保守的なイギリス人だったという事を忘れてしまっては困ります。
    この時代のイギリス人の作家の作品を読むと大抵こんなモンです。有名な推理小説、ブラウン神父シリーズなどカトリック以外の宗教を全て邪教扱いで、黒人に敵意を持っているとしか思えない発言のオンパレードです。ニグ○なんて平気で使いまくりです。
    意識のズレと言ってすませる訳にはいきませんが、やはり時代の制約を無視して批難するのは行き過ぎでしょう。
    ジブリの方とか。
    • そうですよね。必死で否定している方もたまにいますけど。 -- 流那 2007-09-11 (火) 20:27:49
      • ただ、『白』『黒』などは、単に肌の色を指しているのではなく、影=黒いなどの連想から生まれたもので、人種差別とは無関係かもしれません(あくまで私の推測です)。 -- 流那 2007-09-11 (火) 20:30:31
    • 一見するとそう見える描写があるのは事実ですが、実際にトールキン教授自身がそのような人種差別的信条を持っていたか、ということにまで踏み込むのであれば、もう少し慎重な考察が必要であると思います。物語として悪役を与えられているからといって、それが単純に作者の信条とイコールであるとは限りませんし、「当時の保守的な英国人」と一括りに評価すること自体も大雑把な類推でしょう。私からすれば、むしろそう見られることを避けようとしたと思しき描写を感じることもあり、人それぞれです。 -- 2010-01-22 (金) 17:49:34
      • すいません、長々と持論を展開して大雑把な類推でしょうとか言ってるのに最後には人それぞれとか言われても支離滅裂でわけがわからんのですが?? -- 2010-05-10 (月) 19:47:29
      • あと、「当時の保守的な英国人」と一括りに評価すること自体はどう考えたって別に大雑把でも何でもないですよ。むしろ当たり前。 -- 2010-05-10 (月) 19:52:14
      • 「人それぞれ」だからこそ、一面からの感想ではなく詳細な分析と根拠立てをした上で断ずるべきだ(つまり上記の言説にはそれらが欠けている)、と言いたいわけです。莫大な文中から「ヒドイ書き方」という一方的な部分のみを選択して取り上げ、その観点に反する描写は無視し、残りは一般論に終始しているからです。
        一括りな評価に問題があるのは、この場合「それがトールキンに該当するか」という前提がまったくノータッチである点です。他の大勢がそうであったという事は、トールキンもそうであったという根拠にはなりません。それを判断するには、まず「当時の保守的な英国人」なるものの定義を確認し、それをトールキンの実情と照らし合わせ、…といった過程を踏むほかありませんが、そこまでするなら(したなら)、そもそも一般論などを持ちだす必要はないわけです。
        以上の理由から、大雑把な類推だと申し上げました。 -- 2010-05-11 (火) 13:01:06
      • 返信ありがとうございます。自分の下らない理論に付き合ってくれて感謝です。ただ、私が言いたいのはトールキンに該当する可能性は高いということです。トールキンも当然常識というものがあったでしょう。論理的に考えれば、当時の常識的な考えと違ったとは思えません。実際、上記にはこの時代のイギリス人の作家の作品を読むと大抵こんなモンです。と書いていますし。それに、仮にトールキンが人種差別をしていたとしてもそれは問題にはなりえません。昔は魔女狩りの様なことが平気で行われていたのですからね。それに比べればはっきり言って人種差別ごときは問題ではありません。人種差別は今の時代にもごく普通に行われています。今の時代の人間でさえやるようなことをトールキンがやっていたくらいで問題にする人がいるとも思えませんし、それでトールキンの評価が下がるとも思えないです。それに指輪物語は人種差別な発言が多いという人がいるということはそういう描写が決定的にあるということになる。つまり、トールキンが実際にそう書いたのは事実なのですから、否定するのも難しいと思います。この世の中で大切なのは課程ではなく結果、そして重要なのは仮説ではなく事実です。描写そのものがトールキンが人種差別をしていたという証拠になるのです。 -- 2010-05-12 (水) 17:01:49
      • 「ゴクリは敵役で、登場人物が再三彼に対して露骨な嫌悪の情を示すのだから、トールキンはゴクリを嫌って書いていたに違いない」…などというのが事実ではないことは、作品を通して読んだことのある人間であれば誰にでも明らかでしょう。
        全体から特定の部分だけを抜き出して集めれば、それはどのような印象のものにでも「編集」できてしまいます(無意識にそうしたことを行ってしまう場合もあります)。これは「偏りのある標本」などと呼ばれる誤謬・詭弁であり、それは決して作品やましてや作者の全体像ではありません。
        それのみ見れば差別的な描写があるのは事実です。しかしそれを作者の差別意図の表れとするのは結論の導き方が誤っているということです。なぜなら、南方人はオークより残忍だなどと書かれる一方で、故郷からムリヤリ戦争に駆り出されたのかと書かれてもおり、東夷が裏切り者の敵として書かれる一方で、忠義を尽くすボールの一族も書かれています。また、高潔な味方として描かれるロヒアリムは、一方でドルアダンを狩猟感覚で迫害していたとも描写されます。
        もし本当にトールキンに言われるような差別意識があったのであれば、後者のような描写をするとは考えにくいことでしょう。
        最後に、本筋ではないので簡素な指摘にとどめますが、「トールキンも当然常識という…」云々も「差別的発言が多いという人がいるということは…」云々も多数論証の誤謬であって、論理的ではありません。 -- 2010-05-13 (木) 19:25:41
    • 原作ではムマキル使いはインド系。 さらにアフリカ系と思われる南方人については真っ黒で半分トロルの血をひいた、もしくは半分トロルのようだとの記述だと記憶しています。 東夷についてはドワーフに似た輩とあり対照的ですね。 -- けつ 2010-05-12 (水) 18:44:31
    • 他の小説も一緒なんだから別にいいなんて考えは都合よすぎだろ。信者的過ぎて気持ち悪いぞ -- 2012-01-24 (火) 18:48:42
    • 作品の主旨主題はそこじゃないだろ。 -- 2016-04-16 (土) 01:03:42
    • 原作はともかく、映画のハラドリムの扱いはむしろオマージュだろ -- 2016-06-04 (土) 23:14:58
      • 映画スタッフがはっきりと「アフリカの文化をモチーフにしてる」ってはっきりと言っちゃってるんだよね。その後で「アフリカ人に似せるつもりはなく、もっと謎めいた集団にしたかった」と言ってる辺り、方々で言われてたような差別する意図は無かったようだが。 -- 2016-10-10 (月) 01:19:50
  • ホビットってなんか東洋系っぽくないですか?(フォローになってない?) -- 2007-10-28 (日) 00:43:13
    • ハーフットはサクソン、ストゥアはジュート、ファロハイドはアングルに当たるようですが。 -- ホビット 2008-12-29 (月) 13:32:12
    • ホビットは基本的にアングロ=サクソンですよね -- 2014-11-10 (月) 07:35:18
  • 人種云々の問題はともかく、覆面の下の顔はどう見ても、欧米人でしたね。それはそれで「批判を回避するためだろ」と言われるでしょうが -- 2014-10-31 (金) 14:57:59
    • ファラミアがハラドリムの死体見て呟くシーンが有ったけど、欧米人には見えなかったけどなあ。 -- 2014-10-31 (金) 17:17:26
      • サモアの人っぽかったような -- 2015-12-15 (火) 11:47:35
  • ハラドにはトロルに劣らない怪力の人間がいるそうですが、モチーフはゴリラかも? -- 2014-11-15 (土) 08:46:36
  • 日本人にとってのハラドは琉球?(県民の方スイマセンm(._.)m) -- 2015-11-03 (火) 11:33:48
    • 東京都民にとってのハラドは大田区民? ってくらい意味ないわw -- 2015-11-03 (火) 21:44:42
    • 沖縄はむしろ西方では?日本人南方由来説というのもありますし。 -- 2015-11-04 (水) 00:34:18
    • まあそうだろうな -- 2015-12-15 (火) 11:10:27
  • 敵として描いてるからと言ってそれが何故、現代(20世紀以降)人に対する選民意識だという結論になるんだ?つい最近もレビューサイトでこの映画のファンを「おめでたい頭をした奴ら」と投稿した人がいたが。 -- 2015-12-18 (金) 20:42:03
    • 人種差別的だって批判する人達って、そういった描写の部分だけ取り上げて、それに反する部分(ボールの一族とかサムのスワート人に対する独白とか)は無いものとして扱ってるフシがあるんだよなぁ。ロクに読んでもいないくせして批判すんだから、どっちがおめでたい頭してんだって話だよ。 -- 2015-12-19 (土) 11:43:46
      • >それに反する部分←これすら「自分は差別してませんよ」って言い訳、言い逃れのために後から付け足したものだとか言ってる。 -- 2016-05-03 (火) 16:44:14
      • そう言ってきたら後から付け足したというソースを示せって言えばいいのよ。そう言うと大抵黙る。ちょっと知ってる奴は、ボールの一族はシルマリルの物語に含まれていて出版された年が1960年代だからって返してくるが、HoMEだと1930年代の草稿に既にボールの一族が出てくるんだな、これが。 -- 2016-05-03 (火) 18:58:51
      • >1930年の草稿に ←これは知らなかった -- 2016-05-13 (金) 12:28:03
    • まあケチつけないで楽しく読みたいよね。 -- 2015-12-19 (土) 22:30:05
    • 作者に言わせりゃ、物語を現実の写し鏡として捉えるような人間の心が汚れてるんだろうね。トールキンもオックスフォードの大学教授とアフリカ系市民が同格だとかは思ってなかっただろう。だからといって、無闇に他人種をなぶり殺しても罪に問われないとか、狩猟民をスポーツハンティングの対象にしても良いとも思ってなかっただろう。 -- 2016-12-25 (日) 22:27:31
  • 一度どなたかに削除されましたが、『終わらざりし物語』の引用の注釈に載せた一文あるいはこの「ゴンドールに接するただのハラド(南)」とは南ゴンドール(ハロンドール)のことを指している可能性もある。を再掲しました。理由は以下です。
    a.直前箇所に「北方」の南限は南は古のゴンドールと近ハラドの国境と書かれている。これは明らかにハルネン川の境界のことを指しているが、ということはハルネン川以南の近傍が「近ハラド」である。
    b.ところが、ガンダルフが旅した「南方」とはゴンドールに接した(ゴンドール人が近も遠もなくただハラド「南」と呼んだ)南の国だと書かれている。ということは、この「ハラド(南)」はゴンドールには接しているが、近ハラドとは異なる地域でなければならない。
    c.この条件に当てはまりうるのはハロンドールしかない。
    傍証として、同じ草稿でインカーヌスはハラドリムの言葉 … をクウェンヤに取り入れたものだと書かれていますが、これもゴンドールとハラドが混ざった曖昧な地域としてのハロンドールを意識した記述ではないかと思います。 -- 2015-12-22 (火) 18:11:12
    • Aはその通り。 Bは翻訳の問題で、原文ではBut the southern regions in touch with Gondor (and called by men of Gondor simply Harad "South", Near or Far)で、分かりやすく言うと「近ハラドも遠ハラドも含めて、単にハラドと呼んでいた」ということです。ゴンドール人にとってみれば、本来の国境のハルネン川より南の地は全部ハラドで、より近いハラドを近ハラド、より遠いハラドを遠ハラドと呼んでいた。ゴンドールに接していたハラドということなので、近ハラドあたりは仲間にできそうだったということでしょう。逆にウンバール以南のハラドはサウロンの領土だったそうですが。 Cは傍証としてはかなり弱く感じます。赤表紙本にあったインカーヌスの名を、セイン本の註釈ではそう説明されているというだけ。ゴンドールとハラドが混ざった曖昧な地域というなら、ウンバールもそうでしょう。『追補編』によると、ウンバールは西方語を母語とする地域に含まれ、ゴンドールの支配下だった時期もありますし、同族の争い以降は王位簒奪の疑いをかけられたゴンドールの王族たち(恐らくエルフ語の知識もあるであろう)の亡命先でもありましたし。 -- 2015-12-22 (火) 21:16:41
      • 訂正:ここでの文脈では、「ハラド」は近・遠含めてゴンドール以南(ハルネン川以南)から、ウンバール以南のサウロンの領土の間にある地域のことですね。ゴンドールと南のサウロン領の間の土地が八ラド(近ハラドと遠ハラドに分けられる)で、ここは対サウロンの勢力できたかもしれないから、ガンダルフが旅をしたと。ただし、アラゴルンの言った「星の光さえ違うハラドの遠い国々」は更に南の、南半球の土地のことで、故に「ハラド」はあいまいな言葉だ、という趣旨でした。 -- 2015-12-23 (水) 03:47:30
      • 書いた者です。なるほど、私が翻訳文を誤読していたようですね。原文確認の大事さを痛感しました、ありがとうございます。記事の一文は再度削除いたしました。 -- 2015-12-23 (水) 23:21:55
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 二つの塔』でサムスワート人がいる場所として言及する名。『Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、ゴンドール中つ国北西部において、この名は共通語やその他言語でも、遠い南の国々を指す一般的な名前とされる。
*2 二つの塔』「黒門不通」ハラド街道の先にある国について語るゴクリの言葉
*3 終わらざりし物語』「イスタリ」より、ガンダルフの異名と彼の行動範囲について
*4 同上

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-30 (日) 01:59:45 (537d)