ハムール

概要

カテゴリー人名
スペルKhamûl
異訳カムール、ハムル
その他の呼び名東方の影(Shadow of the East)、黒の東夷(Black Easterling)、副首領(Second Chief)
種族ナズグール(もとは人間東夷
性別
生没年~†第三紀3019

解説

終わらざりし物語』にその名が記されているナズグールの一人で、魔王に次ぐ存在。東方の影黒の東夷とも呼ばれる。
ナズグールの中では魔王に次いで一つの指輪の存在を感じ取ることができるが、日光に一番弱かったという。

死人占い師として知られていたサウロンは、第三紀2941年に白の会議の攻撃によってドル・グルドゥアからモルドールへ撤退したが、ハムールは2951年に、他の二人のナズグール*1と共にドル・グルドゥアを再占領するために派遣された。ハムールはそのままドル・グルドゥアの指揮官として留まり、あやめ野付近で一つの指輪の捜索を続ける。

3018年(大いなる年)、ハムールらは大河を越えてきた魔王達と合流して「一つの指輪を持つなんとか庄のバギンズ」を見つけ出すためにエリアドールへ潜入した。本編でハムファスト・ギャムジーマゴットに「バギンズ」のことを聞いてまわり、切株村にいたる道フロドらを追跡し、バックル村の渡しで取り逃がしたナズグールがハムールだとされる。

Iron Crown Enterprisesによる設定

ICE設定には、さらにハムールについての細かい情報がある。ハムールは本来の名をコムール一世(Komûl I)という。エルフアヴァリ)の血が流れる東方の人間の種族ウォマウ(Wômaw)の築いた国ウォマワス・ドラスのムール・タヌール(Mûl Tanûl、ムールはウォマウの全氏族を統べる神官兼上級王の称号)の息子として第二紀1744年に生まれた。当時はヌーメノール人がウォマウ領の植民化を進めており、略奪行為も行われていた。そうした彼らの専横に対抗する手段を求めて父王がアヴァリの助言を求めた結果、紹介されたのがアンナタールを名乗っていたサウロンだった。後にウォマワスの王となったコムールは、サウロンを崇拝するエルフの女性ダルダリアン(Dardarian)に誘惑され、九つの指輪のうちの一つを手にし、ナズグールになったという。その力でコムールはウォマワスを東方世界で最強の国に押し上げ、人々にサウロンへの信仰心を植え付けていった。だが、サウロンが最後の同盟との戦いに破れて力を失うと、コムールも忠実なる者の一派の援助を受けた従兄弟のアオーン(Aôn)のクーデターによって王位を奪われ、ウォマワスから去った。

画像

d618c1bdae7c467b35ce8a894ce48086.jpg

映画『ホビット』における設定

サウロンによって招集された9人のナズグールの中にいる、『ロード・オブ・ザ・リング』に登場した東夷と似た装備を纏ったナズグールがハムールとされており、2015年11月に出版された『The Hobbit: The Battle of the Five Armies Chronicles: The Art of War』および、『決戦のゆくえ エクステンデッド・エディション』メイキングで言及されている。最初にエルロンドと切り結んでおり、他の幽鬼よりも大きく画面に映し出されている。

また、ネット上では一時期、兜の形状が、ピーター・ジャクソンが仮装パーティーで被っていたクラウンのマスクと類似している事から彼が演じているのではないかと噂になった。

画像

『ホビット』におけるハムール(中央) 『ホビット』におけるハムール(左から三番目)

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

Lieutenant of Dol Guldur(ドル・グルドゥアの副官)という名前で、Morskorという恐るべき獣の背に乗り、ドル・グルドゥアに出現する*2。ハムールの名が出てこないのは、『終わらざりし物語』にしか出てこない固有名詞である「ハムール」の名をTolkien Estateが持っているために、Turbine社が使えないという権利上の問題のため。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 多分、不老不死にしてやるとか言って誘惑されたんでしょうな -- 2014-10-31 (金) 14:27:51
  • 項羽? -- 2014-11-08 (土) 01:21:32
    • 青の魔法使いたちの力を借りた漢の劉邦に追い詰められた楚の項羽、もしかすると四面楚歌の下、愛する虞美人を手にかけようとしたら虞、バァと堕エルフの姿に化け戻り、「わたくしの本当の名はダルダリアン、今ひとたびともに生きましょう。」とタイムワープして第二期1744年にめでたく誕生、堕エルフやサウロン達とひととき、楽しく過ごしたかもしれません。 -- 2015-02-21 (土) 00:58:34
      • なんでさん付け外したんだろう…… -- 2015-02-22 (日) 12:46:14
      • この人、文章の調子はいいんだけど不思議なくらい面白くないね -- 2016-01-26 (火) 01:29:37
      • ↑読んで頂きどうもありがとうございました。面白くなくて申し訳ありませんでした。おわびのしるしにもうこのサイトにはあらわれないことにしました。・・・あしたがくるまで。 -- 2016-01-26 (火) 20:29:52
      • まあそういわんとまた書いてください。90年台のラジオ番組を聞いていた老人には面白く感じることもあります。 -- 2016-04-11 (月) 00:18:40
    • 青の魔法使い=張良説 -- 2015-09-04 (金) 23:11:37
      • もしかすると青の魔法使いさんたちは、 張良さん → 荀彧さん+孔明さん → どっかほかのところにいっちゃった・・のかも。 -- 2016-04-01 (金) 21:39:55
      • 普通に太公望とか -- 2016-04-02 (土) 20:31:58
      • となるとハムールは紂王、ダルダリアンが妲姫、アオンが周武王か。太上老君とか伏義とかの方が近い気もするが。姜子牙はむしろ人間の魔法使い -- 2016-04-02 (土) 22:01:55
      • 孔明の後は武内宿禰→空海→南光坊天海だろ -- 2016-04-05 (火) 21:00:40
      • 太陽の第三期から今に至るまで青のイスタリさんたちの消息はとんと聞きません。が、ガンダルフさんがとっとと西に凱旋してまったあとも延々と東アマンで結構大きな仕事をいろいろ成し遂げていたのかもしれません。もしかすると、天海さんだった後しばらくお江戸でごほうびの休暇をのんびり過ごしたあと、大好きだった極東夷たちの幸せのため幕末は殺戮を最小限にとどめ植民地化を防ぐため働いてそれでも力及ばないとこもあるけど今もいて、あしたかあさって、きづかないうちにわたしらとどこかですれちがうのかも・・・ -- 2016-04-15 (金) 23:39:18
      • 投稿するのは構わないので、もうちょっと文章短くしてくれませんか? -- 2016-04-16 (土) 00:52:29
  • BoFAの予告編に出たナズグルらしき亡霊に東夷風の兜の男が混ざってましたが、彼でしょうか? -- 2014-11-15 (土) 14:27:23
  • 魔王が消滅したあと、黒門での戦いでは、この人が首領を務めたんでしょうか? -- 2015-02-22 (日) 03:07:59
    • 三人寄れば派閥ができると言うように、じつはナズグルも一枚岩じゃなく、けっこうギスギスした関係だったりして。「なんでアイツが俺より格上なんだよ!?」とか。 -- 2015-04-10 (金) 00:01:09
      • 魔王以外でもとがヌーメノール人の2人のナズグールと東夷のハムールの関係とかいろいろ大変かもしれない -- 2015-04-10 (金) 00:52:27
  • ホビット三部作には意外な人物が多数登場しますが、その中でも一番予想外の人物でしたね。余程のマニアでないと彼だと分かりませんが、ラダガストと同じかそれ以上のサプライズだったと思います。 -- 2015-04-09 (木) 22:43:04
    • エルロンドと最初に切り結んだりサルマンに突き飛ばされたあと崖をカサカサとよじ登って飛び上がり攻撃してたりと他のナズグルよりちょっとだけ派手な役目もらってるような・・・・ファンサービスですかね?ww -- 2015-04-17 (金) 01:23:28
      • よく見るとよじ登ってるのは別の個体のようです。2人同時に落とされてハムールのほうはテレポートしたのかも。なんにせよ、その後もカメラにぶつかる感じで手前に吹っ飛んできたり、手足ばたばたさせながら空のかなたにぶっ飛んでいったりしてて、なんか福本清三氏を思い浮かべてしまいました。 -- 2016-06-06 (月) 08:51:06
      • 一人だけ明らかに人体に不釣り合いな大きさの武器を持ってるのがまたw -- 2016-06-06 (月) 14:38:17
    • で結局、PJが演じてるって噂の真相は何なんでしょうね? -- 2015-04-18 (土) 10:25:18
  • 従兄弟に王位を追われたそうですね・・ -- 2015-09-05 (土) 17:20:55
    • かあいそうなハム-ルさん・・・ 気高く、卓越した力を持ち、虐げられたと感じているモノタチ(サルマンさん、ヌーメノールの最後の王族さん、自分自身、メルコールさんの愚痴とか)を おとす 技量に卓越していたサウロンさんには格好の標的だったのかもしれません。 -- 2016-04-01 (金) 22:24:38
  • にしても、決戦の行方でこの人の持ってるでっかいドリアンみたいな鉄槌、目測で直径50センチくらいあるし、えげつないですね。あれ人が持てるような大きさじゃないでしょw -- 2015-09-25 (金) 20:42:04
    • 文字通り人間やめてるから問題ナッシングw -- 2015-11-04 (水) 13:17:56
    • 少なくともあの頃鋳鉄の技術はあったので、大仏さんや釣り鐘みたいにドリアン玉がモヌケで、トレーニング不足のハム-ルさんでもふりまわせた可能性もあるとおもうのですが・・ 上の方と同じで、きちんとあんこつまった真ドリアン玉振り回してこそのナズグルさん達と考えております。 -- 2016-04-01 (金) 22:08:45
      • ↓に武器の画像あるけど中身を空洞にしてどうにかなる大きさじゃない… -- 2016-04-02 (土) 00:28:21
    • PJ版中つ国のハムールは生前からこれを使ってたのか…? -- 2016-06-06 (月) 14:39:14
  • 決戦のゆくえで出てきた東夷っぽいナズグル、やっぱりハムールのようですねhttps://www.wetanz.com/assets/Uploads/HobbitBotFAArtofWardNazgul4.jpg -- 2015-11-04 (水) 12:44:11
    • 武器デケェ…エグすぎww -- 2015-11-04 (水) 22:37:58
    • 兜のデザインがなんかピエロっぽい -- 2016-04-04 (月) 03:07:08
      • だからPJがカメオで演じてるんじゃないかって噂が立った -- 2016-04-10 (日) 23:22:33
  • 結局カムールとハムールどっちが正しいんだろう -- 2015-11-04 (水) 15:37:11
    • チンギス・ハーンかジンギスカンか?みたいなものじゃないの -- 2015-11-05 (木) 01:14:32
      • 最近ではチンギス・カンと称されてますね。 -- 2018-05-04 (金) 08:50:26
    • ギョエテとゲーテ、クビライとフビライ、カエサルとシーザー・・この遊びはいつまでも続けられますとおもいますが。・・ちなみに「やなぎたくにお」(民俗学)、「たにかわしゅんたろう」(詩人) -- 2016-04-16 (土) 00:15:15
  • ホビットに出たとき、「あ、これハムールだな」と直感で思ったのは私だけですか? -- 2016-05-06 (金) 21:07:59
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 これは『追補編』の第三紀の年表に基づく。ハムールについて述べられている『終わらざりし物語』の「指輪狩り」の草稿では、ハムールは伝令役のもうひとりのナズグールと共にドル・グルドゥアに留まっていたとされる
*2 LOTRO Lorebook

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 08:50:26 (24d)