ヌアタレ・ヴァリノーレヴァ

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルNurtalë Valinóreva
その他の呼び名ヴァリノール隠し(Hiding of Valinor)

解説

クウェンヤヴァリノール隠しの意。第一紀モルゴスの攻撃からヴァリノールを守るため、ヴァラールがヴァリノールを隠したこと。

中つ国からトル・エレッセア(離れ島)に達するまでの大海に、北から南に数珠繋ぎに連なった惑わしの島々が置かれ、その間の小暗い海には暗闇が投じられた。船乗りたちは延々と続く薄明の海原に倦み疲れ、もし島に上陸すれば魔法に捉えられて世界が変わる日まで昏々と眠り続けることとなった。
こうして至福の国はマンドスの呪いにあった如く、中つ国に逃れたノルドールから閉ざされた。これは第一紀の終わりに最も力ある航海者であるエアレンディルが突破するまで続いた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 歌の題名ではない。 -- 2017-10-04 (水) 03:16:06
  • 命令されてここに入り込んで死んだ面々が哀れだ。 -- 2018-04-05 (木) 20:04:53
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-05 (木) 20:04:53 (131d)