ニーシマルダール

概要

カテゴリー地名
スペルNísimaldar

解説

クウェンヤで「香木の地(Fragrant Trees)」の意。エルダロンデ港の周辺に広がる土地の名。エルダンナ湾沿いの斜面から内陸部に至るまで、トル・エレッセアエルダールによってヌーメノールへ持ち込まれた常緑樹が生い茂り、様々な芳香を放っていた。
この地に生えていた木々としてオイオライレライレロッセネッサメルダヴァルダリアンナタニクウェラッセヤヴァンナミーレがあった。これらはニーシマルダール以外のヌーメノールの土地にも植えられて育っていたが、マリノルネ(マルローン)はこの地だけでしか生えず、トル・エレッセアのものと変わらない大きさまで成長した。

ニーシマルダールの木々の素晴らしさに、エルダールはエレッセアの港のようだと語った。中つ国の土地ではほとんど育たないこれらの木々はヌーメノール人の誇りであり、ヌーメノールの滅亡後も多くの歌に歌われ、長く記憶された。

コメント

コメントはありません。 Comments/ニーシマルダール?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-26 (水) 01:15:27 (1000d)