ニンダルヴ

概要

カテゴリー地名
スペルNindalf
その他の呼び名白鳥沢(はくちょうさわ)、滝沢(Wetwang)

解説

ラウロスの大瀑布のあと、アンドゥインが流れ落ちてできている広い沼沢地。ここで西から流れてきたエント川が合流する。

Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、ニンダルヴ(Nindalf)とはシンダール語でwetの意味のnînと、flat fieldの意味のtalfの合成語。Wetwangはニンダルヴの共通語訳の表記であり、wetとflat fieldの要素からなる語として訳すよう指示している。

Wetwangは『指輪物語』の旧版では「滝沢」、新版では「白鳥沢」と訳された。新版の『追補編』の固有名詞便覧ではNinは「混った」、alfは「白鳥」の意と誤って解説されている。*1

コメント

コメントはありません。 Comments/ニンダルヴ?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シンダール語で白鳥は単数形アルフ(alph)、複数形エイルフ(eilph)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-25 (水) 22:57:43 (821d)