ニュー・ライン・シネマ

概要

カテゴリー関連人物・組織・団体
スペルNew Line Cinema

解説

ロード・オブ・ザ・リング』の製作会社。主にインディペンデント系の映画を制作していた。
元々ピーター・ジャクソンは『指輪物語』の映画(『ロード・オブ・ザ・リング』)を二部作で作る気で、企画を各社に持ちかけていたが、一部作でないと許可しないという会社しか見つからなかった。そこにこの会社の重役の「なぜ二部作なんだ? 三部作にすればいいだろう、原作も三部作じゃないか」という発言により、『ロード・オブ・ザ・リング』は全三部作で作られることになった。

ニュー・ライン・シネマは、『ロード・オブ・ザ・リング』(1作目)の利益分配が不当であるとしてジャクソンに訴訟を起こされ対立していたが、後に和解。ニュー・ライン・シネマ及びMGM制作、ジャクソン制作総指揮で『ホビットの冒険』が映画化されることが決定した(『ホビット』)。

ニュー・ライン・シネマは、1996年にはタイム・ワーナーの傘下になっていたが、2008年にワーナー・ブラザースに完全吸収されることになった。レーベルとしては残っており、『ホビット』にもニュー・ライン・シネマのロゴが入ることになった。

コメント

コメントはありません。 Comments/ニュー・ライン・シネマ?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 08:21:14 (2593d)