ナンドール

概要

カテゴリー種族
スペルNandor

解説

クウェンヤで「引き返したる者たち(Those who turn back)」の意だといわれる。クイヴィエーネンから西方のアマンを目指す大いなる旅の途中で、霧ふり山脈を越えるのを拒んだテレリ・エルフのこと。
彼らはオルウェの一行から離れてレンウェに率いられ、アンドゥインに沿って南下していった。アンドゥインの谷間の森(闇の森?)に長年住み着いた者、アンドゥインの河口に辿り着いて海辺(エゼルロンド?)に住んだ者、白の山脈に沿って再び北上しエリアドールの荒野に入った者などがいると言われる。
ナンドールのうち霧ふり山脈の東に留まった者は、後にタワルワイス(シルヴァン・エルフ)と呼ばれた。

ナンドールの一部は、ずっと後になって北方から出現した残忍な獣たちから逃れるため、レンウェの息子デネソールに率いられ青の山脈を西に越える。彼らはシンダールシンゴル王の庇護の下にオッシリアンドに住むようになったが、ベレリアンド最初の合戦に参加した際に大きな被害を出しデネソールも討ち死にすると、シンゴルの治めるドリアスへ逃れた者たちと、オッシリアンドに残った者たちに分かれた。
ドリアスへ逃れた者たちは主としてアルソーリエンに定住した。一方、オッシリアンドに残った者たちはライクウェンディ(緑のエルフ)と呼ばれた。

コメント

コメントはありません。 Comments/ナンドール?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-03 (土) 17:32:39 (165d)