ナンドゥヒリオンの合戦

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of Nanduhirion
その他の呼び名アザヌルビザールの合戦(Battle of Azanulbizar)

解説

これを想起して、オークたちはいまだに身をおののかせ、ドワーフたちは啜り泣くのである。*1

第三紀2799年にナンドゥヒリオン(おぼろ谷)において行われた、ドワーフとオークの戦争における最後の戦闘。
この戦いでドワーフ霧ふり山脈オークに勝利して復讐を果たしたものの、モリアを奪回するには至らなかった。

参戦国、勢力

ドワーフの連合軍
ドゥリンの一族くろがね連山、他全ての氏族
霧ふり山脈オーク
グンダバドモリア、他

ドワーフとオークの戦争(War of Dwarves and Orcs)

概要

第三紀2793年から2799年にかけて全ドワーフ霧ふり山脈オークとの間で行われた、ドワーフ王スロールの死を発端として起こった戦争。
2790年、スロールはモリアに入り込もうとしてそこを占拠していたオークの首領アゾグに殺され侮辱される。ドゥリンの一族の王に対して加えられたこの仕打ちに全ドワーフは怒り、兵力を集結すると霧ふり山脈中のオークの拠点に片端から攻撃を加え、ひとつひとつ陥落させていった。

グンダバドの緒戦にはじまり、ナンドゥヒリオン(おぼろ谷)の合戦でドワーフの勝利に終わった。

開戦にいたるまで

第三紀1981年、モリアドワーフであるドゥリンの一族は地中深くミスリルを求めすぎたあまりバルログを目覚めさせてしまい、モリアを追われる。かれらはエレボールエレド・ミスリンを開拓し移住したものの、いずれもの略奪に遭い、2770年の黄金龍スマウグの襲来でエレボールが失われると、流離の生活を送ることを余儀なくされた。
一方、サウロン死人占い師)は全ての自由の民の通行を妨げるべく、2480年頃より霧ふり山脈の主要な山道に配下のオークを送り込みはじめていた。オーク達は山中に密かに拠点を築き、廃墟となっていたモリアも占拠される。

2790年、放浪のつらさと財宝への飢えで精神に異常をきたし始めていたドゥリン一族の王スロールは、無謀にも単身モリアへの帰還を図ろうとする(彼が長年所持していた七つの指輪の悪影響によるものとも言われる)。
彼は指輪を息子のスライン二世に譲ると、ただ一人従者のナルを引き連れてモリアの東門(大門)があるナンドゥヒリオン(おぼろ谷)に赴き、ナルを待たせて一人で門から中に入って行った。しかし数日後、騒音と共に戸口から死体が投げ出され、ナルが近づいて見ればはたしてスロールの遺体であった。遺体は首を切断されていた上に、額にはドワーフのルーン文字で「アゾグ」の名が刻印されていた。
スロールを殺害したオークの首領であるアゾグは、このことを身内のドワーフに知らせるようにと小銭の入った袋を“駄賃”として投げつけナルを追い払い、その後でスロールの遺体を切り刻んで烏に投げ与える。

スライン二世の許に帰り着いたナルは、ことの次第を彼に伝えた。

スラインは鬚をかきむしりさめざめと泣いた後、ふっつりと黙り込んだ。七日間かれは坐り込んだまま一言も口を利かなかった。それからかれは立ち上がっていった。「こんなことは堪えられん!」これがドワーフとオークの戦いの始まりである。*2

戦闘とナンドゥヒリオンの合戦

戦いは長く熾烈であった。そしてその大部分は地中の深い場所で戦われた。 … 敵味方ともに情け容赦なく、暗いところたると明るいところたるとを問わず、死闘が繰り返され、残酷な行為が行われた。*3

スラインが各地に使者を送ると、ドゥリンの世継ぎに加えられたこの侮辱に全ドワーフが激怒し、スラインの許には全ての氏族からの軍勢が集結した。
三年をかけて全軍の招集が完了すると、怒りに燃えたドワーフの連合軍は第三紀2793年より最北のグンダバドを端緒に霧ふり山脈中のオークの拠点を片っ端から攻撃しては一つずつ奪い取っていった。一方でドワーフの攻撃を逃れたオーク達はモリアアゾグの許に集結する。

2799年、アゾグの許に集結したオーク軍と、アゾグへの復讐を果たさんとするドワーフの連合軍との間で決戦となるナンドゥヒリオンの合戦が行われた。
アゾグはこの時のために温存しておいた兵力を出撃させてドワーフ軍を迎え撃ち、当初は曇天・地利・数の優勢といったオークにとっての好条件が重なったためにドワーフ側が劣勢であった。スラインらはケレド=ザラムに近い大樹の林に追い詰められ、大きな損害を被る。(ここでフレリンフンディンが討ち死し、スラインとトーリンは負傷した)
しかしナインの率いるくろがね連山のドワーフ達が到着したことで戦局は覆った。ナインはモリアの東門の前でアゾグに挑戦し、姿を現したアゾグに斃されたが、そのアゾグもナインの息子ダイン二世(鉄の足)に討ち取られ、ドワーフの連合軍が勝利を収めた。アゾグの首は杭にさらされ、その口にはかつて彼がナルに投げつけた小銭袋がつっこまれた。

かくしてドワーフの復讐は果たされたものの、かれらが被った被害もおびただしく、戦死者の数は一人一人その死を悼むこともできないほど多かった。
スラインはいったんモリアの奪回を宣言したものの、戸口から中を覗き込みドゥリンの禍の恐怖を感じたダインはスラインを留め、ドゥリンの一族がふたたびモリアを歩くまでには、世の中が変わり、われわれ以外の別の力が出現しなければならないのです。と予言した。そのためモリアの奪回はなされなかった。

“火葬にされたドワーフ”(Burned Dwarves)

そして今日にいたるまで、ドワーフが先祖の一人のことをいう時、「かれは火葬にされたドワーフである。」と、誇らしげにいうことがある。そしてこれだけいえば充分なのである。*4

ドワーフは、死者を石の墓に葬ることを流儀としていたが、この戦いでの戦死者のあまりの多さのため、諦めざるを得なかった。
そこでかれらは戦死者をまとめて火葬にすることを選び、そのための大量の木が伐られたナンドゥヒリオンは、その後ずっと裸のまま残ることになった。この時の火葬の煙は、数十マイルは離れているロスローリエンからも望むことができたという。

死者を火葬にすることはドワーフ本来の流儀に反するものであり、このことは痛ましいことのように思われた。しかしナンドゥヒリオンの戦死者達はいつまでも敬意をもって覚えられ、“火葬にされたドワーフ”といえば彼らを指す言葉となった。

戦後

戦いが終わり、戦死者の火葬も済むと、集結したドワーフの連合軍はそれぞれの氏族の故郷へと散っていき、ドゥリンの一族も流離の生活へ戻る。
後に王となったスラインの息子トーリン二世(オーケンシールド)はこの時の連合軍の雄姿をいつまでも忘れなかったが、ドワーフの氏族が再び連合軍を持つことはなかった。

この戦いで霧ふり山脈オークは掃討されたかに見えたが、少数は生き残って後に再び数を増やし、五軍の合戦指輪戦争に禍根を残すことになる(『ホビットの冒険』『指輪物語』)。
アゾグの息子ボルグは142年後の五軍の合戦において、再びトーリンやダイン二世らを敵として戦った。

この大戦争の噂は遠くゴンドールにまで届いていたという。さらにナンドゥヒリオンを逃れたオークの一部が白の山脈に渡り、そこに居を定めようとしたことがあった。そのため執政ベレゴンドの代(2763~2811)のゴンドールや、ブリッタワルダフォルカの代(2798~2864)のローハンは、山脈の谷間地方で何年もの間戦いを行わなければならなかった。

ナンドゥヒリオンの合戦に参加したことが判明しているドワーフの一覧

映画『ホビット』における設定

回想シーンに登場。スマウグによってエレボールを追われたドワーフ達がモリアの復興に行こうとしたところ、モリアを占拠していたオークとの戦いになったことになっている。この戦いでアゾグスロールを殺すが、その後トーリン二世に左腕を切り落とされて逃げ去った、戦いはかろうじてドワーフたちの勝利に終わったものの、損害が多すぎたためモリアの復興もあきらめられた、と大幅に設定が変更されている。

Battaglia_di_Azanulzibar.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • たった1人のオークのために大戦争が・・・。 -- ホビット 2009-01-01 (木) 12:56:41
  • 一対一だったら負けやしないし復讐も簡単でしょう。古巣を乗っ取ったオークの群れによってたかって殺されたがゆえに、復讐も総力戦になったわけで。 -- 2010-02-24 (水) 14:45:27
  • 合戦の後、ドワーフ達が死者を火葬にするためにおぼろ谷の森は丸裸になるくらいになるまで破壊されたそうだ。 たった一匹のオークのせいで後世に残る後遺症・・・・・・・ -- 口臭吐鬼 2010-05-14 (金) 20:05:18
  • この戦いの時バルログは何をしていたのでしょうか?入り口が小さくて出られなかったか、喧騒のとどかない所に居たか、中でふんぞり返っていたか・・・・・ -- 2012-12-24 (月) 12:46:02
    • 単に我、関せずに寝ていたりして。 -- 2012-12-24 (月) 19:11:31
    • バルログが静観していたのは僥倖でしたね。もしオークの軍勢に加わっていたら。 -- 2013-11-05 (火) 19:11:52
    • 案外いつ目覚めてもおかしくない状態だったりして・・・だからダインもバルログの気配を察知して、モリアへ入ろうとしたスラインを止めたのでは? -- 2013-11-22 (金) 23:29:26
  • この時のトーリンやバーリン他の従兄弟達、まだ成人してないどころか、10歳を少し過ぎただけです。寿命が長いドワーフなら同じ年齢の人間の子どもよりも精神的に幼かった可能性も有ります。そんな年少者も駆り出してまで戦闘を継続するなんて、種族の存続も危うくなると思うんですが・・・・・ -- 2013-11-22 (金) 12:46:42
    • 訂正:10歳を少し過ぎただけの者もいますし、みんな相当な年少者だった筈です。 -- 2013-11-22 (金) 12:51:22
    • 後にスラインが「わしらはこれ(アゾクの首)にわしらの王国を支払ったのだ」と言った通り、文字通り一族滅亡をも覚悟した総力戦だった。さらに他のドワーフ6部族にも援軍を要請した都合上、当事者であるドゥリン一族としても若年者であろうと温存できなかったと言う政治的側面もあった。 -- 2015-01-10 (土) 19:48:20
    • ただしグローインより年長のドワーリンやオインが参加者リストにない辺り、完全な族滅はやはり避けたかったのだろう(もっとも単に記載がないだけで参戦の可能性は否定できない。映画『ホビット』ではドワーリンの姿も見られる)。もっともそれならば本家筋のトーリンかフレリンのいずれかをも温存すべきであったが。 -- 2015-01-10 (土) 20:06:13
  • 映画のこの場面のアゾクの無双から腕を切り落とされるシーンって、映画版旅の仲間冒頭の最後の同盟とサウロンが戦って滅びるシーンに似てる気がする。もしかしてピーターも意識して撮影したのかな? -- 2014-04-05 (土) 00:39:58
  • すさまじい大戦だっただろうな。これこそ映画で見てみたい。 -- 2015-02-02 (月) 10:21:49
  • 映画版だと、オークの中に非常に大きな個体や立派な装備、顔も個性的なのが沢山いますね。なんか使い方がもったいない気が…。 -- 2015-02-03 (火) 11:56:32
    • 全部アゾグ親子の没になったデザインだとか -- 2015-03-16 (月) 11:42:20
      • ありがとうございます。それで豪華なんですね。ドワーフの身の丈もあって、お互い非常に大きく見えたというのもあります。 -- 2015-03-16 (月) 12:45:55
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 追補編』「III ドゥリンの一族」
*2 同上
*3 同上
*4 同上

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-29 (木) 09:50:42 (749d)