ナル

概要

カテゴリー人名
スペルNár
異訳ナール
種族ドワーフ
性別
生没年

解説

スロールの家来の老ドワーフ第三紀2790年、スロールが褐色人の国を発ってモリアに行く時に行動を共にする。モリアでスロールがアゾグに殺されたあと、モリアは自分たちのものであるというアゾグの宣言を、他のドワーフに伝えるようにナルは要求され、「駄賃」として小銭の入った袋を投げつけられる。さらにナルは、スロールの遺体が冒涜されるのを目撃した。
ナルはこの知らせを、褐色人の国に残っていた、スロールの息子スライン二世の元に持ち帰った。スラインは激怒し、ドワーフとオークの戦争の発端となった。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

エネドワイス霧ふり山脈山中にある、かつてスロールたちがいた洞窟に住んでいる。
あまりに歳を取りすぎ、半ば正気を失っていて会話も困難な状態になっている。

コメント

コメントはありません。 Comments/ナル?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-25 (火) 13:50:16 (2008d)