ドワーフ道

概要

カテゴリー地名
スペルDwarf-road, Dwarf Road
その他の呼び名メン=イ=ナウグリム(Men-i-Naugrim)*1

解説

その名の通りドワーフたちの使うことで知られた道。時代や地域によって「ドワーフ道」と呼ばれる道は複数ある。

第一紀のドワーフ道

ノグロドベレグオストの両都から発し、ドルメド山の肩の下を通り、アスカール川に沿って西に下り、サルン・アスラドの浅瀬でゲリオン川を横断してベレリアンドに入る道。

第三紀のドワーフ道

闇の森を東西に横断する古森街道がこの名で呼ばれていたが、『ホビットの冒険』でトーリンとその仲間闇の森を訪れた頃には使われなくなって久しかった。
また、エリアドール東街道、特にホビット庄の中を通ってドワーフたちが青の山脈へと向かう道もドワーフの道として知られていたようである。

「実のところわれわれはホビット庄を通ったのじゃが、トーリンは長く留まろうとはしなかったので功を奏さなかった。実際かれにホビットとかかわりあいを持たせようという考えがわしの頭に浮かんだのも、かれがホビットを尊大な態度で無視しておったのがうとましかったからかも知れん。かれに関する限り、ホビットたちは山脈に通じる先祖代々のドワーフの道(Dwarves' ancestral road)の両側の畑でたまたま働いている、腕のいい農夫に過ぎなかったのじゃ。」*2

コメント

コメントはありません。 Comments/ドワーフ道?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シンダール語で「ドワーフの道」の意
*2 終わらざりし物語』第三部◆第三紀IIIエレボールへの遠征

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 08:21:13 (2651d)