ドル・アムロス

概要

カテゴリー地名
スペルDol Amroth

解説

シンダール語で「アムロスの丘」の意*1ゴンドール南部諸侯国の一つ。ベルファラス西部の高い岬にある領国および城塞都市。金地に船と銀の白鳥を紋章とする。
ドル・アムロスの領主は大公(Prince)の称号を持つ、ゴンドールのドゥーネダインの中でも最も高貴な家柄の一つであり、エルフの血が流れていた。

指輪戦争当時の領主はイムラヒル大公。ミナス・ティリス防衛の援軍にはイムラヒルが率いる、灰色の馬にまたがった完全武装の騎士の一団*2と、領主たちと同じくらい背が高く、灰色の目をした、黒っぽい髪の700人の徒歩の兵士が参じた。

終わらざりし物語』にはドル・アムロスの起源に関して異なる二つの話が登場する。一説によると、最初のドル・アムロスの領主はイムラゾールミスレルラスの間の息子ガラドール第三紀2004~2129)であるという。別の説では、ガラドールより遙か昔、第二紀ヌーメノール没落前にベルファラスへ入植した忠実なる者がドル・アムロスを築いたとされ、大公の称号は領主と血縁関係があったエレンディルによって与えられたという。クリストファー・トールキンは、この二つの説は両立する可能性もあるが、別々の「伝承」として存在している可能性が高い気がするとしている。

トム・ボンバディルの冒険』のまえがきによれば、ベルファラス湾に面してティリス・イーアーの塔がそびえているという。

ドル・アムロスの出身者

以下の情報は『The Peoples of Middle-earth』の「The Heirs of Elendil」に基づく。この一覧においては、第三紀3021年が第四紀1年であることに注意(出版された『指輪物語』では、第三紀3022年が第四紀1年)。同じ資料ではファラミアの生没年が2983-3103(第四紀83年)とされていることから、出版された『指輪物語』と合わせるならば、第四紀の紀年は1引けばよい。

歴代の領主
名前生没年備考
初代ガラドール第三紀2004~2129(享年125)生没年は『終わらざりし物語』にも同じ記述有り
第2代不明(2060)~(2203)(享年143)
第3代不明(2120)~(2254)(享年134)
第4代不明(2172)~(2299)(享年127)
第5代不明(2225)~(2348)(享年123)
第6代不明(2274)~(2400)(享年126)
第7代不明(2324)~(2458)(享年134)
第8代不明(2373)~(2498)(享年125)
第9代不明(2418)~(2540)(享年122)
第10代不明(2463)~(2582)(享年119)
第11代不明(2505)~(2623)(享年118)
第12代不明(2546)~(2660)(享年114)
第13代不明(2588)~(2701)(享年113)
第14代不明(2627)~(2733)(享年106)
第15代不明(2671)~†(2746)(享年75)ウンバール海賊に殺される
第16代不明(2709)~†(2799)(享年90)戦死
第17代不明(2746)~(2859)(享年113)
第18代不明(2785)~(2899)(享年114)
第19代Aglahad(アグラハド)(2827)~(2932)(享年105)
第20代Angelimir(2866)~(2977)(享年111)終わらざりし物語』のアンゲリマール(Angelimar)の綴りは誤り
第21代アドラヒル(2917)~(3010)(享年93)
第22代イムラヒル(2955)~(3054) / 第四紀(34)(享年99)指輪戦争時の大公
第23代Elphir(エルフィア)(2987)~(3087) / 第四紀(67)(享年100)
第24代Alphros(アルフロス)(3017)~(3115) / 第四紀(95)(享年98)
 
大公家
名前生没年備考
イムラゾール(1950)~(2076)(享年126)ガラドールの父
ギルミスガラドールの姉妹
Ivriniel(イヴリニエル)(2947)~不明フィンドゥイラスイムラヒルの姉
フィンドゥイラス(2950)~(2987)(享年37)
(2950)~2988(享年38)
イムラヒルの姉、執政デネソール二世の妻
追補編』の第三紀の年表では、没年は2988年
Erchirion(エアヒリオン)(2990)~不明イムラヒルの息子
Amrothos(アムロソス)(2994)~不明イムラヒルの息子
ロシーリエル(2999)~不明イムラヒルの娘、エオメルの妻
ドル・アムロスのアドラヒル第三紀1944年に馬車族と戦ったゴンドール軍の将軍

Iron Crown Enterprisesによる設定

人口約1万200人。住民の9割がゴンドール人で構成され、残りの1割をその他の少数民族(おそらくハラドリム褐色人の遠戚)が占める。ペラルギアウンバールと並ぶ海軍の拠点で、多くの軍艦を保有している。

第二紀3300年、エルフの築いた灯台(建設年代不明)に隣接した土地に入植したヌーメノール人によって港が築かれた。アムロスが死ぬ第三紀1981年以前は、シンダール語で「大公の港」を意味するロンド・エアニル(Lond Ernil)と呼ばれており、第三紀2004年にこの地に封じられたガラドールが本格的な街を築いた際にドル・アムロスの名に改められた。

Provincial_Map_of_Dol_Amroth.jpg

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

西ゴンドール最大の都市で要塞化されており、整備された波止場がある港町だが、海賊の脅威にさらされている。
イムラヒルらが出兵しているため、残ったロシーリエルが統治を行っている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるドル・アムロス 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるドル・アムロス western-gondor-06-dol-amroth.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 気候風土的には、南欧の港町のようなところでしょうか。海風が気持ちよさそうです。 -- 2011-02-18 (金) 23:38:48
    • ゴンドール有数の都にして大公領の主都ですからとても美しい都だったのでしょうね。 -- 2011-02-19 (土) 19:27:41
  • ゴンドール第二の都市・・・って事でいいんでしょうか? -- 2013-10-12 (土) 12:29:44
    • ゴンドール第二の都市は、ペラルギアじゃなかったの? -- 2013-10-12 (土) 21:08:41
  • LOTROでゴンドール実装されましたね。都市が凄すぎて鳥肌立ちました!! -- 2014-07-21 (月) 02:12:50
    • 流石は大公領の首都といった趣ですね -- 2014-07-22 (火) 16:19:50
    • 画像顔多すぎで正直悪趣味ゲフンゲフン -- 2015-08-31 (月) 02:27:35
  • LOTROのドル・アムロスとペラルギアの地図はそれ以前のロールプレイングゲームの地図を参考にしてるように見えますがそれは何故? -- 2015-09-21 (月) 10:43:08
  • ゴクリはここに住めば幸せだったかも。毎日でも新鮮な魚が食える -- 2018-01-06 (土) 00:31:31
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ドル・アムロスの名は、第三紀1981年にドル・アムロス北にあるエゼルロンド沖で溺死した、ローリエンエルフアムロスに由来する。
*2 白鳥の騎士たち(swan-knights)とも呼ばれる。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-06 (土) 00:31:32 (284d)