ドゥーネダイン

概要

カテゴリー種族
スペルDúnedain
異訳ドゥネダイン、デュネダイン
その他の呼び名ヌーメノール人(Númenóreans)*1
西方の人間(たち)、西方の人(Men of the West)
西方の人間たち、西方国の人間(たち)、西方から来た人間たち(Men of Westernesse)
上の人(High Men)
人間たちの王、人間の王(たち)(Kings of Men)
海の王たち(Sea-Kings, Lords of the Sea)
大海の王たち、海洋王(Sea-kings)
大海の人間たち、海から来た人間たち(Men of the Sea)

解説

シンダール語で「西方のエダイン(Edain of the West)」の意。単数形はドゥナダン
かれらは第一紀エダインの末裔であり、第二紀にはヌーメノールの島に住んだためヌーメノール人と呼ばれた。ヌーメノールの没落後、その遺民は中つ国北西部にアルノールゴンドールからなる亡国の民の王国を築いた。
ドゥーネダインは中つ国の人間をはるかに凌駕する長い寿命と優れた技能を持っていたが、第三紀を通じて次第に衰退していき、並の人間と近しくなっていった。

ヌーメノール人

怒りの戦いモルゴスが滅ぼされると、ヴァラールはモルゴスと戦ったエダインの受難に報いるため、大海の只中にヌーメノールの島を築いて与えた。第二紀のはじめ、生き残ったエダインの多くがそこに移住し、ヌーメノール人、ドゥーネダインと呼ばれるようになった。ヌーメノール王家の始祖は半エルフエルロス・タル=ミンヤトゥアだった。
ヌーメノール人には恩寵として、並の人間の3倍に近い寿命が与えられた。また、トル・エレッセアからやってくるエルフと交流を持った。このため、ヌーメノール人の知識と技能は中つ国の人間のそれをはるかに凌駕するようになる。中でも航海術にかけては世界が小さくなって以後は、二度と再びかれらに比肩すべき航海者は出ないと思われる*2ほど熟達するに至った。
彼等はその技によって西方のアマンを除くアルダの沿岸のほぼ全域を踏破した。

当初、ヌーメノール人はエルフの友であり、中つ国に留まるエルフの上級王ギル=ガラドを援助してサウロンの伸長を阻んだ。また、中つ国の人間に対しては、彼等に様々な技術を教え、彼等が冥王の影から脱する手助けをした。海の彼方から現れ、驚くべき技と贈り物をもたらして去っていくヌーメノール人を、暗黒時代の人間達は神と見なした。
しかし、ヌーメノール人はヴァラールに禁じられたアマンの浄福に焦がれていた。それとともに、増大する現世での幸福はますます彼等の心を奪い、エルの恩寵である死すべき運命は厭わしいものと感じられるようになっていく。
やがて、多くのヌーメノール人は不死を羨んでエルフを憎悪し、また中つ国の人間達の上に過酷な圧制者として君臨するようになっていった。そこをサウロンに付け込まれた王党派のヌーメノール人は、公然とヴァラールに叛逆し、最後にはヌーメノールの没落を招いた(没落にいたる詳細はヌーメノールも参照のこと)。

そうした中で、あくまでエルフへの親愛とヴァラールへの忠節を失わなかった忠実なる者達は、没落を逃れて中つ国に漂着し、亡国の民の王国を築いた。
一方、中つ国で生き延びた邪悪なヌーメノール人は黒きヌーメノール人と呼ばれるようになった。

亡国のドゥーネダイン

エレンディルとその息子イシルドゥアアナーリオンに率いられたヌーメノールの遺民は中つ国北西部の沿岸に漂着し、そこに王国を創建したが、彼等は自らを故国喪失者と見なした。亡国の民の王国は北のアルノールと南のゴンドールから成った。
エレンディルが亡国のドゥーネダインの最初の王であり、アラゴルン二世はその末裔である。

第二紀の終わり、ドゥーネダインはエルフ最後の同盟を結んでサウロンと戦った。だが第三紀を通じて両者は疎遠になっていき、第三紀末のドゥーネダインの中にはエルフを怖れる向きすらあった。
ドゥーネダインは中つ国西方の人間の指導者となったが、その数は少なく、衰退の一途を辿った。ヌーメノールの島を喪失したことで、彼等に与えられていた恩寵も失われていったためで、そのためドゥーネダインは次第に中つ国の並の人間と等しくなっていった。
南方王国ゴンドールは一時ヌーメノールを偲ばせるほど繁栄したが、相次ぐ戦乱によってドゥーネダインの数は減少した。貴族階級の中にドゥーネダインの血を受け継ぐものが残っていたが、混血が進みそれも次第に薄まっていった。
北方王国アルノールは三国に分裂した上に相次ぐ戦乱で滅亡したが、生き残ったドゥーネダインは野伏に身をやつして密かに北方の人々の生活を守り続けた。

Iron Crown Enterprisesによる設定

ハラディン家ヌーメノール人Atalantedain
ドゥーネダインアルノール人アルセダイン
カルドラン
ルーダウア
ゴンドール人
ベオル家Eneadurians
黒きヌーメノール人Amazon-Women
Bellakani
Ciryadain
Elornans
ハドル家Miredorians
Saruleans
Umbarean(ウンバール人)
Adúnali (東方の有力氏族,ウォマウとの混血)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 王家の血筋ではない一般のドゥネダインの寿命について、エダインのヌーメノールヘの移住の時期にどのようにして伸びたのかが気になります。成人で移住した最初の世代から長寿化したのか、贈り物の地でのエルダール風の生活が根付いて暫くしてから寿命が延びたのか・・・。 このあたりのことはHoMEに記述があるのかな? -- ぬ 2011-07-25 (月) 23:06:54
  • 今の感覚で寿命を捉えるのは作者の本意ではないと思います。当時のイギリスの平均寿命は60歳程度、そう考えると執政家やホビット族は倍ありますからね。どちらも今の感覚では200歳ぐらいと行って良さそうです。 -- 2014-09-26 (金) 21:39:50
    • なるほど! -- 2015-01-05 (月) 10:47:23
    • 200年の人生は長過ぎるな、個人的には人生50年ぐらいで丁度良いような気がする。 -- 2016-11-03 (木) 00:33:59
      • あなたもしや信長様ですか? -- 2016-11-03 (木) 02:31:54
  • Dunedinという地名を見た時ドゥネダインって読んじゃった人は自分だけではないと思う -- 2015-01-29 (木) 21:33:32
  • ドュネダインの人たちは、皆アラゴルンくらい強いのですか? -- 2015-03-01 (日) 13:05:13
    • さすがに王族とそれ以外は違いが大きいのでは。王族にはエルフ三王家とマイアの血が流れてますし。 -- 2015-03-01 (日) 13:09:07
      • なるほど。ありがとうございます。 -- 2015-03-01 (日) 18:45:05
  • ドゥーネダインで普通の人間と結婚した人は相手を看とることになるんだろうけど、その後とかはどうしていたんだろう? -- 2015-05-02 (土) 07:47:51
    • 浮気せずに、一途に相手のことを思って一生を終える、もしくはエルフのように嘆き悲しんで寿命が縮んで後を追うように死んでいくのが理想 -- 2015-08-15 (土) 17:59:12
    • 実際は、相手が死ぬ頃、本人は普通の人間で言う中年の頃だろうから、残りの人生を独りでっていうのは悲しいものがある。長寿でも不完全な人間に変わりは無い。やはり、恋したり、再婚したりもあったのでは? -- 2015-08-15 (土) 18:04:15
    • ん?待てよ?ドゥネダインには自らが望む時に生を返上するという恩恵があるのだから、看取った後に自分で生を終わらせるのもありなのか?それとも、この恩恵は王族にのみ与えられたものなのか? -- 2015-08-15 (土) 18:06:46
    • 親子なのに夫婦や兄弟と間違われたりしただろうな・・・・・逆も然り -- 2016-11-25 (金) 14:55:35
  • 結局の所、ドゥネダインが受けた恩恵は島と長寿と自らが望む時に生を返上するの3つで間違いないのだろうか?住む地を与えるのは何となく理解できるが、なぜ、ヴァラールは長寿と自分で死ぬ時を決める権利を与えたのだろう?それは自殺と言う概念とは別物なのだろうか? -- 2015-08-15 (土) 17:49:28
    • 「自ら望む時に生を返上する」のではなく「死期を悟る能力」と呼ぶのが正確だと思われます。普通の人間は、エルの定めた寿命がいつ訪れるのかを知らず否応なしに死にます。エルロスの子孫は、その時が訪れたのがわかり、かつそれに自由意志で応える機会=恩寵が与えられているというわけです。ただしエルの期待に応えるかどうかは自由意志なので、拒んで生にしがみつくことも不可能ではない(それはエルに背くことですが)。身も蓋もない言い方をしてしまえば「エルに進んで忠誠を示す機会が与えられている」と表現するのも可能でしょうね。聖書のイサクのエピソードなどと通底する概念であろうと思われます。 -- 2015-08-15 (土) 19:03:32
      • なるほど!「死期を悟る能力」と言われれば納得です。「エルに進んで忠誠を示す機会が与えられている」から、敬虔なクリスチャンらしいなと思いました。トールキンの世界は本当に素晴らしいと改めて感動させられます。 -- 2015-08-15 (土) 19:35:44
  • アラゴルン(87)の外見年齢は30~40歳位、ボロミア・ファラミア(40と36)が成人時のままで、デネソール(89)が現代人の70歳前後の外見のイメージですが、これで合ってますか?イムラヒル(66)は40後半位? -- 2015-10-02 (金) 13:54:26
    • 外見のイメージがあっているかどうかと訊かれても、正確な描写が無いので、憶測です。アラゴルンは躍る子馬亭での描写に”半白のもしゃもしゃ頭”とあるので、40代後半かなというイメージがあります。ボロミアはファラミアと違い西方の血が発現していなかったので、年相応に老けていそう。ファラミアは20代後半のイメージです。デネソールは西方の血が強く発現しながらも、パランティア使用のせいでアラゴルンと歳がそう変わらないのに年相応に老け込んでいる。イムラヒル大公はエルフとドゥネダインの血が流れているにもかかわらず、中年なイメージですね。義兄が義兄ですからね。きっと、心労が耐えないのでしょう。 -- 2015-10-04 (日) 16:52:53
      • PJ版のアラゴルンは格好良過ぎかな、執政家の三人はイメージに近いような。 -- 2016-11-26 (土) 22:13:25
  • ICE設定のTaraniansにウォマウとの混血とありますがMERPwikiのMenではAdúnaliがウォマウとの混血とあります。一次資料がないためこちらで確認できませんが間違いでしたら修正お願いします -- 2016-11-03 (木) 23:16:14
  • 今でもまだドゥネダインはいるんでしょうかね?いたらいいなあ -- 2017-06-08 (木) 20:39:55
  • ヌーメノールが滅んだ後のドゥネダインは四苦八苦して時には迷いながらも道を歩んでいくみたいな印象あるから、もしかしたらヌーメノールに与えられた恩恵は必要なかったのかもしれないね。長寿だって、イルヴァタールから人間へ与えられた本当にの祝福であるところの死を遠ざけるものだし -- 2017-09-22 (金) 20:14:22
    • 死は恩寵であると言っても、早く受け取ればそれだけ良いというものでもないでしょう。長寿と恩寵としての死は相反しない。>長寿だって、…本当にの祝福であるところの死を遠ざけるものだし -- 2017-09-22 (金) 21:24:47
      • 勿論、早死にすれば良いとは思いませんが、ヌーメノールは長く生きるが故に、死の恐怖が強くなってしまった印象があるので、普通に人間並みの寿命の方が、種族がそこまで歪む事が無かったのではと思ってしまいます -- 2017-09-24 (日) 00:13:36
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Númenoreansと表記されていることもある。
*2 シルマリルの物語』「アカルラベース

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-24 (日) 00:13:36 (329d)