ドゥリンの紋章

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルthe emblem(s) of Durin

解説

長鬚族の父祖ドゥリンの紋章。モリアの西門に描かれている。『指輪物語』本文の描写では「七つ星を伴った冠を上にして、鉄床(かなとこ)(つち)*1とされる。

『指輪物語』原書第二版の索引では「冠と鉄床の上にある、光線八条の七つの星」で、七つの星北斗七星を表す*2と説明されている。

画像

モリア西門の扉。上部にドゥリンの紋章である鉄床と鎚と星がある

コメント

コメントはありません。 Comments/ドゥリンの紋章?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 an anvil and a hammer surmounted by a crown with seven stars
*2 seven stars above a crown and anvil, had eight rays, represented the Plough

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-01 (木) 00:42:03 (264d)