ドゥリン

概要

カテゴリー人名
スペルDurin
異訳デューリン、デュリン
その他の呼び名不死のドゥリン(Durin the Deathless)、太祖(Forefather)
種族ドワーフ長鬚族
性別
生没年不明(星々の時代第一紀?)
アウレ
兄弟6人のドワーフたち*1
不明(子孫にドゥリン三世

解説

ドワーフの七氏族の一つ、長鬚族ドゥリンの一族)の父祖。七人の父祖の最長老でもあった。非常に長寿だったことと、彼の世継ぎの中に彼とそっくりな者が何度も生まれたため、不死のドゥリンの名で知られる。

星々の時代に単身で目覚めた*2ドゥリンは中つ国を放浪し、やがておぼろ谷にやってきてケレド=ザラムの湖面を覗き込んだ時に王位につく幻影を見た。そこでケレド=ザラムの上にある洞窟に住まい、カザド=ドゥーム(モリア)を築いて王となった。
彼は上古が過ぎ去る前に死に、その墓所はカザド=ドゥームにあった。

ドゥリンの名を継いだ者

太祖ドゥリンの死後、その家系にはしばしば彼にそっくりな者が生まれ、ドゥリンの名を受け継いだ。作中に言及があるのは以下の通り。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 不死を冠するほどの長寿とは一体…、300歳は超えてそうですね -- 2013-12-05 (木) 03:15:07
    • どっかで600歳超えてたって読んだような記憶が…。何方か知ってる方いません? -- 2013-12-05 (木) 10:13:38
  • 北欧神話に同名の小人が出てきます しかもそいつ小人の長なんだけど偶然じゃないよね -- 2014-02-18 (火) 01:26:08
    • 「ホビットの冒険」にでてくるドワーフたちの名前は皆、「エッダ」「巫女の予言」という北欧の資料?にある名前を英語風にしたものです。確か。 -- 2014-02-18 (火) 06:34:01
  • 原作ホビットの冒険のデューリン だと全然違う一族みたいに聞こえる。 -- 2015-05-07 (木) 08:38:18
  • 我はエオルの子 -- 2015-10-20 (火) 22:14:03
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 The Peoples of Middle-earth』では長鬚族以外の一族として、Firebeards(火の鬚族)、Broadbeams(広腰族)、Ironfists(鉄拳族)、Stiffbeards(堅鬚族)、Blacklocks(黒巻毛族)、Stonefoots(石足族)の名が出る
*2 The Peoples of Middle-earth』によると、その場所はグンダバドであった。他の父祖は二人一組、別々の三つの場所で目覚めた。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-31 (月) 18:56:14 (657d)